「ふつう」の領域が狭まる時代では、障害をもつひとよりも「ふつう」なひとのほうが少なくなっていく

childhood-2503152_640

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

不登校のひとが増えました。

わたしたちのトークライブにきて声をかけてくれたり、メッセージをくださる方のなかには、発達障害だったり、自閉症スペクトラムだったり、程度のちがいはあれ、なんらかの「障害」と名のつく子どもさんの親御さんも多い。

発達障害だから、自閉症スペクトラムだから、LD・ディスレクシアだから、こんな障害があるから、画一的な学校の形態やリズムとは合わない。

そういうひとがたくさんいます。

いまのところ、たぶんわたしはそのどれにも当てはまらないと思うんですが(診断されたことがないだけかもしれない)、当てはまらないっていうのは、なおさら真性っぽいというか、そっちのほうが「障害」扱いされそうだな、と、
そんなことを、
冗談にしつつ、そのうち冗談にならなさそうな予感もひしひしと感じながら、よっぴーと話した。

 

「ふつう」の領域が狭まっていく時代

時代がゆくにつれて、「ふつう」の領域がどんどん狭まって、ひと昔まえなら「ふつう」の領域で羽をのばしていた子どもたちも、障害の名前をつけられます。

数年前、急激にADHDの知名度が高まって、わたしの友人のなかにも、「自分もADHDだ」と言い出すひとが増えました。

それは友人にとっては救いだったかもしれないし、免罪符のようなものだったかもしれないし、そうやって「自分もそうだ」というひとが増えて、障害が浸透すればある意味「特殊なこと」ではなくなって、生活が楽になるのも確かなことなんだと思うのですが。

でもなんか遠まわりなような、いや、いまの世の中ではきっとそれが近道なんだけれど、
「ちがい」が「比較」になって「評価」になるんじゃなく、「ちがい」以外のなににもならなければ済む話なのにな、と、そのときにも考えた記憶があります。

 

「ふつう障害」の生まれる日

いまの世の中ではわたしに障害はつかないかもしれないけれど、わたしにも苦手なことや得意なことはあって、誰かの助けや力がないと自分ではできないこともあって、ときにはそれが大多数とは「ちがって」いたりして、名前さえつければ、それはかんたんに障害になり得る。

国の定義する「ふつう」に当てはまらない子どもたちを「障害」の枠へ、そのなかでまた分類に分類を重ねて、切り分けて、レッテルを貼る。

でも、行き着くところまで行くところを見てみたいような気もする。

障害をもつひとよりも「ふつう」なひとのほうが少なくなって、「ふつう障害」なる言葉がつかわれたりなんかするようになるところまで。

世の中って、なんでもそうやって回転してきたし、これからも回転していくんでしょうね。
だからこそ、その時世の正しさに固執せずに、ちょっと流されつつも、好きにやりたいなと、そう思ったりします。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です