人の生き方を自分自身の問題として捉えることなくして子どもを教育することは難しい




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)の
よっぴー です。

 

子どもとの暮らしで、やさしさとはなんですか? 教えなければならないことはなんですか? 教えちゃいけないものはなんですか?



やさしいのはだれですか?

行列のできる月末の銀行で、ATMを並んで待っていたときのことです。

わたしの前に、お母さんと並んでいた3歳ぐらい? の男の子が、何気にふっと振り向きました。とっさにわたしは、「ああ、来るな〜」と心の内で構えます。予感はあたりました。

男の子は「えっ?」って感じで、再度振り返ってわたしをみて、大慌てでこう言いました。
「おばちゃん、鼻から血がでてるぅ!」

男の子の発言に、その子のお母さんも振り返り、わたしを見ます。そしてお母さんは、男の子にこう言います。
「こらっ! そんなこと言うたらあかんの!!」

それから、すかさずわたしに、「すみません……」と。

 

わたしは、 口唇口蓋裂 という疾患をもって生まれてきていて、鼻の下から くちびるの間を縦に、縫った痕があります。

わたしの場合、縫った痕の皮膚は、ミミズのように赤いんですね。なので、ちょくちょくこのような「鼻血でてるぅ!!」とか、「それ、どうしたん?」と言われる場面はあります。

声には出さない2度見、3度見なら、しょっちゅうです。

やさしさとはなんですか?

そのたび、わたしはおもうのです。

これは障害を容認している人限定かもしれませんが、ただただ好奇心から発した「どうしたん?」や、良心で言った「鼻血でてる」の言葉には傷つきません。

そこに愛があるかどうかは一瞬でわかります。「知りたい」という純真さは伝わります。

 

悲しくなるのは、その横に居る人の、「こらっ! そんなこと言うたらあかんの!!」の常識なんです(「そんなこと言うものじゃないですよ」と、上品に、穏やかに、優しく言うのも一緒ですよw)。

そう言ってしまう、その常識は認識しています。

だから、その人にはなにも言いません。つうか、なにも言えません。遠慮とか、いざこざになるからではなく、それがその人だからです。

そして悲しくなるのもまた、わたしがわたしだからです。そのうえでの話です。

 

子どもの学びを奪わないでほしいのです。奪っていることに気づいてほしいんです。

子育てとはなにか、教育とはなにか?

見る、聞く、触れる、嗅ぐ、味わうといった五感で感じた興味、自分の身体をとおして感じた関心事を、子どもたちと共に感じ、考え、学ぶことが大切なんだとおもっています。

その学びの芽をつめば、花は咲きません。

 

芽をつむということは、つまりは社会が持つ(社会に持たされている)価値観に乗っ取られてしまうということです。

障害のある人たちを、自分自身とは「別の世界の人」と捉え、「かわいそうな人たち」にしてしまいます。

己の不自由さに気づかずに、子どもの自由をも奪い、選別を教え、「普通」という枠組を設けてしまいます。

 

命の大切さや、「みんなちがってみんないい」の尊さなどというものは、暮らしのなかで育むものです。学校で教わるものではありません。命の大切さや、尊さは、実感「させる」ものではないのだから。

人の生き方を自分自身の問題として捉えることなくして、子どもを教育することは難しいです。

おとなは、子どもにとっての重要な環境であるということを自覚しなければならないのではないでしょうか。

おじいちゃんといっしょ

わたしは、男の子に言いました。

「鼻血が出てるとおもったんだね。教えてくれてありがとう。これはね、こーこーしかじかで縫った痕なの」

すると、自分のことをカイトと名乗るその男の子は、こう言います。

「カイトのおじいちゃんもなぁ、お腹に縫ったんあるで。いっしょやなあ」
「えーそうなの。いっしょやな」
「うん。おじいちゃんはな……」

ATMの順番がくるまで、カイトくんとのおしゃべりはつづきました。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点