デビットボウイと『Warszawa(邦題:ワルシャワの幻想)』とポーランドの人々の誇り

pola

amam

こんにちは、AI-am(アイアム)です。

冬がはじまりかけた大阪から、ポーランドに来ましたー。

今回は、中欧から東欧ロシアをブラブラする予定で、帰国は12月16日を予定しています。

自由はだれもの手のなかにある

ワルシャワに来たよ〜って、facebookに投稿した記事 ↓↓
スクリーンショット 2018-11-29 16.09.35
スクリーンショット 2018-11-29 15.41.13

に、

ワルシャワ!と聞いてデビットボウイが聴きたくなり(^^♪ ” ってくれたコメントがあって。。。

すぐさまデビットボウイの『Low』を聞きながら、『Warszawa(邦題:ワルシャワの幻想)』をググってみると、あるサイトに以下のことが書かれてあった。

鉄のカーテンの共産主義側を旅した時の記憶を思い出した。ポーランドの雑誌『ティルコ・ロックTylko Rock』のインタビューに答えて、ボウイはこう回想している。

「『ワルシャワの幻想』では、自由を渇望する人たちの気持ちを表現したかった。自由の匂いはする…でも彼らはそれに手が届かないんだ。」

出典:culture.pl

 

デビットボウイが鉄のカーテンの共産主義側を旅した時、というのは1976年のようだけど、

半世紀が過ぎ、2018年の今日やってきたワルシャワには、誰もの手のひらのなかにある、って感じた地だった。

 

ポーランドという国

地理的に大国に囲まれていたポーランドは、歴史上、何度も大国の支配下に置かれた。

地図の上から「ポーランド」という国そのものが消されてしまったこともある。

やっとのことで第一次世界大戦が終結して、のちに独立が承認されたポーランド。

けれどそのポーランドは、第二次世界大戦でさらに壊滅的な状況に追いやられることとなった。

 

ナチス・ドイツがワルシャワに侵攻し、何十万人ものいのちを殺し、ワルシャワの街を火災放射器で片っ端から焼き払い、灰燼に帰した。

街は壊滅した。

けれども、何度も国の存亡の危機を経験し、昔からの建物を破壊し尽くされても、諦めなかったポーランドの人々。

崩れたがれきを使って、戦前の建物にあった「壁のひびの1本まで忠実に」を、完全に復元したという。

 

誇り

クロアチアなどもそうだったけれど、中世の面影を残す街並みは、たまたまなんかじゃないんだよね。

かろうじて残った爆撃前の瓦や石材を使用していく。壁の彫刻も寸分たがわず修復されている。

そうやって、街並みは大震災、火事、侵略などで破壊されるたび、粘り強く建て直された。

欧州にみるこれらの街の美しさは、自由、そして珠玉の街並みを守り抜く彼らのイナット(誇り)なのかな。

 

乾杯!

ポーランドの各都市が第二次世界大戦で破壊的な打撃を受けたなか、ドイツ軍の司令部が置かれていたクラクフだけは戦災を免れた。

そのクラクフに来たーーー(アウシュヴィッツへ行く際の最寄りの町でもある)

 

家を出て、52時間かかったぜ
(格安飛行機を乗り継ぎ、そのうえ格安バスと乗り継ぐから。← この間も「旅」なのだ!!
東京⇆ポーランドを結ぶ直航便はあるので、そういうのを利用したら52時間もかからないけどね)

よっぴー、まりん、よくやった〜!

おつかれさまーーーーー!

シャワーの前に、まずはカンパーイ!

 

今回は、中欧から東欧ロシアをブラブラする予定。

つーことで、
12月1日「ハロー! こどもにおはようを言う前に」第1回目は、中欧のどっかの街から生配信しますー。

1日のはじまりにきくと、
そして、月のはじまりにきくと、とってもステキな気持ちになるお話をしていきますので、見てね(録画でも見られます)

詳細、お申込みはこちら ↓↓↓

< 12月1日から!> 毎月1日「ハロー!こどもにおはようを言う前に」の生配信がはじまるよ

2018.11.01

 

※ ネット環境が不安定のためメール等のお返事がおくれるときがあります。
ご迷惑をおかけしますことご了承くださいますようよろしくお願いします。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です