親の仕事は子どもを愛すること




am3

こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴーです。

 

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?

どう育てたら「学び」を楽しむ子どものまま、健やかに成長していくのか?

親はなにをどうしたらよいのか? その前編です。

 



家庭でサドベリー

人の目なんか気にしないで、感じたままに暮らしていればいいのさ! GO!GO! のように、わたしも「暮らし」をいっぱいやっていきたいです。子どもと <いま ここ> に在れる母になりたいです。…… どうしたらよいですか? とご相談を受けました。

これは、親は子どもよりもエラくて上の立場だという思いを手放すことからはじまります。

 

親は子どものまちがいを正すもの?

ちょっと想像してみてね。

スーパーの帰り道。道ばたに咲いているチューリップを指さして、もうすぐ3歳になるAちゃんが「あ、ひまわりー」と言ったとします。

こういうときたいていのママは、怒ることなく、これはひまわりじゃないよ、チューリップだよと教えるのかな、とおもうんですね。

 

で、翌日。また同じところを通ると、これまた同じくAちゃんはチューリップを指さして、「あ、ひまわり!」と言ったとします。

このとき、昨日「これはひまわりじゃないよ、チューリップだよ」と教えたばかりのママっていうのは、どんな気持ちになるでしょうか。

 

これはわたしの想像ですが、「正しさ」を教える人というのはこういうとき、怒りというか、イラッとしたものがこみあげてくる のではないでしょうか?

だから、やさしさが若干薄れたトーンになって、ちがうよ。昨日教えたでしょ? これはひまわりという花だよとこたえるのではないんでしょうか?

 

そんなこんなでさらなる翌日。

スーパーから同じ道を通って帰るとき、花の名まえをちゃんと覚えたかどうか…… に意識がいっているママというのは、子どもより先に口を開いてこう言います。ほらAちゃん、このお花は何だったかな?と。

 

「チューリップ」と答えたなら ⇒ 安心した親は、もう、このことに関心をもたなくなります。

 

「ひまわり」と言ったなら ⇒ 画像を見せたりなどして、ひまわりとチューリップの違いを教えたり、はたまた怒ったり、もしくは「もう知らん」と放棄したり。

 

ちがうよ。昨日教えたでしょ? これはひまわりという花だよの、昨日教えたでしょ?。この言葉の類を無意識に吐くとき、親は、この子はなぜチューリップをひまわりと言うのか、ということには関心を寄せていません。

なぜチューリップをひまわりと言われて怒りを覚えたのか、自分のその感情に目を向けてみる ことをしません。

そこを考えてみようよ、とおもうのです。

先日、学びとは没頭である!堀江貴文著『すべての教育は「洗脳」である』 」の記事で、堀江貴文さんの新刊『 すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書) 』のことを書きましたが、これこそが学校教育に洗脳されたおとなの日常です。

まんまと躾けられたおとなは、まだ洗脳されていない者を洗脳していきます。ほらAちゃん、このお花は何だったかな?とテストまでして。

 

教えない・奪わない・求めない

子育てというのは、正解・不正解を教えることではない です。

正解を求めることでもない んです。

本人の学びを奪わない こと。子どもの創造性精神を奪わない こと。

親のしごとは子どもを愛すること です!!

 

「そっちじゃないよ! こっちだよー」

先日の「よっぴー、まりんのなんでも質問・なんでも回答」の配信のときにもチラッとお話ししたことなんだけど、

スイカ割りをするときの掛け声ってあるじゃないですか。「そっちじゃないよー! こっちだよー!!」っていうやつ。

わたしスイカ割りは だーーーい好きなんですが、あの「そっちじゃないよー!」の掛け声はキライなんですね。

だから「こっちだよー」しか言わない。

 

子育てにおいては「こっちだよー」も言わない。つーか、言えない ですよね、そんなの。

冒頭のこれはひまわりじゃないよ、チューリップだよの、チューリップだよさえ要らないってわけです。

チューリップだよは、子どもが「これ、なんていうお花?」と尋ねてきたときに返す言葉なのだから。

 

どうして「そっちじゃないよー! こっちだよー!!」と言ってしまうのか?

言われつづける子どもはどうなるのか?

 

続きはこちらです↓↓

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?親の役割は何か?

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点