不登校からのメッセージ

IMG_0377

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

小中不登校だった僕から、小学校不登校で中学へ進学する方へ

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

子どもが学校に行けなくなって1週間が過ぎようとしたある日、わたしの心臓に命中した「俺、どうなるん?」の息子の声に、ハッと気づかされた親のわたし。「不登校」がくれたメッセージはなんだったんだろう? どんなメッセージをくれたんだろう? 最高のギフトを公開します。

IMG_0377

不登校はレインボー

息子が学校に行けなくなったとき、
学校はどんなに学校に行くのは当たりまえで、どんなことがあっても絶対に行かねばならない場所とおもい込んでいたわたしにとっては、天と地がひっくり返るような出来事でした。

そのおはなしは 不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ の記事で書いたとおり。

 

1週間が過ぎて、「あ、そっかあ、そうじゃないんだ」

1週間が過ぎようとするある日、わたしの心臓に命中した「俺、どうなるん?」の息子の声に、ハッと気づかされたのでした。

「なにしてるんやろ、わたし…。息子は、学校を問い詰めて、原因を追求することなどを望んでるんやないのに」と。

不登校とは、原因を問いただし、いかにして治すか、というものではなく、まずは、そもそも「不登校ってなんだ?」ということをわからないと、なにも始まらないってことに。

また、親が苦しめば苦しむほど、悩めば悩むほど、子どもはその何十倍、何百倍と苦しみ、逃げ場のない窮地に追い込まれてしまうことにも。

これらに気づかされてからは、なんていうか、あぁ~そっかぁ~ そっかぁ~と、ドンドンみえてきました。

 

不登校からのメッセージ

「不登校」の子どもたちは、なにを言おうとしているメッセンジャーなんだろう?

どんなメッセージをくれようとしているのだろう?

心臓に命中した息子の声で、そうとらえられるようになってからは、もうワクワク全開でした。今鳴いた烏がもう笑う、ってやつですよ。

 

なにが観えたのか?

それは、見えない人には観えないけれど、見える人には観える。なぜかというと、はじめからそこにあるものだから。

な〜んにも隠されているものではなかった。

観えたもの

以下は、あぁ~そっかぁ~ そっかぁ~と、ドンドンみえてきた その夜に、天からおちてくる言霊を、ぶわぁーっと、ただ日本語に起こしたものです。

上手に書こうとか、造ろうとかが全くない、人生に一度、岡本太郎になれた夜でした(˶′◡‵˶)

 

 

IMG_0391

僕らは将来を生きるために今を生かされているのではなく
今を生きるために今を生きているのだ

IMG_0374

僕らは学ぶために生まれてきたんだ
どうか僕らを造らないで

IMG_0376

お日様にもお月様にも同じ価値があるように 僕らもみんな価値がある
みんな価値に満ちている

IMG_0377

僕は僕でありたい
ただそれだけなんだ

IMG_0378

ゆっくりだっていいじゃないか 立ち止まったっていいじゃないか
僕は自分の足で歩きたい

IMG_0379

僕のためをおもうなら無条件の愛を無条件に与えてくれや
生きる力を与えてくれや

IMG_0382

過ぎていく一瞬一瞬の大切さを学びたいんだ
急いでいって何があるの

IMG_0383

僕が僕でなくなる
この言葉にならない叫び声誰か気づいて

IMG_0384

君はどう生きるの
僕は僕で生きるよ

IMG_0386

ばらの花しかダメだと言う ひまわりだったらダメらしい
僕は野花でいたいのにどうしてそれじゃあいけないの

IMG_0387

僕はただそれが嫌いだっただけ 僕はただそれが出来なかっただけ
ただそれだけなのに僕は人にはなれないの 僕は生きてはいけないの

目には見えないものを信じる力

見えるものだけを信じているから、不安がやってくるのではないでしょうか。

目に見えるものはすべて、変わっていきます。

目には見えないものを信じる力は、たとえ世界が変わっても、涙がとまらない悲しみにおおわれたときでも、自分自身を支え、それだけで人は生きていけるほどの強くてたくましい力を持っています。

目には見えないものを信じる力……。子どもはそのメッセンジャーです。

 

「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」対談&交流会

『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』出版を記念 して、7月3日(日)、横浜のかながわ県民センターにて、共著の星山海琳・吉田晃子の親子対談&交流会を開催します!

あと数名のみ参加枠があります。ピーン! とこられた方、チャンスです。

是非お申込みお待ちしております!

申込み先メールアドレス
ggyk2012@gmail.com
イベント主催者:加藤佳子

 


 

処女出版/「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」

処女出版/「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

全国にひろがる日本のサドベリースクール

日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

小中不登校だった僕から、小学校不登校で中学へ進学する方へ

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

2 件のコメント

  • またまたみきです。
    この記事素敵!と思い、カラー印刷して、
    引きこもり中の15歳の息子にあげました。

    彼は今楽しく?引きこもり中なのですが、読んだ感想を聞くと、
    「これで(=この言葉たちで)楽になる人たちがいると思う」とのことでした。

    ネットの彼の友人たちの中には、未だ苦しい状況で生きてる子もいるようです。
    また、彼と直接友人でなくても、しんどそうな人の書き込みを見たりしている
    からではないかな、とも思いました。

    たくさんの、苦しい子たちに、この言葉たちが広がりますように!!

    • 木下美樹さま

      コメントありがとうございます。
      広がりますように!!!!!!!!!!
      ありがとうございます! ほんと、ありがとうございます!!
      ほんとーに広がってほしいとおもう。風にのって、あちこちの町々に、たんぽぽのわたげみたいに揺られて、だれかの肩にちょこんと落ちてほしい。
      15歳の息子さま、読んでくれてありがとう。
      美樹さん、ありがとう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です