不登校になる主な理由が「本人の情緒的問題・無気力」「人間関係」「学業の不振」ってほんと?

0228

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

「MAG2NEWS」のサイトで、

有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で、健康社会学者の河合薫さんが、

河合さんご自身も協力しているという「クラスジャパンプロジェクト」を紹介されていた 不登校関連の記事 をみました。

クラスジャパンプロジェクト・・・不登校の子どもたちを「学校に復帰させよう!」と大人たちが立ち上がり、不登校の子どもたちを救おうと始まったプロジェクト。このクラスジャパンプロジェクトは、不登校数を減らすために、ネットを通じた通信教育でサポート、次のステップとして地域施設や塾での対面教育、そして最終的には元々の学校に登校できるようにサポートしていく組織です。

 

不登校児が2.5倍に急増、社会難民化する20万人の欠席者たち

下記は、「クラスジャパンプロジェクト」を紹介されていた不登校関連の記事 >>> 不登校児が2.5倍に急増、社会難民化する20万人の欠席者たち から抜粋した一部です。

文部科学省の平成28年度の調査によりますと、小・中学生の長期欠席している児童・生徒20万7600人に達していることが明らかになりました。

そのうち不登校者数は13万人。さらに出席日数の半分にあたる90日以上の長期欠席者は7万2千人です。

児童・生徒の不登校者の数は、平成5年以降増加傾向にあり、小学生で全体の0.17%だったのが0.42%と2.5倍増、中学生は1.24%から2.83%と2.3倍増えています。

なぜ、こんなにも不登校児が増えてしまったのか?

残念ながら原因は明らかになっていません。

ひょっとすると昔から「学校に行きたくない子ども」はいたのに、“不登校”という言葉が一般的ではなかったので、学校に行くしかなかっただけかもし れませんし、少子化の影響で、子への親のケアが手厚くなり「過保護」になった可能性もある。さらにはフリースクールなどが広がり、「学校だけが学びの場で はない」という認識が広がっているのかもしれません。

ただ、不登校になる主な理由はアンケートで明かになっていて、「本人の情緒的問題・無気力」「人間関係」「学業の不振」が、きっかけであることがわかっているのです(平成25年度調査)。

(以下省略)

出典:MAG2NEWS 不登校児が2.5倍に急増、社会難民化する20万人の欠席者たち

 

不登校になる主な理由3つ

河合薫さんの ↑↑ の記事を読んで、

081900

になった箇所がありました。

それは、ラストの

ただ、不登校になる主な理由はアンケートで明かになっていて、「本人の情緒的問題・無気力」「人間関係」「学業の不振」が、きっかけであることがわかっているのです(平成25年度調査)。

のところ。

 

不登校になる主な理由が、

  • 本人の情緒的問題・無気力
  • 人間関係
  • 学業の不振

とあります。

 

不登校になったきっかけと考えられる状況

文部科学省のサイトをみると、

スクリーンショット(2018-02-28 11.03.43)
スクリーンショット(2018-02-28 11.04.50)
出典:平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について  P63

 

とあり、

あくまで、不登校になったきっかけと考えられる状況です。不登校になる主な理由ではありません

(「不登校になったきっかけと考えられる状況」についての私見は後述)

 

で、わかりやすくまとめてあるのが、↓↓ となります。

 

スクリーンショット(2018-02-28 4.36.29)
出典:内閣府

 

アンケート調査

不登校になったきっかけと考えられる状況をみると(第1-3-25図)、

  • 小学生では「不安など情緒的混乱」「無気力」「親子関係」が多 く,中学生・高校生と比べると,家庭に係る状況が相対的に多い。
  • 中学生では,「不安など情緒的混乱」と「無気力」が並んで多い。
  • 高校生では,「無気力」が 最も多い。

 

とあるわけですが、声をあげて言いたいのは、下記のこと!!

 

(5-4) 不登校になったきっかけと考えられる状況(平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について P63)ならびに、

第1-3-25図の下んとこに書いてある ↓↓

(注1)複数回答可とする。
(注)不登校児数に対する回答割合(複数回答可)

 

これね、

不登校をされている方(してきた方)で、こんなアンケートを受けた人っている?

 

河合薫さんの記事でも、「不登校になる主な理由はアンケートで明かになっていて」とあるんだけれど、どうなんでしょうか?

 

アンケートの実態(投稿後の追記)

この記事を投稿したあと、ブログにいただいたコメントです。↓↓

 

いただいたコメント

さすが鋭い指摘です。このアンケートというのは、文科省が、各教育委員会に下ろし、現場の担任が回答し、指導部長がまとめて提出しています。

つまり、教師の主観的な回答がデータとなっていると言っていいものです。

不登校の子どもたちや親に直接質問したアンケートのデータとまるで違ったものであると言えます。

教師へのアンケートのみのデータを元に、不登校のことを考えている文科省に、そもそも問題行動を感じます。

 

 

数字のからくり

数字というのは、必ず誰かが、ある目的を持って集めていたりするわけですよね。

つまり、誰がどんな方法で集めたのかっていうのが分かっていないと、その数字は信用できません。

 

  • 誰がそう言っているのか?(統計の出所に注意)
  • どういう方法でわかったのか?(調査方法に注意)

 

ただこの記事では、数字云々のまえに、

不登校になる主な理由が、「本人の情緒的問題・無気力」「人間関係」「学業の不振」っていうのが、そもそも「おいおい、ちょっと待てや〜」と思えるから、100人が100人とも鵜呑みにはしないだろうけど、

背景があまりに無知すぎますよね。

どちらが操られているのやら。。。

子どもはそんな大人に「ほんと」は言いません。

 

大事な要因が抜けていて、ほかにも突っ込みを入れたい箇所、満載ではありますが、今日のところはこれだけ(笑)。

統計データは「騙しと嘘」にあふれているけれど、あんまりだなあ〜と思ったからくりでした。

 

今日の本

「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ/谷岡 一郎

政府・官公庁・社会運動団体・マスコミが発表する社会調査の大半はゴミである。我々はいかにしたらデタラメ社会から脱却できるか

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

1 個のコメント

  • さすが鋭い指摘です。このアンケートというのは、文科省が、各教育委員会に下ろし、現場の担任が回答し、指導部長がまとめて提出しています。つまり、教師の主観的な回答がデータとなっていると言っていいものです。不登校の子どもたちや親に直接質問したアンケートのデータとまるで違ったものであると言えます。教師へのアンケートのみのデータを元に、不登校のことを考えている文科省に、そもそも問題行動を感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です