不登校は「甘やかす」なのか? 「甘えさせる」なのか?「甘やかす」と「甘えさせる」のちがい




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

不登校は「甘やかす」なのか? 「甘えさせる」なのか?

そもそも「甘やかす」と「甘えさせる」のちがいってなんだ?



「甘やかしたらダメだ!」

2016年2月2日の記事 を書いていておもったんです。学校に「行けなく*」なった子どもに、子どもの親に、先生が言う「甘やかしたらダメだ!」。この「甘やかす」ってなんだろう? と。

 

*「行けなく」…… よくある流れとして、学校に「行かない」を選択した子どもたちの多くも、はじめは学校に「行けない」と捉えることが多い

 

この「行けない」精神感覚の時期に、担任の先生が、「学校に戻そうタイプ」の人だと、先生が言われる言葉に何度も殺されてしまいます。

「『不安』の押し売り屋か!?」 と、ツッコミたくなるぐらい。悪意のない善意ほど罪なものはない、ということを学べる時でもあります。

 

で、「学校に戻そうタイプ」の先生が言われる言葉のベスト3に入るのでは? とおもう、この「甘やかしたらダメだ」。

 

子どもが「行けない」精神感覚の時期に、「無理してまで行かなくてもいいよ。いまは少し休みなさい」といったやさしさを掛けると、ホントに学校に戻れなくなるから?

今ここで甘やかしたことで、学校に戻れなくなった子どもをたくさん見てきたから?

だから、「甘やかしたらダメだ!」なんでしょうか?

不登校は「甘やかす」なのか? 「甘えさせる」なのか?

このタイプの先生は、「不登校はよくないこと」として捉えているわけですよね?

だとすると、「甘やかしたらダメだ! 」と発言するこの先生こそが、子どもを甘やかしていることになりますよね。相手の気持ちに関係なく、自分の理想に沿うよう、積極的に手を出しているのだから。

 

「「甘やかす」 と 「甘えさせる」 のちがい」でググると、約14,800件がヒットしました。予想外の数に驚きつつも、数ページ見ていきました。

 

しっくりこないんです。「甘やかす」 と 「甘えさせる」のちがいが。

 

「そうかなあ? それって「甘やかす」かなあ? 「甘えさせる」じゃない?」と。

学校に行かないことをいけないとおもっているのか、ノープロブレムとおもっているのか。そのちがいなのでしょうか?

 

まとめ

もしも、「行けない」精神感覚で苦しんでいる人がこの記事を読む機会があったら知ってほしいとおもったんです。

学校に行かないことはノープロブレムだよ、とおもえている人たちがいることを。「甘やかしたらダメだ!」と言われても殺されるなと。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

2 件のコメント

  • 学校に行かないことを認めることが、甘やかすことだという意見の根底には、学校サボって家でゲームしたりして、楽してる、という考えが、あると思います。
    そう思う人は休んでみたらいいですよ。仕事とか。
    家で一人いる時に沸き上がるいろんな思いを味わってみたらいいと思います。辛いですよ、苦しいですよ。孤独ですよ。
    私は三人のうち二人が不登校経験ですが、一人で自分の生き方貫く我が子はなんて強い意思を持っているんだろう、と思っていました。

    • 田中 美佳さま

      コメントありがとうございました。
      同感です。
      学校に行くことで、自分を壊されていくことに危険を感じ、背負わなければならないリスクはあっても、主体性をもって自身を生きようとした、勇気あるすばらしい子どもたちです。自分を苦しめる自分の心にさよならして、自分が自分でありたいとするこの選択は、度胸こそあれ、決して怠けや甘えやわがままでできることではない、とわたしも強くおもっています。