学校に行かない権利。「ただ学校に行かないだけ」の極み。

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s

am3AI-amの吉田 晃子です。

学校に行かなくてもノープロブレム。心地いい場所で過ごしましょう♪ 担任の先生とのやりとりと、小学校に行くのをやめた人の発想を書いています。

 

毎日Happyに過ごされていますか?

入学、進級から、ひと月が経とうとしています。
すでに小学校、または中学校に行くのをやめて、毎日Happyに過ごされている子ども、親もいらっしゃることでしょう。

うちの娘も、小学校には魅力を感じなかったので、公の学校に行くことをやめた人でした(のちの中学校、高校も魅力を感じなかったので行っていません。大学には魅力を感じたので行っています。2016年4月現在、大学3回生)。

 

二重学籍

ああでも、「やめた」といっても、学籍は公の学校に残ります。

娘の場合は公の学校には行かないで、6歳から デモクラティックスクール(サドベリースクール) と呼ばれるオルタナティブの学校に行ってましたが、義務教育期間は、もともと通うことになっている学校に籍をおいたまま他の学校に通うことになります。

 

学校に行かなくても、卒業はできます

卒業証書や、進路の書類も学籍のある学校から出ます。

※学校(小学校、中学校)に行かなくても、卒業はできます。
関連記事→不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

 

特別家庭訪問

学籍は公の学校にあるので、進級のたび、担任になった先生が自宅に来られました。始業式の日に来られた先生もいたし、数日後の先生もいました。どの先生も、4月にある家庭訪問の時期よりは先ってかんじでした。

小学校のときはどの先生も、進級したときの1回だけではなく、以降も3月まで1年を通してかなりの回数来られました。だからお会いする機会はうんと増え、気心が通じる間柄となりました。

中学校のときは3年間1度も、だれも来られませんでした。なので何組なのかさえも知らないまま^^ 卒業式をむかえました。卒業まじかのころに「卒業式どうする? 来る? 来ない?」と最初で最後の電話がありました。ちなみに娘は卒業式に出ていません。

 

来訪してくださったそのときに、お話ししていたこと

  • プリント類はこまめに持ってこなくていいです、ということや、クラスの子どもに託すのはやめていただきたいこと。
  • ご訪問の際は前もっての電話はいらないので、先生の気が向いたときや、ご都合のいいときに、直接来てくださいと伝えていました。そのかわり、わたしたちも居ないときはあるから、そのときは堪忍してください、などをお願いしていました。

それと大切な一言

  • 「子どもの学びを奪う権利はだれにもないとはいえ、子どもの学びを守ってくださる先生に感謝しています。ほんとうにありがとうございます。いまはデモクラティックスクール※1で学んでいますが、明日「今日から学校に行く」と言うかもしれません。そのときはどうかよろしくお願いします」と言ってました。

※1「デモクラティックスクール」のところは、フリースクール等に行っているのであれば、そのスクールを言えばいいとおもいますし、どこにも行かず家なら「いま学び舎は家がメインですが」と言えばいいとおもいます。どこでも学校、だれでも先生!! なのですから。

 

忘れられないエピソード

小学2年生のときの担任の先生は、「学校だけが学びの場ではない。その子がその子として生きていくことが大事」という考えの方でした。

3年生のときの担任の先生は、「なんとかして学校に戻そう」と考えられている方で、あの手この手をつかって頑張っておられました。

その先生と娘とのやりとりで忘れられないエピソードがあります。それをご紹介させてもらって、この記事を終わりたいとおもいます。

 

担任 「今度の日曜日、参観があるの。まりんちゃん、日曜日は学校(スクール)休みだよね?」

 「うん休みだよ」

担任 「まりんちゃんが参観に来てくれたら、先生うれしいなぁ」

 「え゛ーーー!! 1時間も後ろに立ってんのん、しんどいやん!」

そりゃ 言えてる!
って、、、
いや、おい、そっちかよ! 参観する側かよ!?

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です