親はなぜ朝、子どもを起こすのか? うちに「家族を起こす」がない理由




ammこんにちは、

AI-am(アイアム)星山まりん です。

 

うちには昔から、朝に「家族を起こす」という行為がありません。
母はわたしや兄を起こさないし、わたしも兄や母を起こさないし、兄も母やわたしを起こさない。

みんな、寝ているひとのことは、寝ているままにしておく。



「親に起こしてもらえないから朝が起きられない」

「親が子どもを起こす」という行為がごくごくふつうに、どの家庭にも存在しているんだと、そのうち知りました。

そのときはそんなに違和感をもたなかったけれども、あとになって、つまり最近になって、その行為にだんだん違和感をもつようになった。

 

小中高に通っていなかったわたしが大学へ行くのは、小中高ときちんと12年間通ってきた同年代のひとと交流する、めずらしい機会でもありました。

それで、とある授業で、学生になってひとり暮らしをはじめた、いわゆる下宿生にアンケートをとる必要があって、そのなかで「下宿生活で困ったこと」をたずねたことがある。

いろんな回答があったんだけれど、意外に多かったのは「親に起こしてもらえないから、朝に起きられない」というやつ。

わたしはこれに「マジかぁ」と思って、でも、そりゃそうかも、とも思った。

「そんな歳まで子どもを起こしているの?」とか、「そんな歳まで親に起こしてもらってるの?」とか、そういうことではなくて。

生まれてから20年ちかく、(そもそもは頼んでもいないのに)朝にはかならず起こしてくれる相手がいたら、その相手がいなくなって自分で起きられないというのは、たしかにふしぎなことじゃないなと、はじめて気がついたんです。

起こさない理由、起こす理由

うちにこの行為がないことはごくあたりまえのことで、誰も意識的に「起こさないようにしている」わけじゃありません。

でも理由を見つけるのはかんたんで、なにかというと、「相手が起きようが起きなかろうが自分には関係がない」から。

 

朝、子どもは学校へ行くために起きるし、大人は仕事へ行く/はじめるために起きる。

起きなければ遅刻するわけで、それはいけないことだから、起こす(そんなところじゃないかと思う。合ってるだろうか?)。

でも、家族が学校や職場に遅刻しても、実際のところ、わたしはなんにも困らない。
わたしが怒られるわけではないし、わたしの評価や成績や給料が下がるわけでもない

起こす理由は、どこにもない。

家のつくりの問題で、相手が活動しているとこちらが眠れないというのでもなければ、同居人の寝る時間や起きる時間は、自分にどんな影響があるだろう?

「仕事に遅刻して評価が下がって減給にでもなれば家計に影響があるから」とか。

でもそれってよっぽどひどい場合だろうし、だいいち本人が危機感に迫られてどうにかしそうなものですよね。

子どもは自分では起きられない?

大人どうしならともかく、子どもを起こすことについては、注意が必要だと思う。

「起きてもらう必要がある」とはっきりしているタイミングならよくても、慣習的に、常識的に、起こすことについて。

 

その常識にまとわりつくものって、「子どもは自分では起きられない」みたいな(無)意識じゃないだろうか。

自分にとって必要があれば起きるし、必要がなければ起きようとは思わない。
子どもも大人もおなじだと思う。

 

まったく学校に行っていない状況で、子どもが「起きてくるのが遅い」「昼まで寝ている」ことは、よくある(昼夜逆転もよくある)。

そこにあるのは、「人は朝に起きるもの」「昼まで寝るのはだらしなくていけいないこと」みたいな固定概念。

あるいは、学校に行きたくないとか、不登校がちで、子どもが朝起きてこない、起きられない、という話も聞くけど、それも当然のことだと思う。
行きたくないのに、「行くべき時間」に、げんきに、すっきり、起きられるわけがない。

たのしみなこと、わくわくすることのためなら、睡眠時間なんて短くてもかまわないし、何時だって飛び起きられるけど、これも当然でしょう。

 

ちなみにうちにも例外はあって、それは「起こしてほしいと頼まれたとき」です。
そう言われれば、(かならず「起きてたらね」とか「おぼえてたらね」と付け加えつつ)快諾して、声をかける。

だから、「なんで起こしてくれなかったの」という言葉は、うちでは聞くことがありません。

今日の本

ソース ~ あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。/ マイク・マクマナス

これほどシンプルでこれほど本質的な生き方が他にあるだろうか。
すべての人にある「自分がワクワクすること」。
そこには、あなたの人生を劇的に活性化させる「奇蹟の力」が宿っている。自分にとって「ワクワク」することを生きることは「自分らしさ」を生きることになる。
人生を劇的に活性化し、内側から自発的で奇蹟的な力を呼びさます、ワクワク人生プログラム「ソース」の考え方を紹介する。

この本が紹介する考え方は、一般の社会通念とはまったく異なる革命的なものです。あなたの生き方を根本から変えてしまう力があり、あなたを自分の人生の「本当の」主人公にします。幸福への道が、生来の好奇心や興味、生きる意欲と同じくらい身近なものになります。
新しい考え方を使って自分の人生を変えたいと望む人や、自分の心を突き動かすものを発見したいと願う人のために書かれた本です。
生まれ変わったかのように、ふたたび自分の夢を追いたい人、地平線のかなたから聞こえる汽笛に耳をすます人、汽車の線路に希望と可能性を見る人、そうした人たちのために本書は書かれました。
読者のみなさんが本書を通して自分のソースを発見し、人生の旅路をエンジョイされることを心より願っています。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点