【不登校から大学進学】小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ行きました




ammこんにちは、

AI-am(アイアム)
星山 海琳です。

 

小・中・高校へ通わなかったわたしは、高卒認定試験を経て18歳で志望大学に現役入学しました。



小学校一年生から学校へ行くことをやめました

楽しみにしていた小学校に入学してすぐ、さまざまなことに違和感や疑問を抱きました。

一つひとつはささいなことでしたが(学校側から生徒に配られた文房具が、男の子は青で女の子はピンクと決められていたとか)、でもあとから思えば、それらは社会の問題とも直結していたように思います。

学校での勉強が特別に楽しかったわけでもなく、学校へのわくわくした気持ちや興味は薄れていき、「行きたい」と思わなくなるのはとても自然なことでした。

 

学校に行かないことは、表面的にみれば「不登校」と称されるわけですが、あくまでもひとつの選択として、行かないことを選びました。

その気持ちを尊重してくれる親に恵まれていたので、自分が心から好きだと感じた学校である「デモクラティック・スクール(サドベリースクール)」にも出会い、デモクラティック・スクールで6歳から5年ほどを過ごしました。

それからデモクラティックスクールを卒業して、「デモクラティック・フィールドのらねこ」というコミュニティを立ちあげたのは2008年、12歳のときのことでした。

★デモクラティックスクール(サドベリースクール)についてはこちらの記事もご参照ください

【最新】日本のサドベリースクール・デモクラティックスクール一覧

 

大学へ行こうと思い立った17歳の夏

好きなことをして、アルバイトもして、自分の時間を自分のものとして、過ごしていました。

そして17歳の夏、大学へ行こうと思い立ちました。思い立ったきっかけとか前ぶれとか、そういうものはありません。

 

小学校一年生から学校へ行かず、中学も、もちろん高校も行かなかったわたしがいまから勉強をはじめて、来年の春から大学に通う。

大学で学ぶということへの興味とともに、その想像はわたしをとても楽しくさせて、どんどん気持ちが湧いてきて、とにかく、ものすごくおもしろい!と感じたんです。

中卒でも高卒認定試験を使って大学、専門学校へ行けます

高卒認定試験(旧大検)は、文部科学省が実施している試験です。これに合格すると高校を卒業した者と同等程度の学力があるとみなされ、大学や専門学校の受験資格が得られます。

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかど うかを認定するための試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、 就職、資格試験等に活用することができます。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/

 

これ、とても使える資格です

現在の学校教育が合わないひとたち、なんらかの理由で学校へ通えない・通いたくないひとたちがこれを大いに利用できたらいいし、これからはもっと使い道が増えると思っています!

あくまで大学へ行きたいとか、就職などで国家資格を取得したい場合の話ではありますが、はじめから高認を利用するつもりで考えてみれば、選択の幅はもっと広がります。

☆ 関連記事

不登校から大学へ行く4つの方法を、小中高に通わず大学に行ったわたしがまとめました。

【不登校からの大学】高卒と高認の比較

 

現役で大学へ行くために高認試験全8科目に一発合格

高認資格を得るにはすべての科目に合格しないといけませんが、一度の試験で全科目に合格するのはもちろん、数回に分けてすべての科目に合格しても、資格を取得できます。

わたしの場合は思い立ったのが試験間際だったので、(18歳で大学へいくためには)冬の試験一度で全8科目に合格する必要がありました。

 

勉強はまず小学校一年生の教科書からはじめなきゃいけない、17歳の夏。

試験は11月、約2ヶ月半のはじめての科目勉強と大学試験について、以下の記事でも書いています。

中高で習う数学は12時間でマスターした! 小中高には行かないで大学に行った娘の話(数学篇)

2016年2月17日

6年分の算数を3日でクリア!小中高には行かないで大学に行った娘の話(算数篇)

2016年2月16日

12年間の勉強が2ヵ月半!小中高には行かずに大学へ行った娘の話(高認篇)

2016年2月15日

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点