自己肯定感が低い原因はなにか?高める前に自己肯定との違いを知ってみよう




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

辞書で「自己肯定」と「自己肯定感」を調べると、次のように載っていました。

自己肯定

自らの存在意義や価値などに関する積極的な評価、自己評価することなどを指す表現。

出典:実用日本語表現辞典

 

自己肯定感

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。

出典:実用日本語表現辞典

 

なんだかわかるようで、わかんない(笑)

まあ早い話が、「自己肯定」というのは、“自分は大切な存在だ”、“自分は価値ある人間だ” 、ってことですよね。

「自己肯定感」は、そうおもえるかどうかの 感情

 

うぬぼれに過ぎない 優越「感」や、劣等「感」といっしょで、この感情ってやつは曲者です。

 



自己肯定感が低いのはなぜか?

“自分は大切な存在だ”、“自分は価値ある人間だ” と、強く思えれば自己肯定感は高く、あんまりそう思えないときは自己肯定感が低い(下がる)ってこと?

どう思っても(感じても)、価値ある人間であることに変わりはなく、存在の大切さは、いつどんなときだっておなじ なのに。

 

それなのに、なぜ、「自己肯定感が高い」だったり、「自己肯定感が低い」だったりするのか。

その原因はなにか。

 

自己肯定感を高めるにはどうしたらいいか?

「自己肯定感が低いんです」

「こどもの自己肯定感を高めるにはどうしたらいいでしょうか?」といったご質問をよくいただきます。

「いまがんばらないとあなたが将来困るのよ」、そう言われ続けてがんばってきたこどもの肯定感を上げるために、親は相談をする。

学校を行きしぶるようになって休みがちな我が子に、なにをどう言えばいいかわからなくって、相談をする。

 

このとき、仮にわたしたちが、

「そんなのだいじょうぶですよ。まりんさんなんて勉強もいっさいしていなかったし、小学校も中学校も高校も行っていないけど、ちゃ〜んとおとなになりましたよ」。

「学校に行かなくても別にかまわないのですが、友だちがいなくて……」「そんなのだいじょうぶですよ。まりんさんもいなかったですよ」。

「うちの子、外に出たがらず運動不足が心配で……」「そんなの心配いらないですよ。まりんさんなんていまだ運動していないけど健康体ですよ」。

などと答えたら、安心するのだとおもう。

 

けど、その安心は、安心「感」にすぎないじゃないですか。

これが肯定感「感」です。

「感」は、効き目が数時間から数日、数ヶ月、あるいは特定の場所でしか持続しません。

 

自己肯定

自己肯定は、感じて、考えて、判断して、行動にうつしたときの(感じてから行動するまでの間が1秒のときもあれば、1時間、1日、1年、、もある)

からだの内からわきあがってくる何か(はつらつさだったり、達成したよろこびだったり、静けさだったり、哀しみだったり…)が、

自分と逢う” というか、“自分をかんじる” というか、そんな感覚に触れさせます。

 

その感覚が積み重なっていくと、いつだって自分のなかには自分( ← ややこしいので、この自分は、以下「自分さん」と呼ぶ)がいることを知り、自分さんを味わうことができる。

自分さんと自分が遊離せず、自然と、自己を肯定しているひとになります。

 

自己肯定が崩れていく過程

はじめ、自分と自分さんは遊離していなかったけれど、生まれて1年ぐらい経つころから(人によってはもっと前から)、なにかをやろうとしても「あぶないよ」とか「ダメよ」と否定されはじめることで、わたしたちは「自己肯定」を崩されていきます。

ときには、なんでも勝手に(親の価値観や好み、都合で)選ばれて。

ときには、人格まで否定されながら。

 

感じて、考えて、判断して、行動にうつした言動は、しょっちゅう怒られるんですよね(否定される、または干渉される)。

そうなると、ハートがキャッチした「やりたい!」が、「でも、怒られるよなあ。やめておこう…」となっていきます。

そうやって、だんだんと自分と自分さんが遊離していきます。

 

自己肯定「感」の誕生

自分から遊離していく自分さん。この自分さんに一日でも早く気づけて 自身の尊厳を守ったひと や、

思春期ごろになって、怒られないように、いわゆる「いい子」になる(外部から自分を守る)のではなくて、いわゆる反抗期に、反抗することによって自分から遊離していく自分さんを繋ぎとめ、守ったひとは(かつ、親のほうが これまでの自分を省みた親をもつひと は)、

一度は親に「自己肯定」を崩されても、ふたたび自己を肯定できる のでは、とおもいます。

(おとなになってからも、もちろん取り戻すことができます。なんたって、それがおとなの特権でもあるんだから!)

