「責任感のある人」より、「責任がとれる人」のほうがよくないですか?

res

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

「責任感」ってなんだろうか。
責任感があるから責任をとれるってわけじゃありません。

責任をとるなら責任感なんて必要ないのに、なぜみんな責任「感」ばかりを求めるんだろう?

責任感っていうか、そもそも責任ってなに?

「責任感」ってなんだろか、と思った。

「責任感のある子に育ってほしい」とか、「責任感をもって」とか、よく聞きます。
じゃそもそも責任ってなにかというと、こう書いてある。

責任

1 立場上当然負わなければならない任務や義務。「引率者としての責任がある」「責任を果たす」
(デジタル大辞林)

「自己肯定感」もそうだけど、「感」がつくと突然なんだかよくわからなくなる言葉というのは、けっこうある。

なんとなくごまかされているような気になる言葉や、流行る言葉や。

 

責任感なんてなくてもいい

「責任感のある人間」「責任をとる人間」(あるいは「責任がとれる人間」)は、似ているようでちがう。

サドベリースクール(デモクラティックスクール)や、その教育を取り入れた子育てでも、「自由と責任」ということばがよく使われるけれど、ここでいう「責任」は、後者をさしています。

責任感があったって責任をとれなければどうしようもないし、
責任をとるなら責任感なんてまったく必要ない。

むしろ、責任感だけで動かれると逆に迷惑になる、みたいなことってあると思う。
だってそういうのは、ほとんど自己満足だし。

でもみんな、「責任感」を要求している。
なぜだろう?

 

「感」がつくとことばは不透明になる

「感」がつくと突然なんだかよくわからなくなる言葉。
流行り言葉っていうのは得てしてそういうもので、あやふやで「よくわかんない」からこそ流行る

「責任」「自己肯定」も、それってなんだろうかと、自分なりに、そのことばの輪郭や構成を見つけることがわたしは好きだし、そういう行為をするひとが好きだし、好みウンヌンではなく、ホントだいじなことなんじゃないかと思ったりもします。

 

でも「感」とか「的」とかいった言葉がオプションみたいに使われるとき、そんな行為に辿りつきづらくして、ことばを不透明にする。

それぞれに解釈が異なるようなむずかしいことばも、いちど聞いてわかったような、知っているような、そんな気になる。

で、「責任」は不透明なビニール袋に入った状態で手渡されて、人びとのあいだを回って流行って、いずれ廃るときにはみんな「責任がとれる人間」になっているかというと当然そんなことはない、ということになります。

もちろん、流行りなんてそんなものですけど、流行りは流行りとして乗っかるくらいの主体性はもっていたいな、と思う。

 

「自由と責任」って、誰のはなし?

ちょっと余談。
「自由と責任」という言葉について。

これは、いまとなってはもう自己満足のための言葉だな、とこのごろ感じます(少なくとも、明確化して強要するようなものじゃなく、言葉にせず育むようなものじゃないかな、と思う)。

たとえば子どもがなにかを選ぶときに、なんとなくこの「自由と責任」というやつを持ち出して、「かわりに」と条件をつけたり、なにがあっても自分で尻拭いをしろ、みたいなことを強要する家庭もわりと多くあるみたいなんですが、あれってなんか言葉に乗っ取られているみたいで、あんまり好きじゃない。

親子っていうのは、人間どうしという点で対等でありながら、利害とか善悪とか、感情とかを一切抜きにして、相手に甘えたり頼ったりすることができる、唯一の存在だと、わたしは思っています。

だからこそ、相手じゃなく、自分に責任を求めていたい。自由だって、じぶんのものだし。

 

今日の本

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND / 渡辺 健介

どうやって考え、行動するか。
ベストを尽くす方法がわかる。

ベストセラー『世界一やさしい問題解決の授業』著者、渾身の第2作!
論理思考、情報収集、価値判断、決断と実行……どこで何を考え、どんなツールを使うのか?
世間の常識に流されずに、考え抜き、行動する力が身につく。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です