AI-am

  

親のなすべきことは自分の理想に子どもを当てはめることではなく、あるがままの子どもをただ受け止めること【5月27日 京都】「小さな天才の育て方・育ち方」よっぴー&まりんちゃんトークライブレポート

   

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

【保存版】子どもが学校に行きたくないと言ったとき親がすべき1つのことと12のNG

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?親の役割は何か?

小学1年から学校に行かない行きたくないとき先生に何て言えばいい?

「学校に行かなくちゃいけない理由」の答え

 


 

amamこんにちは、AI-amです。

5月27日(土)、京都府亀岡市で開催された「小さな天才の育て方・育ち方」よっぴー&まりんちゃんトークライブのレポートです。

IMG_2835

「小さな天才の育て方・育ち方」

5月27日(土)、京都府亀岡市にある自主運営のようちえんと学校「 根っこの学校 そとっこ・そらまめ 」で行われた、「小さな天才 の育て方・育ち方」よっぴー&まりんちゃんトークライブはあたたかさに包まれた時のなか閉幕しました。

主催者の根っこの学校 そとっこ・そらまめ代表 石田千穂 さん、ありがとうございました。

根っこの学校 そとっこ・そらまめスタッフのみなさん、メンバーのみなさん、ありがとうございました。

亀岡にある カフェ・sajiさん、お弁当 をありがとうございました。

お越しくださったご参加のみなさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク

ad1

そとっこ・そらまめの活動舎

そとっこ・そらまめの活動舎は、江戸時代に建てられた醤油蔵のお屋敷で、約100年前に今の場所に移築された歴史あるお家なんだそうです。

なんかすごいよね。インターネットもスマホも、トラックや電動ドリルだってない時代に生きてた、ちょんまげ頭のおっちゃんたちがつくられた建物が、脈々と息づいているなんて。

人間がもつ四苦八苦をどれほど観てきたんだろう。なにも言わず、ただ黙って。

どれだけの快楽(けらく)に添うてきたんだろう……。 昨夏9月3日の宮崎県講演のときの会場・野の花館 を思い出しました。

江戸時代に建てられた家が今も脈々と息づいている そとっこ・そらまめの活動舎にいて、それは常しえの子育てでもあるんだなぁとおもってみたり。

 

なにも言わず、ただ黙って、添うていくだけ

の四苦と、 愛別離苦(愛する者と別離すること)・怨憎会苦(怨み憎んでいる者に会うこと)・ 求不得苦(求める物が得られないこと)・五蘊盛苦(五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと)の四つの苦を合わせて四苦八苦というけれど、苦とは、「苦しみ」のことではなく、「思うようにならない」ことを意味する そうです。

 

育児書を読んだことのなかった、これはわたしの肌感覚ですが、育児は本能でするもの だとおもっています。育児書っていうのは読めば読むほど、育児を頭で考えちゃうようになりませんか?

それで、こんなふうに育てたい……とか、こんなふうに育てなきゃ……と本能をフタする知識がくっついて、思うようにならないことで苦しみ、不安になる。

スポンサーリンク

ad1

この日も「どうしたら信じられるようになりますか?」というご質問をいただきました。

おもうんです。それは信じられるようになるために知識を取り入れるのではなく、こびりついた要らないものをそぎ落としていけば、自分のなかに在るもの ではないんでしょうか。

 

赤ちゃんは産道を通って生まれてきます。しかしながら産道は狭く、曲がりくねってる。だから顎をひいて、頭をすぼめて、肩も交わさないといけない。

でも、知ってるんですよね、赤ちゃんは。顎のひきかたも、頭のすぼめかたも、肩の交わしかたも、だれに教わることもなく。これって 人間の自然の能力 です。

信じる心とか、諦めない心とかいうものは、人間の根本に備わっています

 

とまあ、こんな話や、あんな話をさせていただきました。

 

泣いて、笑って、つながって

建物がそうさせたのかな。急きょ、まあるく輪になって座ってもらって、一人ひとり自己紹介してもらって、悩んでいることや、聞いてみたいことを、みんなに話す(放す)スタイルで行いました。

IMG_2851

 

泣いて、笑って、つながれて。

トークライブのあとは、亀岡にあるカフェ・sajiさんのお弁当をいただきながら、ざっくばらんな昼食会&交流会でした。

IMG_2834

 

 

トークライブをひらいてくださり、ほんとうにありがとうございました。

みなさん、AIをありがとうございました。

こころよりお礼を申し上げます。

 

 

以下は、主催者の根っこの学校 そとっこ・そらまめ代表 石田千穂さんが書いてくださった投稿記事です。↓↓

スクリーンショット(2017-05-30 23.44.01)スクリーンショット(2017-05-30 23.44.22)スクリーンショット(2017-05-30 23.44.48)スクリーンショット(2017-05-30 23.45.08)スクリーンショット(2017-05-30 23.45.28)スクリーンショット(2017-05-30 23.45.44)スクリーンショット(2017-05-30 23.46.07)

スポンサーリンク

ad1


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール
1705
最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》終了しました
4月30日(日) 山口県長門市《子どもを100%信じる子育て法』トークライブ》 終了しました
5月13日(土) 東京都目黒区《岩切弥生 × 吉田晃子トークライブ「流動と不変(生まれてきてくれてありがとう)」》 終了しました
5月27日(土) 京都府亀岡市《「小さな天才の育て方・育ち方」よっぴー&まりんちゃんトークライウ゛終了しました
・7月8日(土) 福岡県福岡市「小さな天才の育ち方育て方トークライブ」
・7月9日(日)熊本県
・7月10日(月)宮崎県
・8月27日(日)大阪府
・9月9日(土)北海道岩見沢市
・9月10日(日)北海道札幌市
・10月8日(日)栃木県

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

【保存版】子どもが学校に行きたくないと言ったとき親がすべき1つのことと12のNG

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?親の役割は何か?

小学1年から学校に行かない行きたくないとき先生に何て言えばいい?

「学校に行かなくちゃいけない理由」の答え

 - 2017, 講演等