「こぼさなさいように食べなさい」と言うけれど




こんにちは、AI-amの星山です。

たとえば食事中、親は子どもに「こぼさないように食べなさい」と言います。
でも、その子どもは、こぼさないように食べていないとも限らない。こぼすつもりなんてなかった子どもは、その言葉をどうやって受け入れればいいんだろう?

大人は相手が子どもだからこそ適当にお粗末に物事を伝えるけれど、相手が子どもだからこそ、わたしたちはなんでも正確に丁寧に話すべきなんですよね。



「こぼさないように食べなさい」の適当さ

大人はけっこう適当なことを言う、ということを子どもはよく知っている。
大人の目に入るのは結果ばかりで、子どもが何をしようとしていたか、何をしていたかを見ていないことを、子どもは飽きるほど経験してきている。

実際、飽きてもいる。スーパーや飲食店などで親に注意されている子どもが、近くでたまたまその光景に出くわしたわたしでさえビビったり、むかついたりするのに、本人はあんまり堪えていないというか、耳に入ってはいるのだろうけれどぜんぜん届いてない感じで平然としていることが、よくあるんです。

それは子ども自身が本能的に鈍感さを身につけたということでもあるのだろうし、本当に聞き飽きてもいるのだと思うのです。

 

たとえば食事中、親が「こぼさないように食べなさい」と言う。子どものお皿の周囲や膝には米粒が、あるいは卵焼きのはしくれが、とうもろこしの一粒が、ひき肉のかけらが落ちている。

でも、その子どもは、こぼさないように食べていないとも限らないよなと思う。こぼすつもりなんてなかった子どもは、その言葉をどうやって受け入れればいいんだろう?

こぼさないように食べていたり、こぼさずに食べることに慣れてきたから、親の指摘はたぶん一、二度で済んでいたのであって、こぼさずに食べる意識や習慣が本当に、微塵も、なければ、人はたぶんもっとこぼすはずだと思う。もちろん子どもも。

などと言うと、そんなことは屁理屈だと怒られる。でも、正しい言葉遣いを求める大人は、たいてい正確な指摘をしません。それで、子どもはよく知っていく。「大人はけっこう適当なことを言う」。

子どもの指摘は「生意気」でも「屁理屈」でもない

それに、少なくとも子どもはこぼそうとしたわけではないのに、こぼさないように食べなさいといちいち指摘されたり、なんか怒られたり、こぼさないように食べることを意識しながら食事をさせられていたら、絶対に楽しくないですよね。

おいしそうなものを見て、食べたらおいしくて、家族や友人や好きな人と食べているときならその喜びを共有しあって、それでおいしいものや食べること、人と喜びを共有することが、もっと好きになる。
そんな幸福を奪われたくはないし、もちろん奪いたくもないと思う。

 

「こぼさないように食べなさい」に類似した言葉はいくらでもあります。前を見て歩きなさい、物を粗末にしてはいけません、ちゃんと片付けなさい、忘れ物をしないようにしなさい、妹・弟に優しくしなさい

大人は相手が子どもだからこそ適当にお粗末に伝えるけれど、相手が子どもだからこそ、なんでも正確に丁寧に話すべきなんですよね。
それはもちろん子どものためであって大人のためではないけれど、その子どもはきっと、「生意気」でも「屁理屈」でもない正確な指摘を、いつも大人にし続けてくれるだろうと思うのです。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点