「不登校は甘え」は本当だった。で、甘えのどこがいけないんだろう?

amae

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

わたしはこれまで「不登校は甘えじゃない」と思っていましたが、ふと「甘え」の意味を考えて、案外「不登校ってたしかに甘えかも」という気になりました。

だとすれば、甘えのどこがいけないんだろう?  「甘えてる」と指をさされて、傷つく必要なんてあるだろうか?

「不登校は環境に甘えている」?

おおきく、おおざっぱに、おおまかに分ければ、いまの世の中には「不登校は甘え派」「不登校は甘えじゃない派」がいるといえます。

不登校における「甘え」というと、「頑張れば行けるけどそれはしんどいから、行かないことを受容してくれる環境に甘えている」みたいな感じでしょうか。

わたしは長らく、自分のことを「不登校は甘えじゃない派」だと思っていたんですが、ふと、そうじゃないことに気づきました。

甘えって(いくつか意味があるけど「不登校は甘え」に当てはまるものでいうと)、相手の好意を受け入れるとか、あてにするとか、そういう意味らしい。「お言葉に甘えて」とか言いますね。

この意味は、わりとすこし、履き違えられているような気もします。

 

子どもは親の価値観にさからえない

たとえば、親もとを離れて、自分ひとりの収入で生計を立てている会社員が「会社へ行きたくない」と出社を拒否することと、
親もとで暮らし、養われ、どこへ行くにもなにを買うにも親を介する子どもが「学校へ行きたくない」と登校を拒否することは、同じではありません。

行きたくない気持ちはおなじでも、前者なら(基本的に)親の許可を必要とはしないし、どういう行動を取るにせよいわゆる「自己責任」とか「自業自得」みたいな言葉を向けられます。

でも後者の場合は、本人の世界はまだ親の価値観と判断によってつくられていて、許可は必要だし、許可の出ないことはできないし、つねに(親にとって)正しい道を押しつけられる、そういうことが、ほとんどです。

つまり、学校へ行きたくないけれども行かなければならない子どもと、行かないことができる子どもとを分けるのは、親の価値観、ということになります。

 

わたしのやってきたことも「甘え」のひとつ

わたしの場合は、母親である よっぴー が、子どもが学校に行かないことになんの抵抗もない、行くも行かないも同じ、という考えでした。

だから、小学校一年生で学校へ行きたくなくなったとき、そのままわたしは行かないことを選べたわけです。
そのまま、中学・高校も行かず。

これってたしかにある意味、「甘え」じゃないですか?

実際には、わたしたちの関係には「許可する/しない」とか、「認める/認めない」みたいなものは存在しません。

でも、そういう関係をもった親子のあいだに感情とか価値観の相違があれば、幼いうちは、子どもは親の感情や価値観にそって行動するほかない。
だから、学校には行かなければいけないと言われたら、行くことしか認められなければ、やっぱり行かざるをえない。

学校へ行かないことについて、わたしはよっぴー(母親)に「お伺い」みたいなものをしたことはないので(勝手に登校をやめることに決めて帰った)、正確ではないかもしれないけど、
ある見方をすれば、わたしは、よっぴーの考えをありがたく受け取って、そのまま学校へ行かないことにした、ということになります。

これを「甘え」だと指摘されても、わたしはまったく嫌な気持ちになりません

 

「甘え」や「いけないこと」と言いたくなる理由

そもそもどうして「甘え」という言葉が湧き上がってくるのかというと、ただ単純に、うらやましいからです。

学校を楽しんでいるのであれば、学校に行きたくない、という相手には「甘えてる」とか「それはいけないこと」とかじゃなく、「なんで? こんなに楽しいのにもったいない」みたいな気持ちになる。

でも、そうじゃない。自分もそうしたいけど、環境が許さなかった。
うらやましくて、妬ましいけれども、それを認めたくもないし、自分は「できなかった」側の人間ではなく、「大変なことを頑張った」側の人間であることにする。

そして、みんな「自分のように苦労するべき」で、がんばれないやつは「甘え」ていて、「ろくでもない人間にしかなれない」ということにする。

もちろんほんとは、それだって劣るようなことではなくて、甘えることが優れているわけでもなくて、どちらも自然です。

 

「甘え」のなにがいけないのか?

「甘え」の話に戻ってわたしが思うのは、「甘えのどこがいけないのか」ということです。

「◯◯は甘え」とかって、甘えはいけないこと、という風潮があって成立している。
がんばらないことはいけないこと、っていう、あの風潮でもあります。

「逃げ」「サボり」なんかもそうですけど、逃げることのなにがいけないのか、わたしはいまだに自分が納得する答えを見かけたことがありません。甘えも、そう。

「頑張れば行けるけどそれはしんどいから、行かないことを受容してくれる環境に甘えている」で、全然かまわない。

だって、頑張らなきゃいけないことなんてないし。
それぞれに「がんばりたいこと」「甘えたくないこと」はあるかもしれないけど、みんな揃って、甘えず、かならず頑張らなきゃいけないことなんて、ひとっつもありません

「甘えてる」と指をさされても、そっくり肯定すればいい。
信条に反するのでなければ、わたしは、甘えられることはありがたく甘えておきたい。

甘えられるって、めちゃくちゃラッキーなことです。

 

今日の本

「甘え」の構造/土居 健郎

「甘え」が失われた社会に「甘やかし」と「甘ったれ」が蔓延している。変質しつつある日本社会の根底に横たわる危機を鋭く分析した書下し論考<「甘え」今昔>を加えた増補普及版!
—-いまこそ読まれるべき不朽の名著

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です