心は自分という人間を作るヘソだから何よりもいちばんに心が大切。

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

LINE@ へのご質問、ありがとうございました! ↓↓

好きな部活だけど、学校に行くといじめられるのと
大好きな部活を辞めて、心が安定できるフリースクールに行くの
どっちがいいと思いますか?
ちなみに中学2年生です。
ブログで取りあげてくれると嬉しいです。

今回はこちらにお答えしますね。(いつも LINE@ へのメッセージをありがとうございます)

 

心の安定、安心が最重要

[box class=”pink_box” title=”その1″]学校に行くといじめられるけれど、大好きな部活がある

 


だから

 

いじめられるけど学校に行く

[/box]

 or

[box class=”pink_box” title=”その2″]大好きな部活を辞めなきゃいけないけど、学校に行くといじめられる

 


だから

 

心が安定できるフリースクールに行く

[/box]

 

 

どっちがいいと思いますか?

 

その2の、心が安定できるフリースクールに行く がいいとおもいます。

 

LINE@ は、よっぴーまりん、ふたりで読ませていただいていて、わたしもまりんさんも、こたえは同じでした。

 

なによりいちばん大切なものだから

なぜ、「心が安定できるフリースクールに行く」のほうがいいとおもうかと言うと、

 

なにより大切だから。

 

いちばん大切だから。

 

 

いちばん?

なにより?

 

そう、いちばん、なにより。

 

頭よりも、成績よりも、勉強よりも、学校よりも、身体よりも、健康よりも、太ってる・細ってるよりも、友だちよりも、(おとなだったら仕事やお金よりも)、

心は自分というにんげんを作るヘソだから!

 

地球そのものがなかったらわたしたちは生きていけないように、心がなかったらわたしたちは「わたし」を生きていけない。

その「わたし」(心)が不安だと、現実を不安と感じます。

 

選択はひとつじゃないし、固定されてもいない

いただいたメッセージを読むかぎりでは、学校に行くといじめられるけれど、部活ではいじめられていない、ってふうに読めるので、

部活ではいじめられていないんであれば、

心が安定できるフリースクールに行って、部活もつづけたらいいやんっておもいました。

 

どちらかいっこにする必要なんてないですからね。

 

 

中学校(または、小学校/高校)の授業や給食、掃除、休み時間、行事等には行かないで、学校の部活とフリースクールに行っている人はいます。

 

中学校(または、小学校/高校)には適当に行って、フリースクールにも適当に行って、部活は毎日行っている人もいます。

 

学校(小学校/中学校/高校)で受けたい授業だけ受けたり、給食だけ食べに行ったり、逆にみんなでごはんを食べるのはイヤだから4時間目で学校を出て、帰る人もいます。

 

4時間目で学校を出て、そのあとフリースクールに行っている人もいます。

 

いったん帰って、ふたたび部活に向かう人もいます。

 

学校(小学校/中学校/高校)行事等には出て、普段はフリースクールに行っている人もいます。

 

学校(小学校/中学校/高校)は毎日行くと疲れるから週2回にして、残りはフリースクールに行っている人もいます。

 

学校(小学校/中学校/高校)やフリースクールは行かないで、部活に行く人もいます。

 

学校(小学校/中学校/高校)やフリースクールは行かないで、部活もしていない人もいます。

 

 

とにかくいろいろ。

心が安定するものを、好きなものを、全部チョイスすればいい。

 

 

学校(小学校/中学校/高校)やフリースクールは行かないで、部活に行っていた人が、フリースクールに行くようになり、そのフリースクールでサークルを作ったり。

 

フリースクールに行くことで異年齢の人と交流するようになり、同級の人たちがつまんなくなって、 & 部活がつまんなくなって、民間のクラブ(おとなの人がいるところ)や習い事、教室に行くようになったり。

 

昨日の LINE@ で紹介した映画じゃないけれど、 “CHOOSE LIFE” です。

 

自分を護る力

友だちもなんだけど、

(友だちのようには離れられない)親にね、荒々しくつらいことや、理不尽なこと、暴言等をはかれたときはもちろん、

表面上はやさしい口調で、言葉のウラで責められたとき(たとえば「明日は学校どうするの?」とか、「そろそろがんばってみたら?」とか言われたとき)など、

どうか、どうか、自分の心を護ってくださいね。

 

どうやって護るのか。

自分の限界を相手に伝えることです。

あなたの限界に関心を持たないに、我慢をしてはいけないからね。

他人(親も含む)の感情のゴミ捨て場になってはいけないからね。

 

自分のヘソとつながっていること。

人には自分を護る力があるんです。