「引き出す子育て」は子どもの手をつなぐ、「寄り添う子育て」は子どもと手をつなぐ。




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

「教える教育」ではなく、「引き出す教育」をしていこう、ともいわれる昨今。

一人ひとりの子どもがもつ能力や可能性を引き出しましょう、そのためには、こうすればいいですよ、といったハウツーもあふれています。

 

けれど、「教える教育」や「引き出す教育」は、子どもをどのように育てるか(教育するか)、どのように育てるのがいいのか(教育するのがいいのか)? に基づくもの。

よっぴーは、子育てとは子どもをどう育てるかではなく、「こどもとの関係を築くこと」だと考えています。

子どもとの関係を築く「寄り添う子育て」は、子どもと手をつなぐ ことです。

「引き出す子育て」は、子どもの手をつなぐ こと。

 

「どう育てるか」ではなく、すてきな関係を築いていこう。よっぴーの経験を通して開催する、オンライン勉強会のお知らせです。

 

(この記事は、よっぴーのFacebookの投稿を編集したものです。)



こどもの「いちばんかわいいとき」はいつ?

こどもが 1、2歳だったころ、よく言われたなあ。「いちばん かわいいときね」って。「かわいいのは いまだけよ〜」とかね。

そっかあ。会う人、会う人がみんなそう言うってことは、きっとそうなんだろうなあ。

だったら “そのいま” をしっかりと踏みしめて、こどもと手をつないで歩こうっておもった。

 

でも、そうじゃなかった。。。

 

こどもは、いくつになってもかわいかった(いまだって、かわいい!)。

そして、いくつになっても「かわいい」ではなかった。

「かわいい」に “いちばん” の時期なんてなかった。

 

こどもと手をつなぐ

「いちばん かわいいときね」「かわいいのは いまだけよ」を翻訳すれば、「親の思い通りになるのは、親の言うことを聞くのは、いまだけよ」なんだろう。

だから、こどものことが心配にもなるんだろう。

「自分(親)の時間がほしい」にもなるんだろう。

 

ひとりめのこどもって、当たり前なんだけど、こどもが2歳のときに2歳より先のことはまだ未知じゃないですか。

だからわからなかったけど、

こどもと手をつないで歩いてきた今、その轍を観ておもうのは、今週末の勉強会のテーマでもある『引き出す』と『寄り添う』の違いだな、って。

 

寄り添うは、こどもと手をつなぐ。

引き出すは、こどもの手をつなぐ。

 

「どう育てるか」ではなく、すてきな関係を築いていこう

北東に向かう車のなか、目が覚めた。新しい光と風を浴びながら。

そう、確かにそう。この光と風は新しいんだよね。昨日のものじゃない。隣で運転をするまりんさんも昨日のものじゃない。今日、新しい。

 

まりんさんを「どう育てようか?」と考えたことがなかった。

まりんさんだって、親であるわたしを「どう育てようか?」なんて考えたことなかったんじゃないかな、きっと。

 

それは、たとえば、彼/彼女もそうだよね。

新しいひとと出逢ったなら、このひとを「どう育てようか?」なんて考えないじゃない?

そうではなく、「素敵な関係を築いていきたい!」っておもう。

 

そのふたりに、「ああ、今日もたのしいなあ」「たのしもーぜ」って、新しい光と風が吹いてくる。

気になることは、気になるままに。そんなあれこれ含んで生きてるよろこびを、新しい光と風は運んできてくれる。ふたりのもとに。みんなのもとに。

みんな、みんな、どの親と子も、今日 新しいふたり。関係は深まる。

 

「引き出す親・寄り添う親 - 子育てとはこどもとの関係を築くこと」勉強会

勉強会には、未就学年齢のこどもさんがいらっしゃる親さんはじめ、

ひとりになれる自分の時間がほしいなあ、

思春期(中学生年齢〜)をむかえ、近ごろどうも… と感じられている親さん、

うちの子、高校生年齢だけど勉強したいです! などなど、たくさんお申し込みをいただいています。

 

いっしょに勉強していこう、っておもってくださった方々、ありがとうございます!

気になっている方のお申し込みも、お待ちしています(今回は、当日中なら何時でも観られるようになっています!)。

人はいくつになっても新しいことを創めていけるんだもん。← よっぴー、自分に言う笑

 

 2020年9月12日(土)・13日(日)開催のオンライン勉強会
「引き出す親・寄り添う親 - 子育てとはこどもとの関係を築くこと」の詳細、お申し込みはこちら

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点