最高の不登校の見つけ方

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

「学校に行かない」を選んだ息子から、

「なにもあきらめなくていいんだ。やりたいことはできるんだ」ということを教えてもらえました。



下校後天国 < 一日中パラダイス

幼稚園のころから、友だちと遊ぶことが3度の飯より好きだった息子は、小学生になっても毎日、陽が暮れるまで友だちと遊んでいる人でした。

遊びは主に野球がメイン。塾だなんだのご時世にもかかわらず、毎日毎日10人以上が集まります。

 

そんな下校後天国(土・日や夏休みなどは一日中)の日々を過ごしていた息子だったので、

学校に行かなくなることで、

「学校に行かなくなると、友だちと遊べなくなっちゃうよなあ。それ、めちゃ問題だよなあ」と、わたしはそうおもったのでした。

 

が、学校に行かなくなったあとも、この下校後天国はつづきました

 

友だちが学校に行ってるあいだは、ひとりで楽しめることをしています。

古本屋(まんがを読むため)に行ったり、図書館(まんが以外の本を読みたいときや、DVDを観たいときなど)で過ごしたり。

家だったらゲームや、自分のホームページを作りだしてみたり。

 

で、そうこうして友だちが学校から帰ってくると、外遊びです。

 

住んでるマンションのすぐ横に、遊び程度の野球ならOKの広場があるんですね。

子どもたちの大きな声は我が家にまで届き、息子の弾む声も聞こえてきます。

 

陽が暮れるまで遊んで、

帰ってきてお風呂に入って、

家族のおしゃべりが交わされるなか、みんなでごはんを食べて、

そのあとも好きなことをして、

眠たくなったら寝て… って、

 

いや、ちょとそれ、ちょーーーパラダイスじゃないですか!

ハッピーじゃないですか!

 

傷つく怖さに飛び込む

最高の不登校生活をしている息子に、学校には行かないで、みんなとは遊ぶことについて訊いてみました。

「友だちらからなんも言われへんかったん?」

「ああ、言われたよ」

「なんて?」

「おれもイヤやのに、おまえだけズルい! って」

「ほんでなんて返したん?」

 

「たぶんそう言われるやろなっておもってたから、ああやっぱり来たか、っておもったよ。なんも言われへんほうがやりにくいしな。で、『そうかあ』って言うた。

でもそこぶつかってみて、おもったわ。

いやあ、あんなんて、1回言われるだけや。よう言われても2回までやで。それも時間にしたら10秒くらいやで。

その10秒を怖がったままやったら遊べてなかったかもしれんな

おれは遊びたかってん

しやから、学校に行けへんかったら友だちと遊ばれへんようになるんかどうか、確かめてもみやんと、あきらめられへんかっただけや」

 

 

十数年も前のことですが、傷つく怖さに飛び込んでいった息子に、鳥肌がたったのを今でも鮮明に覚えています。

 

不登校はズルい?

息子が学校に行かなくなった理由は、担任の先生が嫌いだったから。

その先生は、同じクラスの子たちだけではなく、他のクラスの子たちからも嫌われている先生でした。

 

「ズルい!」と言った子どもたちは、がんばっているんですよね。だって学校に行きたくて行っているなら、「ズルい」の発想は生まれてこないから。

そこにあるのは、「おれはがんばってるのに」

「おれも(わたしも)学校に行くのイヤだけど、ガマンしてがんばってる」の感情だとおもうのです。

だから、お前だけズルい。

 

子どもたちの口から「ズルい」なんて言葉がでる教育は、教育ではないです。

 

まとめ

公の学校に行ってる子も、

オルタナティブの学校に行ってる子も、

フリースクールに行ってる子も、

家にいてる子も、

みんながパラダイスな一日をおくっていて、「ズルい」なんて言う子がいなくなるの。

 

それを実現させられるのは、わたしたちおとなです。

その日がくるまでわたしがすること、

その日がきてもわたしがしつづけること、

遊びつづけること。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

6 件のコメント

  • はじめまして。3人の子ども母です。
    3年前、次男が小2の時に学校に行かない選択をしました。最初は私も学校に戻れるようにと頑張っていましたが、最近やっと学校行かなくてもいいと思えるようになりました。
    学校もその気持ちを分かっていただけていたと思っていました。
    が、三男(現在小2)が2週間前から学校に行かないと言い出し、長男(次男と双子)も2日ほど「休みたい」というので休ませました。
    そうしたら、先生方は大問題だ!というように心配されて……。
    次男は分かるけど、他の兄弟はまずいみたいな。「次男くんにつられちゃいますよね」って。
    悲しかったです。
    なので、これを読んだ時に、とても安心でき共感し、嬉しかったです。

