デモクラティックスクールとゲストハウスを足したようなおうち「デモクラティックホーム」を大阪でつくる!

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

デモクラティックスクールとゲストハウスを足したような おうち、「デモクラティックホーム」を、大阪でつくる! と、

2019年3月20日に、facebookでつぶやきました

以下、2019年3月20日の facebookのつぶやきより

デモクラティックホームをつくる!

57歳になれるお誕生日を6日後に控えたよっぴー、欲しいものがあります!

デモクラティックスクールとゲストハウスを足したような おうち、「デモクラティックホーム」を、大阪でつくりたいとおもっています!

 

その物件をください!
or
物件情報をください!
or
お金をください!
or
アイデアをください!
or
人をください!
or
エールをください!
or………

 

ちょくちょくね、
「よっぴーさんとまりんさんはデモクラティックスクール(サドベリースクール)をつくらないんですか?」と聞かれることがあります。

おへんじは、「(いまは)その気はありません」なんだけども、

もしものもしも、つくるとしたら、それは「デモクラティックスクール」を超えた <なにか> だろうなぁと、漠然とはわかっていた。

 

なにか?

 

なんだろう?

まあ、ある日、(ヒラメキみたいなもん)降ってくるやろう、てな感じで過ごしてた。

 

 

デモクラティックスクールで勤めていた頃、

デモクラティックスクールに通っていても、家庭が「デモクラティック」じゃないと、純真な自分花は咲かないんだ… ってことを痛感した。

そのことは、メンバーとして、同じデモクラティックスクールにいたまりんさんも、観てとってた… 。

 

そんなこんなで、「 デモクラティックフィールドのらねこ 」を彼女はつくった。

でも、時代は早すぎた。。。

松本人志さんや、原田真二さん、、、そういった、時代がついていけてなかった人たちと並べちゃあ おこがましいのかもしれないけど、いっしょだとおもう。

多様な学びを、、、なんて言うけど、学びは多様だし、

オルタナティブな教育なんじゃなくて、教育のオルタナティブだし。

 

まずは、親自身が過去から自由になんないと、自分を、そしてこどもを、抑圧させっぱなしになる。

親自身が、「わたしはわたしでいいんだ」としんそこから そう思える 愛あふれる時空を経験しないと、自分を受容するということから「数字」は消せない。ジャッジは消えない。

 

それらが、デモクラティックスクールじゃ むりなんだったら、HOMEにしちゃえ!

 

よっぴーまりんが繰り広げている「 オールナイト座談会 」。
あんな夜が、
朝が、
日中が、
ずっと、ずっと、つづくの。

 

よっぴーとまりんもその「おうち」に住んでて、

わたしたちは いつものように毎朝ミーティングをしてて、、、

で、ほかの家族何組かが、1週間とか、1ヶ月とか、、、いっしょに暮らすの。

行きたいとき、居たいだけ、暮らすの。

 

 

あーーーーーん、言いたいこと、どんどこ出てきて止まんない!

つづきは、パート2にする!
ひとまずなのだ。

トップ写真は、物件物色中のよっぴーまりん。