「511キンダーハイム」と「なまえのないかいぶつ」




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)の
よっぴー です。

 

今回は浦沢直樹さんの漫画『MONSTER』に出てくる、「孤児院511キンダーハイム」「なまえのないかいぶつ」からみた教育話です。



MONSTER/浦沢直樹

『MONSTER』は1994年から2001年にかけて『ビッグコミックオリジナル』(小学館刊)で連載された、浦沢直樹さんによる漫画です。

日本人の天才外科医が助けてしまった猟奇殺人犯を追う姿を通して、戦後ドイツ社会を描いた社会派作品。

単行本全18巻が累計2000万部以上を売り上げ、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞、小学館漫画賞などを総なめにした名作。

511キンダーハイム

20080601221521

『MONSTER』には、511キンダーハイムという孤児院が登場します。

 

「教育とは実験だ」、元511キンダーハイム院長・ペドロフの言葉です。

「教育とはその国に役に立つ人間を育てることだ」

 

社会の要求する人間を造り出すことを目的とし、どうすればそのような人間を造り出せるかを模索する実験が「教育」である。

511キンダーハイムで行なわれた人体実験プログラムこそが、高度な教育システムだと主張します。

 

名前を奪い、感情を奪う…。511キンダーハイムでは人間の本質を奪い去ることで、国家のためにはたらく「殺戮人形」を造ろうとしていました。

 

その教育は成功していた、と言います。

しかし、ヨハンという一人のかいぶつ(少年)の登場によって子どもたちが闇に取り込まれてしまい、子ども同士が全員で殺し合うという悲惨な事件を引き起こし、511キンダーハイムはその機能を失ってしまうのです。

 

「社会の要求する人間を造り出す」

マスコミは国民を騙し、コントロールするために存在しているという現実は、今やわたしたちの知るところとなりました。

511キンダーハイム。それは、マスコミを動かし、マスコミを通して、陰で君臨している支配者や灰色が、わたしたちにしようとしていることと同じ。

彼らは彼らにとって都合のいい国民になるようわたしたちを操り、洗脳します。学校は画一的な考えを刷り込み、権威に盲従するよう奴隷化訓練を行います。

 

目の前の家庭からはじまり、学校、社会、世界、戦争、、、をみていると、511キンダーハイムは漫画の世界の話ではないってことですね。

”闇に喰われない” 人間を造る

子ども同士が殺し合うという悲惨な事件を引き起こしてしまったため、院長ペドロフが次なる実験としてしたことは ”闇に喰われない” 人間を造るため、子どもに愛を与えるということでした。

親の愛情が必要だと述べている。
その愛情を得られなかった子どもが、かいぶつになるから。

 

しかしペドロフにとっては、子どもを愛すこと自体が喜びだったのではなく、自分の理論が証明されることが喜びだったんでしょう。

国づくりのために。
親の都合や、期待に添わせるために。

なまえのないかいぶつ

20080601230948

いじめを与える子は加害者。
そしておとなによって「なまえのないかいぶつ」にさせられた被害者。

教育は、「尊厳の剥奪」では決してない。
このことを目の前の家庭から徹していくほかないと、わたしはおもいます。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点