自分を子どもだと思ってないか? – 「親の言うこと」を聞かないために




ammこんにちは、

AI-am(アイアム)
星山 海琳  です。

 

「学校に行きたくない」という気持ちを理解してくれる親は、いまはまだ、そう多くありません。
そもそも、子どもがどんなに主張しても、考えかたを変えてくれない親はたくさんいる。

でも、「親がダメと言ったらできない」って思いこんでないですか?
自分を子どもにしているのは、自分じゃない?



学校に行きたくないと親に言ってみても

学校に行きたくない。親にそれを伝えてみるけど、返ってくる言葉は

「行かないといけない」
「行け」
「学校は行くもの」
「なに考えてんの」
「そんなんじゃ将来困るよ」etc、etc…。

ほとんどの親、大人は、そんな価値観を持っています。

 

特に、学校へ行くことは「当たり前」として大人のなかに根づいてきたもの だから、(もともとこの「当たり前」がないひと、あるいはとても頭の柔らかいひとでないと)そうそう納得はしてくれないものです。

あらかじめ持っている考えが、なにかの拍子に変わるひともいる。でも、変わらないひとは、変わりません。
学校でも、働きかたでも、食生活でも、偏見でも、なんでも。

 

親子であっても他人は変えられない

子どもが「学校に行きたくない/行けない」ことによって、それまで根づいていた考えがひっくり返って、あたらしい考えかたに出会うひとも、もちろんいます。

でも、子どもがどんなに主張したって、立ち位置がまーったく動かない親も、もちろんいる。

 

そんな親に「変わってくれ」と言っても通じるわけがないし、変わらない親にわかってもらうのは、不可能に近いんです。

他人を変えるのは、たとえ親子であっても、無茶なことです

悩んでも恨んでも、これはどうしようもないこと。

 

でも、「親がダメと言ったらできない」「親がいいよと言ったらできる」 という思考が、子どもであるあなたのなかにも、根づいていないだろうか?

 

子どもをやめて、自分の世界は自分でつくろう

もちろん、そういう思考をするように接してきたのは、親であり、周囲の大人たちです。

親は、「親」という存在にはそれだけで権力があって、子どもは従って当然だってことを、(無意識のうちに)子どもに教え続けてきた。

 

だから子どもにとっても親は大きな力を持った存在であり、高い壁なんだけど、それでも抵抗はできるし、壁に穴をあけたり、扉をつくることだってできるし、別の道をつくることもできる。

ひとりの独立した人間である自分を、「まだ」「子ども」だと思ってませんか?

 

親がダメと言ったらできなくて、いいよと言ったらできるのは、しんどいよね。

学校に行かないことに、なぜ親の許可が必要なのか、親の言うことを本当に聞かなきゃならないのか、一度考えてみてください。

小さい子どもにとっては親が生きるためのすべてでも、小学高学年、中学生……経済的な面では高校生にもなればなおさら、親がすべてではなくなっていく。

自分で、自分の世界をつくることができる

現に、親の「学校は行かなければいけないところ」という考えに染まりきらずに、「学校に行きたくない」と感じることができているんです。

 

もちろん、どんな態度をとったって、どんなに距離が離れたって、親子であることには変わりなくて、親子はどう転んでも親子です(これは不幸なことじゃなくて、ラッキーなことです。つながりは保証されてるってことだから)。

でも自分が、自分は親に従う「子ども」というつもりでいる限りは、親は前からも後ろからも手を引くし、あちこちを通行止めにする。

子どもであることをやめよう。わたしたちは、自分の意思と力をもった、ひとりの人間です。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点