朝、学校に行くときは自分で言うから「どうする?」とママ聞かないでね。

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の よっぴー です。

「学校 行きたくない」とTwitterで検索してみました。

「学校 行きたくない」で検索してるんだから当たり前なんだけど、「学校行きたくない」とつぶやいている人たちが、めーーーーーーーーーーちゃくちゃ、たくさんいらっしゃいます。

登校する子どもや、登校しない子ども(不登校)ではなく、苦登校 している子どもがこんなにも多いって、、、いったいなんなんだ?

# 学校行きたくない

 

主役のいない学校は人を受動的にさせる

たくさんのつぶやきを見ていてかんじるのは、管理が強化され、多様性を徹底的に排除する学校教育の暴力性は、どこまでも「生きる知恵」に蓋をして、能動性をもって生まれてきた人間を受け身にさせている ってことです。

 

「学校に行きたくない」とツイートしている子どもたちに、「学校は行きたくなかったら行かなくてもいいんだよ」とか、「義務教育の義務はね、あなたたちが「学校に行く」義務じゃないんだよ」などと言うのは簡単。

でも、根本はそこじゃない。

 

学校を休むには親の許可がいる?

ツイートから、体温計が水銀だったころを思い出しました。

わたしは、高校になってからは(大学も)休みたいときは勝手に休んでいたけれど、小学校や中学のころは、「学校を休む」には親の許可が必要だった

変な話ですよね。自分のことなのに、親が決めるなんて。

 

しかも学校を休めるのなんて、病気のときぐらい。

母が「熱を計りなさい」って言うんですね。
熱を計らせられて、でもって熱があれば、そこで 母が決める んです。「今日は休みなさい」と。または「それぐらいだったら行きなさい」と。

 

ほんと、変な話。

水銀体温計をこすって、「今日は休みなさい」と親に言わせ、かつ、病院には連れていかれなくて済む、絶妙の温度にしちゃえる名人になれました(笑)。

 

家畜化からの脱出

せめて、「熱があるね~。学校どうする? どうしたい?」と言おうや、と願っちゃいます。

そして子どもが「休む」って言ったんだったら、「休むんだね」。

「行く」って言ったんなら「行くんだね」。

子どもが選択した決断にぐちゃぐちゃ言うな や、って思います。

 

自分が下した判断に干渉が入る。その経験の積み重ねが、物事を自分で決められない、自分を頼れない人へと後退させていく んです。

後退です。ここ重要です。

 

人(子ども)は自分で決められます。
人(子ども)は自分で学びます。

能動的に生きている人(子ども)を受動的にかえる。。。そうやって 自分軸で生きられなく していく。

 

自分を正直に出す

子どもたちが 自律性 をとりもどすには、お母さんが 自律性 をもって生きられていること。

 

今日のタイトルは、 よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」 の仲間、あるお母さんのお子さんが言われた言葉です。

朝、行くときは自分で言うから、ママ言わないでね。

ZOOMでのおしゃべり会のときに、このお話をしてくださって(子どもさんもいて♡)、自らを由とするその子どもさんの姿がしとやかに美しく、よろこびをいただきました。

 

あわせて読みたい

【子どもの自殺率が多い夏休み明け2学期が始まるこの時期に】学校に行くのが辛くて行きたくないならもう行かなくてもいいよと言ってあげたいけど、子どもの将来を思うと不安でどうすればいいのかわからないお母さんへ