少しの信念しかなかったら少ししか愛せない。Vol.3怖れを手放して「愛する」をはじめよう –本当の反省– 勉強会レポート

amam

こんにちは、AI-am(アイアム)です。

1月23日(水)、東京開催の

オヤトコ発信所と勉強会、

Vol.3 怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 – のレポートです。

 

Vol.1 「話し合ったつもりになってない? – 子どもが約束を守れない理由はここにある -」のレポートは↓↓↓

Vol.2 子どもとヨコの関係になろう! – 「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」 – のレポートは↓↓↓

サドベリー・デモクラティックスクールの優れたスタッフを思い浮かべながら作った「ヨコの関係10ヵ条」と対等の重しVol.2子どもとヨコの関係になろう! –「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」– 勉強会レポート

2019.01.29

 

いまいちど腰をおろして、「じっくり腰をおろして考える」を考える

初披露(笑)となった「怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 –」の勉強会(以下、「愛する」の勉強会)。

愛だのなんだのを、みんなで勉強しよう! だなんてね、戸惑いもありましたが、

こどもと対等な関係になりたい! 対等でありたい! と望むのであれば、

(ほかにも、自己肯定感の高いこどもに育てたい、とか、多様性を受け入れたい、とか、イライラしたくない、とか、いつだってハッピーでいたい、とか、しあわせでありたい、とかとか望むのであれば)

「愛する」ということを、いまいちど腰をおろしてじっくり考えないと、いつまでたっても、こどもとヨコの関係にはなれない、ってーことで、

(「愛する」ができると、自己肯定の高いこどもに育つよ。多様性を受け入れられるよ。イライラとは無縁だし、骨の髄までゴキゲンでいられるから、いつだってハッピーで、どんなときだってしあわせをかんじていられるよ。これほんとだよ)

わずかな時間ではありますが、いまいちど腰をおろして、「じっくり腰をおろして考える」を考えあいましたー。

楽しく愉快に、真剣に♬

怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 – の勉強会風景 in東京

 

「愛する」には知ること(知らないから)

「ヨコの関係」の勉強会のレポートで >>> https://ai-am.net/181220-190123ev-report

「子どもとヨコの関係でいるための重しをつくる」という見出し内でこんなこと↓↓を書いている箇所があるんですね。

簡素化していくには、削ぎ落とさないといけないんですよね。

削ぎ落とすには、何を削ぎ落とすか知らなければいけないんですよね。

 

何を削ぎ落とすのか。それは「愛する」以外のものです。

 

 ところが困ったことに、わたしたち多くは「愛する」を知りません。

こどもと「ヨコの関係」になることは、相手を愛すること。けれども不思議でしょ? みんな子どもを愛しているはずなのに、ヨコにはなっていないの。

 

なぜ?

 

知らないから。

 

知らないとはどういうことか?

「話し合い」をしていくために、もっとも重要なものが何なのかを知らないでいるのと同じで(「話し合い」の勉強会に参加された方たちはわかるアレね、あれ)

わたしたちは、「愛する」も自然とできると思ってた。でもちがうんだよね。「愛する」を知らないで(正確には押しつぶされて)育った。。。

 

だったら、知ればいいじゃないかあ〜

「話し合い」や「ヨコになる」といっしょで、「愛する」もまた技術です。

 

恋に落ちるのではなく、愛に踏み込む覚悟を。

先の 子どもとヨコの関係でいるための重しをつくる 」という見出し内で、話はこう↓↓↓つづくんですね。

削ぎ落としていくことは核心を見抜き、真髄をあらわにしてくれます。

で、あらわになったそれが、(よほどの信念がないとタテ関係にすぐに戻っちゃう軸を)ヨコでありつづけることを支える重しとなります。

 

↑に、よほどの信念がないと、とありますが、

「愛する」とは信念の行為だから、信念の「量」(? 表現おかしいけど)と、愛するの「量」は比例します。

つまり、ちょっとの信念しかもってなかったら、ちょっとしか愛することはできないということ。

 

じゃあ、その信念とやらは、どうやったら身につくの? ってはなしですが、

「愛する」を習得するのに絶対不可欠な能力は、能動性単に何かをすることではなく、自分の力を生産的、創造的に用いること)です。

 

サロンでの勉強会のお知らせ
だれもが生まれもって持っている能動性。
これをいかに押しつぶされてきたのか。でもって、押しつぶされて育ってきていたことに気づいていなかったことで、同じことを、愛するこどもにもしてきた/している。
そのカラクリというか、悪循環が知れる勉強を、 オンラインサロン「お母さんのがっこう」 でやっています。
(明日30日の夜はちょうどその勉強会の日だから、ご関心のある方は一緒に学ぼう。あ、録画でも観れるから、一人勉強や復習もできます)

