親が「待つ」をしないと子どもは何も学べない

kitten-488667_640

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

いわゆる「子育て」時代、その日あった事柄や出来事を通して、子どもから学んだことをノートに綴っていました。ノートの表紙に「今日はなにを学んだ?」と書いて。今日の記事はその中からの子育てと愛について綴っていた一編をまとめたものです。

 

「愛」を他人におくった人だけが、「あ、愛って、これなのか」とわかる

どうして(自分が)親になると、(自分の)親のありがたみがわかるのか、ということを考えていた時期がありました。

これは、そんなの当然やん、ということではないとおもうのです。

 

親にならないと親のありがたさがわからない、ということは……。

 

ほんとうに欲しいものは誰かから与えてもらうことでしか手に入らないじゃないですか。自力では手に入らない

そうしてそれが ほんとうに自分が欲しいものだったということも、相手に与えないとわからない

 

それによって、「愛」を他者におくれた(送る・贈る)ときだけ、「あ、愛って、これなのか」とわかるのですか。

 

親の仕事の目的

愛というものをわたしは説明できないけれど、愛は定義づけるものではなく 経験するもの じゃないのかな、とはおもっています。

ゆえに、親子というのもまた、出来上がっている関係ではなく、作りあげていくものだと。

なかったところに「有」を生み、育て、そうして子どもが「親を必要としなくなる」ことをめざして、自分の存在理由を消去するために全力を尽くす。

 

課題の明確化

家庭は生活の一番の場所です。しかしながら安心できるはずの家庭でいらいらしている。

親子兄弟のDE・AIが持てないでいる。

 

自分が子どもだったら、そのとき、親にどうしてもらいたいのか……。

それはだれの課題なのか……。

 

課題は、思い通りにならない現実に立った生活そのものです。

課題を明確化することで、子どもの教えが聞こえてきます。真実の願いがみえてきます。

 

他の人に愛をおくるということ

海琳さんが年長(幼稚園)だった ちょうど今頃の季節の話なのですが……。

その日、買い物を終え、大阪地下鉄の電車に乗り込みました。乗るのは一駅。乗車時間は 1、2分です。

 

空いていた席に着くと、リュックと、買ったばかりのおもちゃが入った紙袋を足もとに置き、「暑いなあ〜」と言って、海琳さんは着ていた上着(ダウン)を脱ぎだしました。

脱いだダウンは膝のうえに乗せ、中に着ていたシャツも脱ごうと、ボタンをはずしはじめた。

 

ボタンと格闘(笑)していると、ダウンが落ちて通路のまんなかまで滑っていったんですね。で、それを拾おうとしたら今度は紙袋が倒れて……。

まあちょっとした よくある場面ですよね。

 

倒れた紙袋は座席とふくらはぎの間に入れ、ダウンは膝で挟んで、ボタンはずしの再開をしだします。

 

横で、海琳さんの知恵紙袋をふくらはぎの間に入れ、ダウンは膝で挟んだこと に「へぇ〜」と感心していると、降車駅に着いたとアナウンスが流れました。

 

やりたくないことは やらない。やりたいことを やる

このときわたしがしたくなかったことは、子どもはわたしが居ることで安心をしていた。その安心を掻き壊すような言動はしたくはない、ということでした。

なので このときわたしがしたことは、「 降り損なってもいいから、手出し、口出しせず、最後までだまっていよう 」という決心でした。

ただそのときに集中して、愛を送り、結果については心配しない、ということでした。

 

知恵はさき、知識はあと

条件もつけず、期待もしないで居れると、他者を変えようという意欲や目標を持たずにすむから、心の平和をかんじられるようになります。

ほんとうに自分が欲しいものだったということも、相手に与えないとわからないまさにですね!

 

数日後、上記の電車に乗って お出かけすることがあったんですね。

家を出る前に海琳さんが尋ねます。「この前の電車?」

「うん、そう」とこたえると、彼女は伸びてよれよれになっている半袖のTシャツを選んで着用してました。

 

ここでもまたわたしは教えてもらえたんです。知識や分別は、経験と共に身に付いていく、ということを。

 

親が「待つ」をしないと親も子どもも何も学べない

子育てというのは子育ちのそばに寄り添って、人に何かものをあげたときには ーお福分けー 与えたことの喜びを味わって、充実感を深めることが大切なんだとおもうのです。

 

自分を愛せる量だけしか、他の人からも愛されません

 

あなたとわたしが、愛と優しさをもって出会える場所でありたい

泣いたり笑ったり怒ったりしている現実の世界に生きるために。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です