一条校は学校の1つ。不登校は子どものせいでも親のせいでもない! 誰でも大人になれる




amam
こんにちは、

AI-am(アイアム)のよっぴーまりんです。

 

「そんなことをしていたら(許していたら)、不登校になってしまいますよ」「不登校が長引きますよ」の発想には、みんなと “同じ” ができない(できなくなる)ことへの恐れがあり、

不登校では大人になれない」「不登校は恥じること」といった思考になっていくんだろうけど、

また、学校から教育センター等を勧められたりもすることで、「不登校は問題」という思考回路が先回りもするんだろうけど、

 

一条校(学校教育法第一条で定められた学校。みんなが知っている一般的な学校)は学校のひとつで、一条校に行かなくてもその「先」は当然ある、ということを、こどもも親も、どれだけの人が知っているんでしょうか。

それを知っていたら、その子の健やかさは、どれほど保たれるでしょうか。

「大人」になるまでの道は、たくさんあります。



教育センターに行く?行かない?

先日の オンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」のおしゃべり会でのこと。

 

「お母さんのじかん」に新しく飛び込んできてくださったひとりのお母さんがさっそく、

「学校から『教育センターに一度行ってみたら』と言われていて、近々行くことになったんだけれど、あんまり行きたいと思わなくて……。実際どうなんでしょうか? 経験のある方、いらっしゃいますか?」

と質問をくださいました。

 

教育センターに通われた経験のあるお母さんがたの、「わたしのときはこうだったよ」「今はこんなふうに考えてるよ」「こんなことを思うよ」というお話で盛り上がったおしゃべり会。

(不登校をはじめた時期がそれぞれ違うから、不登校をはじめてすぐ・しばらく経ったころ・もうすっかり馴染んだころ…いろんな時期のお話が聞けるのもコミュニティのいいところだなあ、と思います)

 

ちなみに、よっぴーまりんとしては、「どんなところなのか行ってみようって思うなら行ってみればいい、なんか行きたくないなあと思うなら(ひとまず ”行く” じゃなく)ひとまず ”行かない” がいい」という考えです。

(よっぴーは、息子(まりんの兄)が学校に行かなくなったとき、校長先生から勧められたけれど行きませんでした。どうしてか? 学校に行かないことを「不登校問題」と考えられているところだから)

いろんなタイプの学校があることを、一条校に入学する前に知っていたら

そんなこんなでおしゃべりしているなかで、よっぴーが言ったのが、

 

「小学校一年生のときの社会見学で、一条校以外の学校(フリースクール、オルタナティブスクール、ホームスクーリング・エデュケーションなどなど)を見学させてくれたらいいのになあ!

“学校” には、こんなふうにいろんなタイプがあるってこと、

建物だって、みんなが知っているあの校舎以外にもいろいろあって、おうちみたいな校舎もある、

どれもが “学校” で、どれも選べるんだよ、ってことを一年生のこどもたちに見せていってあげられたらいいのに」

 

「教育センターの担当の方も、

『学校にはフリースクール、オルタナティブスクール、ホームスクーリング、いろいろあるけれど、わたしは一条校がいいと思っているからこの仕事をしています』

と言ってくれたら、話しやすいのになあ」

 

ということ。

 

本来は、一条校(学校教育法第一条で定められた学校。みんなが知っている一般的な学校)に入学する前に、そんな機会があればいいですよね。

 

こどもはもちろん親にも、こうした情報が行き届いていれば、

いま学校に行きたくない・行けない・行かないこどもとその親が持っている苦しさ・しんどさのいくらかは、そもそも持たずにすむ はずだと思います。

変わらず一条校に通うこども(とその親)であっても、この知識や情報は、決して無駄ではありません。

「学校を休む」「学校に行かない」ができない子どもたちの苦しみは健やかさをおびやかしている

冬休みが明けて、LINE@ にも連日のように

「学校に行きたくない、だけど学校は行かなきゃいけないんですよね」
「学校行きたくないけど親が休ませてくれません」
「親は、学校は行くものだ、行かないと将来がないと言う」

などなどのメッセージをたくさんいただいています。

 

軽快に、自然に、不登校をしているこどもたちがいて、

学校がそれほど楽しいわけではないけれど、行くことを選んで不登校をしていないこどもたちもいて、

けれど 不登校をしたくてもできなくて苦しんでいるこどもたち が、ほんとうに、ほんとうに多いです。

 

「もう、無理…」
「親を悲しませている自分なんて生きてる資格がない…」
「このまま夜が明けない方法って…」

 

 

一条校は学校のひとつで、一条校に行かなくてもその「先」は当然ある、ということを、こどもも親も、どれだけの人が知っているんでしょうか。

それを知っていたら、その子の健やかさはどれほど保たれるんだろう。

一条校は学校のひとつで、一条校に行かなくてもその「先」は当然ある

多くの親は、多くのこどもたち同様に、一条校は学校のひとつで、一条校に行かなくてもその「先」は当然ある ことを知らされてきていません。

自ら知る機会・興味を持てるような余裕のある機会も、あまりないのが一般的です。

 

だから、こどもが学校に行きたくないと言っても、学校に行かないと将来がないと思うのは当たり前 だし、「大人」になれない… なにがなんでも行かせなければ、と思うのもごく自然 なことです。

そうやって、こどもを想うことで、時にはこどもを追いつめるような言葉がけもしてしまう。

 

けれどその親が、一条校は学校のひとつにすぎないと知っていたら。

小学校・中学校に一日たりとも通わなくても、高校へ行けることや、
小中高に行かなくたって、自分が希望する大学に行けること(合格・不合格はともかく)
小中高大に行かなくたって、起業・就職ができること(学歴主義でガチガチの保守的な、もーーのすごい大手企業ならいざしらず)

 

不登校はイケナイものじゃないことや、
恥じるものじゃないこと、
こども本人・親のせいじゃないこと、

そんなことを知っていたら。。。

 

そしたら、どんなに 不安に駆られることなく、こどもの未来に水を差さずにすむ んだろう、と思う。

 

こどもに掛ける言葉ひとつ、

「そんなことでどうするの」ではなく、「360度ルートがあるんだよ」と心から伝えてあげられたら、雲泥どころでないほどの違いがあると思うんです。

「不登校」から「大人」になるまでの道はたくさんある

こどもが学校に行っていないことで苦しんでいない親は、このことを知っています。

だから、苦しくないんですよね。

不登校が苦しくない親の特徴は「知っていること」

 

多くのこどもが当然のように一条校に通う現状だからこそ、「大人」になるまでの道は、たくさん、たくさんある ということを、一条校は教えていってあげてほしいな、と思います。

誰もがこどものためを想っているなら、こどもの将来ではなく未来、つまりは「今」を、あらゆる角度で方法で、大切にしていきたいです。

 

学校に行きたくないなら休んでよいという法律「教育機会確保法」は不登校してる子どもたちを応援する

2018年7月17日
 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

ABOUTこの記事をかいた人

1996年生まれ、25歳。小・中・高へ通わず、デモクラティックスクールで育ち、一切の勉強もしてきませんでした。 17歳のとき、2ヶ月半で高卒認定試験に合格し、現役で大学へ入学。