 

わたしたちはこどもを愛していると錯覚したり、愛されることを期待したりしちゃうけれど、「愛する」ということ、それには能動的な努力と修練が必要。

愛に踏み込む覚悟が必要。

 

人生でいちばんむずかしいレッスン

「愛する」ために、

自律性でもって

⬇︎

精神を集中し、(→ スマホを見ながら、洗濯しながら、ラジオを聞きながら、こどものあいてをしながら、食事しながら、、、わたしたちは同時にいろんなことをして散漫な生活をしている → 集中の欠如 → スマホも見ず、本も読まず、おしゃべりもせず、コーヒーも飲まず(水分補給をしないという意味ではない)ひとりただじっと座っていることができない。「何もしない」ができない。そのうえ、なんでもすばやくやらないといけない → 精神を集中させる練習をする → スマホを見ている、タオルを干している、音楽を聴いている、こどもと(遊んで/しゃべって)いる、空をみる、、、何をしているにせよ、いま自分がやっていることに全身で没頭する)

⬇︎

意識を覚醒させて、(→ 自分と自分さんをワンネス(本質)にくっつけて、敏感に「わたし」をかんじとる)

⬇︎

忍耐力を高める。(→ やみくもに事を急ごうとしないで、ゆるしを経て、全身で「いま ここ」を生きる)

 

反省したときに、人ははじめて愛に戻ります。

 

これはとってもむずかしいレッスンだけど、

内観 を通して客観性や謙虚さを知る体験、

「わたし」を知るワークショップもしましたー。

あー、むずかしいけど、苦行色はないよ。むしろ逆で、快いの ↓↓↓

怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 – の勉強会でのワークショップ風景

 

アンケート

「愛する」って、自分で出来ていると思っていたけれど、出来ていないことに気づきました。

 

愛すること、実は、やっていたようでやっていなかった。
うまく表現できないけど、自分のイヤなところばかり見ていたのを変えようと思った!

 

もっともっと自分をよく知りたい!

 

よっぴーさんの例え、表現が身近で分かりやすかったです!

 

なぜ自分が「◯◯な場面」で苛立ったり、悲しくなったりするのかを知れた。

 

よっぴーの分かりやすい説明で、とても楽しく受講できました。
自分なりに一歩一歩、前に進んでいきたいです。
少し心が楽になりました。

 

自分ともっともっと仲良しになろうと思った!
朝起きたら、子どもをぎゅーってしようと思った!

 

ヨコになりたいけど、思うような返事が返ってこないとき、イライラモヤモヤしてしまう自分がいました。
でも、今回のお話を聞いて、何をして、何をしないか、それを相手に求めるのではなく、ひたすら自分なのだなーと思いました。

 

AIをありがとう

思い立ったらナントカのよっぴー、まりん。

ひらめいたり、その気になった やりたいことで、それが今やれることなんであれば、そのやりたいことを数ヶ月も先に置いとくなんてできなくて、

やりたいことは今やりたいから、

勉強会の告知にしても、いつも、ギリになっての発信になってしまいます (^^;;

今回の東京も、極きわでの発信となりましたが、たくさんの方々との勉強会となりました。

 

「話し合い」から「ヨコの関係」へと向上し、今回一連の勉強会ラスト締めとなる「怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 –」(午後)。

 

1月23日の東京会場にお越しくださったみなさん、ありがとうございました。

webより参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

2/21 大阪 勉強会
2月21日(木)、大阪(会場・web両方あり)
「ヨコの関係」の勉強会(午前)
「愛するをはじめよう」の勉強会(午後)開催決定!

詳細・お申し込みは こちら ↓↓↓
https://ai-am.net/ev190221

 

合宿のお知らせ
5月5日〜6日(予定) 1泊2日で、勉強合宿やっちゃうよー!!(詳細は後日発表します)

  • 「話し合い」の実践的ワークショップや、その後のシェア会、勉強会
  • 「ヨコの関係」のあり方ワークショップや、その後のシェア会、勉強会
  • 「愛するをはじめよう」のワークショップや、その後のシェア会、勉強会

などなど、充実した1泊2日になるよう、真剣かつ楽しい合宿にしますー!

日程、空けといてね。

 

Vol.1 「話し合ったつもりになってない? – 子どもが約束を守れない理由はここにある -」のレポートは↓↓↓

 

Vol.2 子どもとヨコの関係になろう! – 「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」 – のレポートは↓↓↓

サドベリー・デモクラティックスクールの優れたスタッフを思い浮かべながら作った「ヨコの関係10ヵ条」と対等の重しVol.2子どもとヨコの関係になろう! –「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」– 勉強会レポート

2019.01.29
 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です