「不登校」が不安ではなくなった一冊、パウロ・フレイレ『被抑圧者の教育学』を読んで①

am3こんにちは、AI-am(アイアム) よっぴー です。

被抑圧者の教育学――50周年記念版』(パウロ・フレイレ著/三砂ちづる訳)を読みました。

 

『被抑圧者の教育学』は、1968年に発表されたブラジルの教育思想家、パウロ・フレイレ(1921-1997)の代表作。

世界中の多くの言語に翻訳されていて、日本では1979年に英語版からの翻訳(小沢有作さんの翻訳)が、

2010年にはポルトガル語から翻訳された『被抑圧者の教育学―新訳』(三砂ちづるさんの翻訳)が刊行された。

で、版を重ね、読み継がれている『被抑圧者の教育学』が、昨年は50周年記念版として出版された。

 

新訳とくらべたとき、この50周年記念版には、

ドナルド・マセドのまえがきや、アイラ・ショアのあとがき、同時代の学者さんたちへのインタビューが新しく付け加えられていて、なんとも贅沢な読みごたえでしたー。

 

「不登校」が不安ではなくなった一冊

もう20年ちかく前になるけど、息子が学校に行かなくなった当初、

学校ってなんだろう? とか、

教育ってなんだろう? と考えるようになり、

毎日、図書館にこもって、教育の本を読みふけってたんですね。

『被抑圧者の教育学』はそのうちの一冊で、「不登校」が不安ではなくなった一冊でもありました。

 

当時読んだのは、小沢有作さんの翻訳のほうで、

学校の与える学力中心の教育が、非人間化の過程となり、抑圧の強化をもたらしたことを指摘したこの『被抑圧者の教育学』を夢中で読んだものでした。

 

のちに新訳が出て、そちらも読んで、

里見 実さんが書かれている『 パウロ・フレイレ「被抑圧者の教育学」を読む 』 も読んでしても、

『被抑圧者の教育学』は読み進めるのが難しい本ではあるんだけれど、

今回、50周年記念版が出てるのを知って、再度、ふむふむ唸りながら、読みましたー。

 

不朽の名著ですね、ほんと。すごい本だ。

 

目次

目次は、まえがきや序章のあと、

第1章 「被抑圧者の教育学」を書いた理由

  • 抑圧する者とされる者との間の矛盾 ― それを乗り越えるということ
  • 明らかな抑圧状況と抑圧者について
  • 明らかな抑圧状況と被抑圧者について
  • だれも他人を自由にしない、だれも一人では自由になれない ― 人間は交わりのうちにしか自由になれない、ということについて

 

第2章 抑圧のツールとしての “銀行型” 教育

  • 問題解決型の概念と自由と解放のための教育
  • 「銀行型教育」の概念、そして教える者と教えられる者との矛盾について
  • ほか

 

第3章 対話性について―自由の実践としての教育の本質

  • 対話的教育と対話
  • プログラムの内容の探求から始まる対話について
  • ほか

 

第4章 反‐対話の理論

  • 反‐対話的な行動の理論とその特徴について
  • 対話的行動の理論とその特徴 ― 協働、団結、文化的文脈の組織化
  • ほか

 

からなり、あとがきやインタビュー等がつづきます。

 

自由への恐怖

抑圧する者とされる者との間の矛盾の冒頭、抑圧者の暴力は、抑圧者自身をも非人間化していく。からはじまる一章では、

本当の寛容と、偽りの寛容のことが語られ、偽りの寛容を装う抑圧者の態度には愛の不在が隠れていること、

また、「自由への恐怖」について詳しく書かれています。

 

はじめて読んだときにおもったんです。

➖ 抑圧する者と、抑圧され(てい)る者。。。

あんな親にはなりたくないなんておもっていたのに、そんなあんな親になっているのとおなじだなあって。

不登校をゆるせないのもそう。

学校の先生にきちんと言えないのもそう。

何が怖いのか。

なぜ、自由への恐怖が生まれるのか。➖

 

パウロ・フレイレは「被抑圧者は自由を怖れる」とし、被抑圧者が人間となるための重要なことを、本書で徹底的に究明していきます。

 

また、フレイレは、従来の教育を「銀行型教育」と呼ぶんですね。

そういった教育ではなく、今、必要なのは、問題解決型教育であると明言しています(1968年に!)

 

※ とっても長くなりそうなので、何回かにわけてUPしていきます。

 

今日の本

被抑圧者の教育学――50周年記念版/パウロ・フレイレ(著), 三砂ちづる(翻訳)

解放の教育学はこの本から始まった ―― 不朽の名著いま、再び!
1979 年の刊行以来、増刷を重ねてきた教育関係者の必携書! !
初版発行から50年を経た今、大幅増補を加え50周年記念版として刊行。
教育の視点から「抑圧の文化」に対峙する視点を提示する。
世界中で読み継がれている教育思想と実践の書であり、常に新しい読者を獲得してきた信頼の一冊。
初版刊行50周年を記念し、チョムスキーなど世界の碩学がオマージュを寄せた決定版!!

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です