    学校に行かないという選択をしている方々(本人や親御さん)と話がしたいと今、すごく思っていて、それが実現できたらなという思いでコメントしました。

    長ーいコメント、すみませんm(__)m

    • ここさま

      コメントありがとうございました。
      ほんとうにありがとう!!!ございます。
      記事に出逢ってくださったこと、読んでくださったこと、それだけでうれしいのに、こうしてコメントまでくださって。これからも書いていこう!という想いを支えてもらえます。

      子どもたち、よかったね。
      きっと次男さんは真にやさしい人なんでしょうね。
      ここさんをここさんに戻し、ここさんが学校に行かなくてもいいと思えるようにしてから、長男さんと三男さんをも護ったのですものね。
      学校の先生が言われる言葉を、右から左に流せられるようになる環境を作ることが、パラダイス人生(笑)につながるとおもうんですね。だから、子どもたちとたくさんおしゃべりしたり、お出かけしたり。
      学校行かないバンザイ!的な本を読んで、手元にいつも置いといて、先生に会わなきゃいけないときなんかはそのすぐ直前でその本を開いて、「ここ、がんばれ」って自分におまじないかけちゃうとかね♪
      このサイトでよければ24時間開いてますから(笑)いつでも覗きにきてね。このお返事のコメント以降は、「無料相談・お問い合わせ」から入ってきていただければ個人的なこともお話しできるかと^^ うん、おしゃべりしよう♪

  • はじめまして♪

    現在小学5年生の娘と小学一年生なの息子を持つ母です。
    うちも娘が5年生でもう勝手には行かない選択をしました。同時に息子も行かなくなりました(笑)
    あきこさんのお子さんと同じ年齢から不登校でなんか嬉しくなってしまいメッセージしました(*^o^*)
    うちはまだなりたてですが(笑)
    娘は、きのくに子どもの村学園がとても気に入り転校する事になり、息子は近くのデモクラティックスクールに行く予定です。
    昨日、明るい不登校児の娘が「明るい不登校児の日常ってブログでも書いたら不登校児の子たちが元気になれるんじゃない?」って話してたところ、すでにそんなブログあった!(笑)
    不登校になって良かったこと、も私も似たような事感じてました♪
    これからどんどん公立学校以外の選択肢が広がっていきますね!

    子どもの将来を心配はしていませんが、実際に働くまでの姿を見せていただいてなんだかより心強くなりました。
    ありがとうございます(*^o^*)

    • 守屋文香さま

      はじめまして。コメントありがとうございます!
      ほんとだ、学校に行かなくなった子どもたちの年齢、いっしょですね^^

      >うちはまだなりたてですが(笑)
      わあ〜。ということは、これからもどんどん素敵なこと、大切なこと、お子さんたちから教えてもらえますね♪ いいないいなあ(笑)
      是非、その学びを、わたしにも教えてください。
      近くのデモクラティックスクールってどこのかな? まっくろ? だとしたら、お会いすることもあるだろうから、そのときはよろしくです^^

      >これからどんどん公立学校以外の選択肢が広がっていきますね!
      ほんとに!!
      たのしみ!!

      これからもじゃんじゃん発信していくので(おとなになった子どもたちの今とかね)またよかったら覗きにきてくださったら、めーーーちゃうれしいです♪
      出逢ってくださって、つながってくださって、本当に有り難うございます。

  • こんにちは。
    一児の母です。

    このブログを見つけ、嬉しくなってメールしました。

    わたしが住む広島県、それも田舎、には一般的な学校以外の選択肢がなかなかなくて、
    なら自分たちで創るか、なんて思ったり。

    このブログから、これから元気や気づきがたくさんもらえそう!
    貴重な体験談のシェアありがとう、
    応援してます!

    • 母の直感は大事。さま

      コメントありがとうございます!
      いただいたコメント、もうね、お名前からしてワクワクしてきますー
      ほんとうにそうですよね。母の直感は大事!! 直感は裏切らないですものね。

      創って! 創って!!
      きょうは何を着ようかな? みたいに、きょうはどのがっこうに行こうかな。そんなふうに学校も選べたらすてきだもん。
      自分の「好き」を見失ってほしくないですよね。
      わたしも応援しています!!

      >このブログから、これから元気や気づきがたくさんもらえそう!
      >貴重な体験談のシェアありがとう
      うれしいです! 支えられます!
      こちらこそありがとうございます。
      お返事おそくなってごめんなさい。