自己責任論「国は自粛要請しています。感染拡大を国のせいにしないでくださいね」では市民や子どもの生活に寄り添えない




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

よっぴーのFacebookからの転載です。



新型コロナウイルス感染症において「学校に行く・行かないは自己責任」ではない

昨日のまりんさんの記事↓は、

学校再開。行くか行かないか自主休校を迷うとき、勉強の遅れや人の目をどう考える?

新型コロナウイルス感染症において、「学校に行く・行かないは自己責任ですよ」と書いているのではありません。

まして、「学校は行ってもいいし、行かなくてもいい。行く・行かないは、こどもが決めることですよ」でもありません。

思考の行き止まり

SNS等を見ていると、「自己責任」論に犯されていないか? っておもう発言をみる。

小泉純一郎さんがつくった「自己責任」は、国をズタボロにしてきて、いま再び同じことが繰り返されているけれど、自己責任論に隠れた政府の責任放棄とおんなじことを、わたしたち親(おとな)もこどもにしている。

 

新型コロナの感染拡大にともなって、国民に自己責任を押し付ける安倍政権の姿勢が次々と明らかになっているこのときに、、

「所得補償」なき「自粛要請」は、政府の責任を果たしていないのに、、

国は自粛要請しています。感染拡大を国のせいにしないでくださいね」(国土交通大臣政務官の佐々木紀さんの発言)とわたしたち市民に一方的に責任を負わせるこんなときに、、

未曾有の危機にあって目の前のはっきりした問題や怒りよりも、「自分で判断しよう」とか、「自分が決めよう」とか、「自分のことは自分で責任をもとう」「リスクを引き受けよう」といったこれまで通りの考えでとまる。

 

そうじゃなくないか。

そうではなくて、やるべきことをやれと言っていかなきゃいけない。

こんなときは声をあげて訴えていくんだって姿を、政府に補償を求めることは正当な権利であることを、こどもに見せていかなきゃいけない。

‪自粛と補償はセット

安倍さんはじめ、安倍さんのまわりにいる人たちは、お金がないって感覚がわかんないのだろう。‬

自粛したら飯が食えない人間がいるってことがわかんないんだろう。‪

だから、コロナに負けるな! などと根性論は出ても、‬「公的な補助をするから、安心して」が今にいたるまで出てこない。

安心して生きていくだけの補償が必要で、そうじゃなかったら休みたくても休めないし、電車にだって乗らなきゃいけない。

いのちが大事というけれど、このひとたちだっていのちが大事。‬

 

それを「学校」に置き換えたとき、

「学校」に縛られていない人たちは、「でもそうは言っても…」と言う人たちの感覚を想像しないでいる。

「学校は再開しないでほしい…」と願う人たちに対して、「休むか行くか、そんなの自由だよ」と軽い、

「学校いかんでもいいよ〜。いちばんだいじなのは命だから家にいようね。再開したって家にいてもいいんだよ」って言うなら、安倍さんとおなじ方向に向いてまう。

「自粛させるんだったら補償はワンセット」同様、「休校させるんだったら教育を受ける権利はワンセット」なんです。

自己責任論で片付けられてしまうようなことではない

いのちが大事なのは当たり前なのです。

必要なのは「で?」なんです。‬

 

「ない」が「ある」から自分たちは不安じゃなかったり、

もともと不登校をしているおうちで、今回のコロナによる休校にもなんも変わりなかった、だからうちは変わりない、惑わされていない。そこで思考は終わってないかな?

日頃はそれでいい、でもいまは違う。‬
‪ ‬
‪ ‬
‪ ‬

「‪行くか行かないかは自分で決める」‬、‪「なによりもいのちが大事」といった短絡的メッセージに危機感をおぼえる。

‪それは、‬「国は自粛要請しています。感染拡大を国のせいにしないでくださいね」とかわらなくないですか?

危機を繰り返さないための未来への指針

まりんさんの 記事 の最後に書かれていた文
↓↓

国は面倒をみてくれないものだとか、自分の身は自分で守らなきゃいけないとか、残念ながらこの現実では間違いじゃないけど(その準備があるに越したこともないけど)、でも、それがまかり通っちゃいけないんですよね。

感情や要求は、可視化しなければ「なかったこと」にされてしまいます。

必要なものは必要だと言い、間違いに巻き込まれているときは声をあげて、これがいいんだと、いま思える選択をしていきたい。

> ‬可視化しなければ「なかったこと」にされてしまいます。

 

家のなかで家族と話してても、SNSで書いてても、可視化しなければ「なかったこと」にされてしまいます。

首相官邸や自民党の意見箱アドレス

地元の議員さんのほか、以下、ご意見箱のアドレスを貼っておきますね。‬

声あげていこう。‬

 

日本社会を席捲してきた「自己責任論」を乗り越えられるかどうかが、コロナに対処する上で重要なポイントだとおもう。

こどもたちの時代にまで自己責任論を蔓延させるのはまっぴらごめんなんだ。

 

【ご意見箱】

・首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

・自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contacts

・各府省 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点