長野県上田市での講演会を取材していただきました! 「勉強していなかった自分を1ミリも恐れていない」ということ




amam
こんにちは、

AI-am(アイアム)のよっぴーまりんです。

 

2020年11月21日(土)長野県上田市にて行われたよっぴー、まりんのトークライブ「\コントロールしなくてもダイジョウブ/親子ではじめるヨコの関係づくり」(主催・くりもときょうこさん)の記事が、信濃毎日新聞さんにて掲載されました。

記事のご紹介と、その記事を読んで思ったこと。



信濃毎日新聞にて講演会の記事が掲載されました

2020年11月21日(土)長野県上田市にて行われたよっぴー、まりんのトークライブ「\コントロールしなくてもダイジョウブ/親子ではじめるヨコの関係づくり」(主催・くりもときょうこさん)。

トークライブのレポートはこちら >>> https://ai-am.net/201121ev-report

 

当日は、信濃毎日新聞の記者の方もいらしてくださっていて、その際の記事が今回掲載となりました。

 

新聞という間口の広いメディアでありながら、本質的かつ的確に、

なおかつわたしたちのような教育観や、デモクラティックスクール・サドベリースクールをご存知ない方にも読んでいただけるような記事になっています!

 

本当にありがとうございました。

お越しくださったみなさん、主催・企画してくださった くりもときょうこさん、実行委員のみなさんにも、あらためてお礼申し上げます。

 

それと、この記事を読んで、ふたりで話したことが……。

雪だるまを作るための勉強

たとえば、雪だるまを作る前に、雪とは何か? 雪を丸めるためにはどうするのか? とにかく雪について、机に座って12年間勉強する。

その12年間、もし雪についての勉強をしなければ、とんでもなく恐ろしいことが起こる!

雪の勉強をしなければ大人になれないし、将来もない。そして雪は着実に、恐るべきものになっていきます。

 

「そんなふうに教わらなくても、作れるやん、雪だるま」……と、多くの方が思うんじゃないでしょうか。

ていうか、とりあえず作ってみればいいのに、って感じですよね。

 

作りながら、イメージしているような大きさにならなかったり、うまく丸められないとき、映画で見たあんなのが作りたい!なんてときには、

詳しい人に聞いたり、本を読んだりYouTubeを観たりして、今まさに自分が気になっている箇所をピンポイントに調べながら、雪だるまを作っていく。実践していく。

そして、また次の段階で困難にぶち当たったら、またそれについて調べて、学んで、解決していく。こなして、身につけていく。

こどもは、どうして雪だるまを作れるんだろう?

雪だるまを作ろうとひらめいたこどもが、どうして雪だるまを作れるのか?

いちばんの根っこにある理由は、「雪を恐れていない」ってことですよね。

雪は怖いものだ、難しいものだ、なんていちミリも考えていない(まりんが大学に行くことができたのも同じことだって、わたしたちは思っています)。

そんなことが、今回の記事には書かれていたように思います。

3歳のこどもの思想、世界観

まりんが3歳のころ。

よっぴーとお風呂で一緒に湯船につかっているとき、よっぴーが「あー、足痛いわあ」と言ったら、

まりんは「足が痛いって思えるのって、足があるからやねんなあ」と言いました。

 

そのときよっぴーは、(まりんのことを)本当にひとりの人なんだ、とあらためて実感しました。

3歳のこどもは、すでに自分の思想や世界観を持っています

もちろん、親から見れば「その世界観は変だよ」というものもあるかもしれない。けれど、なんにせよ、多くの見たもの聞いたもの、まわりからの影響を受けながら出来上がったオリジナルな世界観が、こどもにはあります(それを言葉にするかどうかもまた、人それぞれだけれど)

 

格下としての、「>」付きの「こども」じゃないこども。その人とふたりで、お互いの思想や世界観をすり合わせて、アイデアや解決策や方法を生み出してゆく。

国籍が違うから、文化が違うから、年齢が違うから、性別が違うから……。だからできないのではなく、違いはそのままに、違いを土台に、新しいものをつくってゆく。

それは、必ずできることです。

2021年の講演会・トークライブのご依頼について

2021年も引き続き、新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みながら、オンライン・オフラインをともに活用しながら、
講演会・トークライブや勉強会などなどのご依頼を承っています。

ご依頼およびイベントのご相談は、こちらをご覧ください。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

ABOUTこの記事をかいた人

1996年生まれ、25歳。小・中・高へ通わず、デモクラティックスクールで育ち、一切の勉強もしてきませんでした。 17歳のとき、2ヶ月半で高卒認定試験に合格し、現役で大学へ入学。