篠秀夫×浅井智子トークセッション「笑顔でつながる子育て・自分育て」に行ってきたの巻

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

10月5日に岐阜県多治見市で開催された「篠秀夫×浅井智子トークセッション 笑顔でつながる子育て・自分育て」に参加して来ましたー。

とてもあたたかくて、リラックスして聞ける、ここちよい空気の2時間でした。

「知能育て」の弊害

子どもが想像力と工夫力で遊ぶためには、その世界を共有する仲間と、そのような舞台を演出するおとなの手助けが必要になること。

7歳までに「心育て(からだ育て)」よりも「知能育て」の方に熱心になると生じる弊害。

感覚や心の基礎を育てる7歳までと、知的な教育が目覚める7歳を過ぎてからの変化。

思春期の子どもをもつお母さんへのアドバイスなどなど、浅井智子さんの的確なファシリテーションで進むなか、

心とからだは密接につながっていて、イライラするのは人格ではなく、からだが問題であること(からだがイライラしている)から、からだを使ったワークの実演もありました。

 

子どもを信じて待つ、ということがキーワードとなったトークでもあったな、とおもうのですが、そのことはまたあらためて書きたいとおもいます。

篠秀夫さんのブログはこちら ⇒ 森へ行こう(心とからだと子育てと)

信じるとはなにか

浅井智子さんが篠秀夫さんに「先生にとって『信じる』とはなにか」と聞かれました。

篠さんは、いのちの働きであり、精神の根幹とこたえられていました。

 

浅井智子さんがfacebookで、

スクリーンショット(2017-10-07 17.57.32)

 

と、書いてくださっているように、

懇親会で、篠さんとわたしは「いのちの働き」などなどのテーマで盛りあがるのでした。つづく。