「不登校でゲームしかしないんです」と親は言うけど子どもはゲーム以外のこともしているよ。

2D2B25C5-35DA-40EC-9AEA-6645A972945D

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

ある物を探していたら、ひょんなところから、息子お手製のポケモンカードが出てきました(トップ画像)。

そういえば作ってたなあ〜、なんて振り返りながら当時のことを懐かしんでいて、ふと思ったことがあります。

それは、「不登校でもいいけど、家にいてもゲームしかしないんです」といった親御さんの声について、です。

 

抑々論

「不登校でもいいけど、家にいてもゲームしかしないんです。どうしたもんでしょうか…」といったご質問をよく受けます。

そのたび、こ〜かな、あ〜かな、と、答えさせてもらってきてたのですが、 息子 が作ったポケモンカードを見ながらね、ふと、思ったことがありました。

 

子どもさんはゲーム以外にもやっていることがあるんじゃないのかな? って。

親自身が善しとおもう事柄をしていないだけなんじゃないのかな? って。

 

将来への不安解消法のために

親自身が善しとおもう事柄。これって、「学校の勉強」だと思うんです。

もしくは、親がやってほしいと望んでいる(または許可を下せる)スポーツや、マインドスポーツ(将棋や囲碁等)など。

はやい話が、「何かになる(何かになれる)ため」のもの。

もっと噛み砕いて言えば、将来、大人になったときに失敗せず、「人並みに稼ぐ」ということがイメージできる事柄です。

 

失敗は「恐怖」と植え付けられる

わたしたちが受けてきた教育には、常に目標があったじゃないですか。目標を持つことが大事とされて、達成のためにすべきことをさせられてきました(2018年になった今も同じですが)

多様な教育の価値観を知る機会もなく、その結果、なにが好きかもわからず、自分をいきることの楽しみ方さえわからなくなってしまうほどに。

 

とにかく目指すは、将来、 失敗しないこと!

 

達成できないことや失敗することは恥であり、なんとしても避けるべきことだと思い込まされています。

失敗したらダメなんです。

だから、なんの得にも銭にもならない(と親は思っている)ゲームばっかりしている場合じゃない。。。と不安になってしまう。

 

(余談ですが)デモクラティックスクール・サドベリースクールの毎日

デモクラティックスクール・サドベリースクールに初めて見学に行かれた方のなかで、子どもたちは一日中、「遊んでいるだけといった感想をもたれる方は少なくありません。

実際ホントにね、子どもたちは一日中遊んでいるから、「遊んでいる」に見えて当然なんですね。

デモクラティックスクール・サドベリースクールの学校には、先生や授業はなく、チャイムさえも鳴らないんだし。

ただね、「遊んでいるだけ」ではないのです。遊んでいる」んです。

 

遊びこそ学びのすべて

息子がこのポケモンカードを作っていたころ、彼の大の苦手は、絵を描くこと、そして、色を塗ることでした。

笑っちゃうでしょ。

それなのに、その大の苦手を151枚(当時いた151匹のポケモンぜんぶのカードを)作ってたんですから。ポケモンゲームをするために。

 

「遊んでいるだけ」としか見えない頭で見れば、ゲームしかしていない… になるのかもしれないけれど、子どもは「遊んでいる」のです。

子どもには学ぶ本能があるんだから、何をして遊んでいても、能力は育ちます。

 

教育は誰のためにある? 誰のための教育なのか?

2016.08.05

 

教育の出発点

せっかくね、学校に行かないで家にいるんだから、

数字なんかに縛られないで、

失敗を排除しようとしないで(失敗を恐れると学ぶのが下手になる)、

子どもの感性に添えばいい。

 

子ども自らがやりたくてやっていることは、その子にとって、もっとも大事なものが含まれています(これ、絶対にそうだと思ってるんです)

わたしたち大人とちがって、利己的ではない子どもは、学ぶのが上手いよ。

ゲームしかしていないかどうか、頭をやわらかくして、ちょっと見てみ?

 

To create is to destroy(創ることは壊すこと)

↓↓ 「今日の本」でご紹介している『WRECK THIS JOURNAL』の本ね、すっごくおもしろい!!

ページごとに様々な「破壊方法」が書いてあって、その指令に従って、本を汚したり、破ったり、はたまた、貼りつけたりして、その「破壊」と共に完成する本で、

頭をやわらかくするのにもさいこうです。

自由な発想をとりもどして、子どもとあそぼ♬ 自分とあそぼ♬

 

今日の本

WRECK THIS JOURNAL/Keri Smith

累計570万部突破! 世界中で話題沸騰、まさかのベストセラー大旋風を巻き起こしている「破壊日記」こと『レック・ディス・ジャーナル』がついに日本上陸です!
本書はページごとに与えられる“むちゃ振り”の「お題」に対して、アイデアと創作力と、ときに勇気を駆使して答えていくユニークな書き込み式の本。
用意するものはまず「面白いアイディア」。そしてペン、そしてチューインガム、ごみ、写真、マッチ、ボンドなどなど。本がメチャクチャ、ボロボロになったときがゴールです。
“切ったり” “描いたり” “踏みつけたり“ そして時には “舐めまわし” たり… やりたい放題しながら子供ゴコロとクリエイティビティを思う存分発揮できる新しい形の本、それが『レック・ディス・ジャーナル』なのです。

例えば……
「このページを凍らせろ! 」というお題のページ、あなたならどうする?
「水で濡らして本当に冷凍庫に入れる」⇒正解!
「寒いギャグを書きまくる」⇒正解!!
「アナ雪のオラフを描く」⇒正解!!!
どんな答えも正解ですが、アイデアとセンスを駆使して、誰も思いつかないような面白いページを創ると、ますます楽しさが広がります!

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です