朝の通学風景と不登校

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

今朝、facebookにて つぶやいた投稿記事より。

人生は楽しい、と思っている人といると、楽しい

不登校初級のころ

学校に行くのを行き渋るようになって、、、

親はなんとか行かそうとして、、、

でもやっぱ子どもは行かなくて、、、

そのうちに親のほうが「ほんの少しわかってきて」そこまでして行かさなくても、と思うようになって、、、

でもでもやっぱ親だって揺れて、、、

 

朝、よその子どもたちが通学している姿を見ると、なんだか、なんだか、なんだかの不登校初級のころ、

「なんで うちの子は 行けないんやろ…」ってね思うやん、

通学姿を見ると かなしくてさ…。

 

不登校上級編

今朝、久しぶりに通学時間帯に移動していて、学校に向かうたくさんの子どもたちを見た。

不登校も上級になると、ちがう意味で、あの光景はかなしくなる(こわくなる)。

 

(見たかぎりでは)楽しそうに歩いている子がいなくて、重たそうなランドセルに、プラス、両手に手提げかばん。肩からは水筒。

 

ひとりで、トボトボと、下を向いて歩く少年。。。

仮に、その姿を見たお母さんが「学校休んで今からユニバ行こ!!」って行ったら、この子の足どりは、どんなにか踊りだすんやろ、って思った。

前提、かえようや、って思った。

 

不登校ほど学びの大きいものはない

不登校は、前提をかえてくれるよね。

生きる意味を教えてくれるよね。

一生に間違いも正解もない。