 

けれどそうじゃない場合に、(たとえば正解や安心を)外側に求める場合、自己肯定「感」になる のではと考えます。

 

自己肯定「感」は他者評価

このとき、自分と自分さんはすっかり離れちゃっているので、感じて、考えて、判断して、行動にうつしたときに出逢うのは、他人の目です(他者からの評価)。

というよりむしろ、怒られないかな、なにか言われないかな、嫌われないかな、間違わないかな、、と他者からの評価がこわくなり、自分さんの言う通りに 感じて、考えて、判断して、行動にうつす なんてことが、なかなかできなくなっています。

 

自己肯定「感」がもろく、上下するのは、求めた正解や安心が、外側、つまり、誰かのものだからです。

 

自己肯定「感」が低いと、たとえば目の前にあらわれた問題(不安)を、手のひらに乗せて、いく日も、いく日も、じわ〜と眺めていたり、おふとんの中にいれてあげたり、そんなことはできないじゃないですか。

本来なら、自分さんにひきこもって味わえるときなのに、

そんなことは耐えきれなくて、自己肯定「感」の高いひとのもとへ走って行って、正解を求めちゃうんですよね。

 

自己肯定「感」の高いひとはやさしいから、自分が欲する言葉をかけてくれるし、褒めてくれます。

そうして、そこで安心してしまう。

 

日本の子ども・若者の自己肯定感

日本の若者の「自分自身に満足している」「自分には長所がある」といった自己肯定感は、諸外国の若者と比べて低いことが報告されています。

下の図表は、内閣府が平成30年度(2018年)に実施した、日本を含め7カ国の13〜29歳の若者を対象とした意識調査の結果です。

 

「そう思う」または「どちらかといえばそう思う」と回答した者の割合が、諸外国の若者と比べて圧倒的に低くなっていることに加え、

「自分自身に満足している」「自分には長所がある」のどちらも、平成25年度の調査時から、ますますもって低下していることがわかります。

 

 

 

 

また、文部科学省における学年別の自己肯定感を調査した結果 が、下の図表です。

「高い」「やや高い」の割合が、小学校では 4、5、6年生いずれも5割を超えているのに対して、中学校2年生で極端に低下し、年齢が上がるにつれ、自己肯定感が低くなっているのがわかります。

 

 

※ 次回、ここ詳しく書きます。➡︎ 書いた:)  ↓↓↓

文科省の「子どもの自己肯定感を高める方法」にご用心!

 

哀切を軸にした「私」と再会しよう

起きる時間や食べるもの、着るもの、おもちゃ、遊び、遊ぶ場所、読む本、テレビ番組、時間の使いかた(一日の過ごしかた)、etc…。

他者(であるこども)の、ひとりの人間(であるこども)のアレコレを、どうして親が決めるのだろう?

 

とんでもなく貴重な動画を載せた 前回の記事 で、デモクラティックスクール(サドベリースクール)のスタッフが話す本質もここです。

 

余談だけど、

よっぴーまりん親子による共著『不登校になって伸びた7つの能力』で、まりんさんが書いた7つの能力、「学力」「行動力」「自己管理力」「コミュニケーション力」「集中力」「自己肯定力」「考える力」。

このうち「自己肯定力」については第7章で書いているのだけど、その章には、“自己肯定力” はもとより、“自己肯定” や “自己肯定感” といった言葉がいちども出てこないの。

書いた本人は気づいていなくて、わたしのほうが先に気づいて、「おもしろい〜」ってふたりで大笑いした。

 

 

感じて、考えて、判断して、行動にうつしたときに出逢う「私」は、ほんとうに、ほんとうに、大事。

こどもの肯定力を高めたいのなら(高めたいわけじゃなくても)、まずは、親が「私」を取り戻そう。再会しよう。

人間の生は哀切を軸に成り立っているとおもうから、痛みを肯定するところからなんですよね。

肯定しやすいも否定しがちなところも、ジャッジしないでぜーんぶ含めて、今の自分を受け入れてあげよう。

 

どうやったらいいのか、受け入れ方は、こちらの記事で書いています。↓↓↓

子どもの自己肯定感が高くなるために必要なのは、親の自己受容

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点