朝、学校に行くときは自分で言うから「どうする?」とママ聞かないでね。

brown-eyes-775105_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

「学校 行きたくない」とTwitterで検索してみました。

「学校 行きたくない」で検索してるんだから、あたりまえなんだけど、「学校行きたくない」とつぶやいている人たちが、めーーーーーーーーーーちゃくちゃ、たくさんいらっしゃいます。

登校する子どもや、登校しない子ども(不登校)はべつに何って思わないけど、苦登校 している子どもがこんなにも多いって、、、いったいなんなんだ?

# 学校行きたくない

 

そこに主役はいない学校は人を受動的にさせる

支配者は、Twitterだって監視に役立てているんでしょうね。

たくさんのつぶやきを見ていてかんじるのは、管理が強化され、多様性を徹底的に排除する学校教育の暴力は、

どこまでも「生きる知恵」に蓋をして、能動的生命をもって生まれてきたにんげんを受け身にさせている ことです。

 

「学校に行きたくない」とツイートしている子どもたちに、「学校は行きたくなかったら行かなくてもいいんだよ」とか、

「義務教育の義務はね、あなたたちが「学校に行く」義務じゃないんだよ」などと言うのは簡単。

でも根本はそこじゃない。

 

学校を休むには親の許可がいる?

adeb48989f69acc03975e3b346826840_s

ラストに載せたつぶやきね、体温計が水銀だったころを思い出しました。

高校になってからは(大学も)休みたいときは勝手に休んでいたけれど、小学校や中学のころは、「学校を休む」には親の許可がいった

変な話ですよね。

自分のことなのに、親が決めるなんて。

 

しかも学校を休めるのなんて病気のときぐらい。

母が「熱を計りなさい」って言うんですね。

熱を計らせられて、でもって熱があると 母が決めるんです。「今日は休みなさい」と。または「それぐらいだったら行きなさい」と。

 

ほんと、変な話。

水銀体温計をこすって、「今日は休みなさい」と親に言わせ、かつ、病院には連れていかれなくて済む、絶妙の温度にしちゃえる名人になれました(笑)。

 

家畜化からの脱出

せめて、「熱があるね~、学校どうする? どうしたい?」と言おうや、と願っちゃいます。

そして子どもが「休む」って言ったんだったら、「休むのね」。

「行く」って言ったんなら「行くのね」。

子どもが選択した決断にぐちゃぐちゃ言うな や、って思います。

 

自分が下したことに干渉が入る、その経験の積み重ねが、物事を自分で決められない、自分を頼れない人へと後退させていくんです。

後退です。ここ重要です。

 

人(子ども)はなんでも自分で決められます。

人(子ども)は自分で学びます。

能動的に生きている人(子ども)を受動的にかえる。。。そうやって自分軸で生きられなくしていく。

 

自分を正直に出す

子どもたちが 自律性 をとりもどすには、お母さんが 自律性 をもって生きられていることが必要となります。

 

今日のタイトルは、 よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」 の仲間、あるお母さんのお子さんが言われた言葉です。

朝、行くときは自分で言うからママ言わないでね。

ZOOMでのおしゃべり会のときに、このお話をしてくださって(子どもさんもいて♡)、自らを由とするその子どもさんの姿がしとやかに美しく、よろこびをいただきました。

 

あわせて読みたい

【子どもの自殺率が多い夏休み明け2学期が始まるこの時期に】学校に行くのが辛くて行きたくないならもう行かなくてもいいよと言ってあげたいけど、子どもの将来を思うと不安でどうすればいいのかわからないお母さんへ

 

今日の本

人を伸ばす力

アメとムチというのが従来の常識ですが、近年の心理学の研究はこの常識を否定し、課題に自発的にとりくむ「内発的動機づけ」と、自分が自分の行動の主人公 となる「自律性」の重要性を実証しています。では内発的動機づけと自律性はどうしたら伸びるか、その成長をたすける方法は何か。説得的な事例に富み、研究 成果への柔軟で深い洞察、現代社会の鋭敏な観察から書かれた本書は、自己の成長を願う人々はもとより、成長をたすける立場にある親や教師、カウンセラー、 管理者にとって、人間観がひっくりかえされるような読書経験となるでしょう。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です