不登校と放送禁止になった泉谷しげるの『黒いカバン』と支配服従関係

travel-2335026_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

好きなアルバムって、何回も、何回も、聞くじゃないですか?

歌詞も覚えてさ、「知ってる」の一曲になる。

それなのに、ある日、新たに衝撃を受けるときってありませんか? 何回も聞いて知っていたにも関わらず。

1972年にリリースされた泉谷しげるさんのセカンドアルバム『春夏秋冬』を久しぶりに掛けていたら、4曲目の『黒いカバン』の歌詞に、どえらく反応してしまいました。

 

『黒いカバン』歌詞

『黒いカバン』の歌詞

『黒いカバン』の歌詞

 

歌:泉谷しげる
作詞:岡本おさみ
作曲:泉谷しげる

黒いカバンをぶらさげて歩いていると
おまわりさんに 呼びとめられた
おーいちょっとと彼は言うのだった
おいちょっとというあいさつを
くれたことがなかったので
むかっときたのです
すると おまわりは そのカバンをみせてもらいたいといって
さも それが当然なような 顔をした
見せたくなければ見せない
これは当然なのであるから
見せたくないですね というと
おまえは誰だというので
ぼくは人間ですよ と答えたのです
すると おまえは と大きな声でいうので
あなたのお名前は と尋ねると
それはいえない という
それは変ですね
人は会ったなら まして初対面なら
お互に名のるのが最低の礼儀でしょう
というと
おまわりは たてつくのかというので
礼儀知らず というと
なに! とおこったが
思いなおしたように彼は
まあ今度だけは許してやる などといったので
そこでぼくも
今度だけは許してやるといってやった

 

「権力」の位置

近ごろのおまわりさんは人当たりがよくなって、学生運動のなごりがあった60年代や70年代のころのような横暴な態度ではないと思いますが、権力の暴力は決してなくなっていません。

 

いまではすっかり、おまわりさんから、「おいちょっと」呼ばわりをされて止められなくなりましたが、それはきっと、ちょっとは善良な市民に見えるよう、歳をもらったからなんでしょうね。

(ヤンチャしてたころは「おいちょっと」呼ばわりされてた)

そこには上っ面の「支配-服従」関係が安定して維持されています。

 

おまわりさんと市民。ともに「人間」であるのにね。

権力とは、支配-服従の関係で発揮される力のことです。

 

支配と服従の関係

権力を握ろうと野心を燃やしている人たちのなかには、同じ土俵にいる者以外にも、その力を発揮する方が大勢います。

医師と患者の関係にもありますよね。

患者の多くは医師の言葉に従います。それはなぜですか?

研修医は指導医師の指示に従います。それはなぜですか?

看護師は医師の指示にに従います。それはなぜですか?

 

他人を強制し服従させる力(権力)と依存の上下の関係がそこにあります。

カウンセラーと患者(生徒)もそうですね。

 

姿をみせない圧力

企業というシステムは「平等」という考え方を受け入れるところではありません。

「社長と部下」、「社長と部長」、「大株主と小株主」、、、。企業は、上下関係の決まった縦並びの世界です。

横並びの「みんな平等」の世界を企業とは呼びません。

 

カウンセラーも同じです。自分が上に立っているという立場を、譲ることはありません。

縦並びの世界に疲れ切っている下の者を、もう一度、縦並びの社会にはめこみなおします。

システムから外れそうな子どもに、システムに目を向けさすのではなく、システムの中にはめこみなおすんです。

不登校の問題を、子ども自身の問題にすり替えて。

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

2016.02.22

 

カウンセリングがどういう形で、どんなもくろみをもって日本に入ってきたのか、また、各学校にどうして配置されるようになったのか(学校にカウンセラーがいるのは子どもたちのためではなく学校のためです)、、、

知らないまま受診するより、知って受診されるほうが、自分を見失わないでいられるように思います。

 

安心できる日常の関係

町ではおまわりさんが「えらい人」。

ビジネスでは経営者が「えらい人」。

カウンセリングではカウンセラーが「えらい人」。

教育は先生が「えらい人」。

 

気づかれないように人々の心を操るのが、支配の仕方です。

 

じゃあ、家庭では?

 

縦の序列がいったん身につくと、考えればおかしいと思うようなことでも、知らず知らずに従ってしまっています。

おいちょっと」呼ばわりをする人も。される人も。

 

相手へのわずかばかりの想像力があれば、自分とを置き換えてみることもできるのに、自分が置かれている立場性というものは、まっとうな思考を阻みますね。

問題を観ることは自分の位置を危うくするからでしょう。大人は都合のよい解釈に依存してしまう逃げ場をつくります。

 

岡本おさみさん

春夏秋冬』のアルバムには13曲の歌が入っていて、うち、この『黒いカバン』だけは泉谷さんではなく、岡本おさみさんが書かれています。

岡本おさみさんは、吉田拓郎さんとの楽曲、『襟裳岬』を生んだ人。

しかしながら、『襟裳岬』を森進一さんが歌って日本レコード大賞に輝いたあとも、商業路線には背を向けて、旅をする詩人として生きられたそうです。

 

『祭りのあと』や、『悲しいのは』、『子供らよ』、『黄金の花』、、、もそうなのだけれど、

おまえは誰だというので
ぼくは人間ですよ と答えたのです

この一行に、深夜2時、わたしはガーーーンときたんでした。

 

人間ですよ

この一行に凝縮されている。。。岡本おさみさん、すげーな。

放送禁止になった『黒いカバン』。。。なんでなんやろな?

 

今日のCDと本

『春夏秋冬』/泉谷しげる

 

今 子どもたちのいるところ/小沢牧子

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です