「完全不登校」って、誰が決めた?

 

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

「不登校」という言葉が一般的になってくると、最近は「完全不登校」という言葉もちらほら耳にするようになりました。

でもこれを言っているのはたいてい親御さんがたで、子どもが使っているところは、わたしはいまだに見かけたことがありません。

不登校という意識はなかった

わたしは、小学校に入学してからまもなく学校へ行かなくなり、結果的には小・中・高と通わなかったわけですが、自分が完全不登校だったという気も、そもそも不登校だったという気もしません

小学校を嫌っていたわけでも、憎んでいたわけでもなかったし、ただ好みじゃなかったから行かなかったというだけで、負の感情とか、敵意はなかった。

「二度と行くか」みたいに思ったことも、ない。

 

子どもは「不登校をしたい」わけじゃない

「完全不登校」というと、つまり学校へ行ったり行かなかったりではなく、まったく行かない(と決める)ことを指します。

それにどんな意味があるのだろうと、思う。

「学校に行きたくない」子どもがたくさんいるなかで、「不登校をしたい」という子どもはいるでしょうか。

多くの子どもは、不登校をしたいわけじゃありません。
脈絡もなしに「不登校願望」みたいなものが生まれるわけでもなくて、そもそも、ただ行きたくないだけ。

一ヶ月、一年、ましてや六年間や三年間のあいだずっと行きたくないかってそんなことはわからない

 

学校に行かないと「決める」必要はない

べつに、学校に行かない、と「決める」必要はありません(もちろん、自分のことなら決めたっていいけど)。

今後またそれ以外を選ぶことだって、ちっともかまわない。

でも、親が自分のことを「完全不登校」と分類していたら、学校へふと行きたくなったとき「登校」することに、よけいな勇気が必要になりませんか。
あるいは、まるで学校へ行っちゃいけないみたいな、ブレッシャー

子どもの心がわりを想定するべきというのではなく、なんであれ、今より先の日の状態までひっくるめて親から自分(子ども)について断定されるのは息苦しいし、変だな、というはなしです。

感情に名前をつけて分類したがることと、いずれかに振り切ってほしがるのは、大人のクセのように思う。

 

未来をたしかめる必要はない

学校へ行きたくない子どもは、不登校になりたいんじゃなく、学校へ行きたくないだけ。
逆の場合だって、そうです(あ、でも、皆勤賞を獲りたいひとはいるかもしれない)。

この先もずっとそうかなんて、たしかめる必要はありません。

なにかにひとすじであることばかりが(なぜか)美しくみえるけど、うつろうこともその例外じゃない。
絶対にそう、と、わたしは思う。