夏休みに不登校を克服しないほうがいい理由

long-1245787_640

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

夏休み明けが不登校を克服するチャンス、といわれますが、これは必ずしも適切ではありません。

不登校、不登校がちの子どもに親が言わせてしまう「明日は行く」「夏休み明けからは行く」は、おなじ言葉です。

夏休みに不登校を克服したほうがいいといわれる理由

不登校を克服するために夏休みを活用したほうがいいというけど、これは必ずしもそうではありません。

夏休みに不登校を克服したほうがいいといわれる最大の理由は、「良いきっかけだから」です。

タイミングを逃して、突然登校するのも気まずいし、気まずいからずるずると行かない日が続くので、夏休み明けを機に登校しよう、ということ。

不登校云々にかかわらず、タイミングは大切です。

でも、「夏休み明け」は、必ずしも適切なタイミングではない。

 

「明日は行くから」と「夏休み明けからは行くから」

不登校、あるいは不登校がちの子どもがよく言う、「明日は行くから」という言葉がありますね。

そう言ったものの、翌朝やっぱり学校へ行けない、というやつです。

親は、「行くって言ったのに」とか「どうして行けないの」とか、「どうせ行けないのに嘘をつく」といった気持ちになるかもしれないけど、
子どもは、親を丸めこむために言っているわけでも、嘘をついているわけでもありません。

どうにか学校へ行ってほしいと思っている親のために言う
行けない、行きたくないと口にすることを恐れているから言う

 

子どもはこれを言えば楽になるわけじゃなく、むしろ、さらにプレッシャーがかかっています。

行くと言った以上は、朝、家を出る予定時間のそのときまでずっと「行かなくちゃいけない」ということで頭がいっぱいになるし、「行きたくない」という思いがよけいに募っていく

(↓「明日は行くから」についてはこの記事でも詳しく書いています↓)

「明日は行くから……

そういって寝て、朝になると行かない……。というか起きてこない……。

このご経験をされている親御さんは多いかとおもいます。

 

「行っても行かなくてもいいのよ、ただねお弁当の段取りがあるからどっち? 明日は行く? 行かない?」

こんなふうに言ってる親御さんもいるとおもいます。

 

あのね、この「明日は行くから……」。この言葉を訳すとね、

「お母さん、ごめんね。
学校に行けずにごめんね。
ごめんね、ごめんね、お母さん。
お母さんを悲しませたくないから…
お母さんに嫌われたくないから…
だから明日こそは行こうっておもうんだ。
こんな自分ゆるせないから明日こそっておもうんだ。
でも行けないんだ…
お母さん、ごめんね。
学校に行けずにごめんね。
ごめんね、ごめんね、お母さん。
でもお母さん、ぼく(わたし)をきらいにならないでね。
お母さん、お母さん、見捨てないでね
お母さん、お母さん…」

この想いの省略形が「明日は行くから……です。

たかが不登校を悪化させる親の対応(後編)

2017.02.19

 

もし「行きたくない、(明日は)行かない」と言えたなら、そして親がすんなりとそれを受け入れてくれたら、夜だってぐっすり眠れるかもしれない。

これは子ども自身にとって(もちろん親にとっても)、とてもしんどいことです。

わたしたちは、学校に行かないにせよ、行くにせよ、ひとときだって、つらい思いをする必要はありません。

そして「夏休み明け」は、この「明日」と同じなんです。

 

プレッシャーになるタイミング、ならないタイミング

もちろん、夏休み明けから学校に行きたい!と思ったひとには、それがいちばんいいタイミングです。

でも、キリのいいタイミングだからと、ほんとうは全っ然行きたくもないのに「夏休み明けからは行く」と決める、あるいは(無意識的にも)決めさせられることは、とても大きなプレッシャーになる。

この重圧は、ストレスにしかなりません。

やる気をかきたてたり、それが困難でも超えたい! と思わせるようなことはない。
むしろ、やる気や元気、自信を奪ったりするものです。だって、行きたくないんだから。

タイミングは、それぞれにあります。

ほんとうに行きたいときがきたなら、どんなに行きづらいタイミングでも、どんなにドキドキして吐きそうになっても、家をでて学校に行く。

 

「不登校は問題」と思う自分を克服する

そもそも、不登校って、克服するようなものじゃありません

悪じゃないのはもちろん、必要な休息時間でもない。
だから、治すものでもないし、よくするものでもない。

自分なりのタイミングが少しでも早く訪れるように、と努力することでもないんです。
「必ず訪れるから待つ」のではなく、行きたいなと思う日が訪れれば行く、訪れなければ行かない、ただそれだけ。

しいていえば、「不登校を問題だと思うこと」を「克服」する、というほうが、わたしにとっては自然なことのように、思います。

 

今日の本

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」/ 小幡 和輝

日本の小中学校の不登校生徒は約13万人(2016年度)。保護者や教師に「なぜ?」と問われても、自分の感情をうまく表現することができない子どもたちは、押し黙って引きこもるか、嫌々学校に行くしかない。
一瞬でもそれから解放されるのが夏休み。だが、明けて9月1日は子どもたちの自殺が一番多い「危険日」でもある――。

著者は約10年の不登校ののち、定時制高校から(正当な)“裏技”を使って国立大学に進学した。また、高校3年生のときに起業、いまは学生にして社長でもある。
そんな著者が、不登校の子どもたちに送るメッセージは、「学校は行かなくてもいい」という選択肢があることと「正しい不登校のやり方」だ。

本書では、途中に漫画を交えて著者の体験を紹介する。また、同じように不登校を体験したが今は起業している“先輩たち”の体験談(家入一真氏、吉藤オリィ氏ほか)や、著者のブログに投稿された不登校経験者たちの声も多数収録した。

「不登校でもこんな生き方があるよ」ということを知ることで救われる子どもたちがきっといる。もちろんそれは保護者も同じだと思う。ぜひ親子で読んでほしい一冊です。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です