学校に行く・行かない、なにかをやめる・やめないことに悩むとき、なにを優先したいか考える

10-s

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

LINE@ には、10代の方からもメッセージをたくさんいただいています。

わたしは悩むことなく学校へ行かなくなったタイプですが、行きたくはないけれども、将来のことを考えながら、あいだで揺れているひとへ。

子どもは自分と他者の考えを区別している

LINE@ にいただいたご相談、たびたび紹介しています。
10代の方からのメッセージも多くて、とてもうれしく、ありがたく思っています。

拝読しているなかで共通して思うのは、親は子どもに対して自分が不安を抱えこむことで、子ども自身が抱えている不安を感じづらくなっているんだな、ということ。

それから、子どもは大人とくらべると、被害者意識や「相手よりも自分が正しい」といった傲慢さをもたずに、俯瞰的な目をもって、自分と他者の考えを区別しているということ。

 

「なにを優先したいか」

10代の方から最近いただいたメッセージのなかに、こういうものがありました。

0525linea 0525lineb

それで、こういう記事を書いたりした。

「なにをするか」より「なにをしないか」が、アイデンティティを守り、指針と疑問をつくる

2018.05.21

不登校の子どもの将来や仕事を心配する親以上に、子ども自身は不安を抱えている

2018.05.15

そしてそのあと、また別の方からいただいたメッセージを読み、

0525linec

行くとか行かないとかやるとかやらないとかやめるとかやめないを悩みながら選ぶというのは、つまるところは「なにを優先するか」なんだなあ、と思ったのです。

不安も恐れもなくそれがいいと思えるようなことなら、もちろん選ぶまでも、優先するまでもなくそちら側にからだを動かしている。

でも、そうじゃないから足踏みするわけですね(ちなみに、「いけないこと」はそれぞれ自分のなかにあるもので、共通して存在するものではありません。)。

不安や恐れがあるってことは、じゅうぶんに社会と自分との関係を理解しているということで、リスクや生きづらさも、子ども自身、とっくにわかっているってことです。
リスクや生きづらさというやつが、いまこの世の中にほんとうにあるとして。

 

将来はなくても未来はある

それで、「なにを優先するか」。

子どもは世の中とか社会のことをまだよくわかっていないから正しい判断ができない」、そういう考えをよく垣間見る。
そんなわけがない。
そりゃ個人差だってあるけれども、少なくとも親が将来を心配するような年齢の子ども(中高生くらいか)なら、自分のことをよく考えています。

だから、その上でものを考え、自分の気持ちにも焦点を当てながら、なにかを優先することができます。

というよりも、「自分のためになにを優先したいか」を見つけること。
なにを優先すれば、自分は満足するのか、納得するのか

感情の見えるところからずいぶん遠く離れた大人たちとちがって、なにが怖いのかを、ほとんどの子どもは知っている
つねに見ているわけではなくても、ちょっと潜ればすぐ見つかる。

 

学校に行くとか行かないとかって、べつに天秤にかけるようなものではないんですが、それは全体的な話で。
学校に行かなかったからといって人生が台無しになるわけがないし、むしろそういうひとはたぶん学校に行っていてもじゅうぶん「台無し」の可能性をもっているし、というのもわたしの考えであって。

個人的ないろいろとか、主観によるあれこれとかが混じりあったものを天秤にかけて、いやでも学校に行こうと思うなら、それがいいはずです。

どちらかに傾くまで、のんびりやるのもいい。いますぐ出さなきゃならないような答えでもありません。
とはいえ焦るのも自然なことで、しょうがない。
しょうがないことだらけです、実際。

あ、でも、そういえばわたしは、『小さな天才の育て方・育ち方 – 小・中・高に通わず大学へ行った話』のなかで、こう書いたことがある。

「もし学校へ行かないと将来がないというのなら、学校が想定する将来なんてないものとして生きればいい。でも未来はあります、絶対に。」

 

おしらせ
LINE@、5月25日(金)21時〜22時 によっぴー・まりんの手動返信タイムをやります!
お返事に時間のかかりすぎるもの、長文など、すべてにお答えできない可能性もありますが、ぜひぜひご参加ください。
いまからご登録くださってももちろん大丈夫です。

 

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です