子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?親の役割は何か?




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴーです。

 

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?

どう育てたら「学び」を楽しむ子どものまま、健やかに成長していくのか?

親の役割とははなにか? その後編です。

 



家庭は学校ではない

親の仕事は子どもを愛すること のつづき、後編です。

「これはひまわりじゃないよ、チューリップだよ」と教えても、チューリップの花をひまわりと言うAちゃんに、親は怒りを覚えていきます。

それはまるで「1+1=2」になることをいくら教えても、間違った答えを言う児童に対して、「なんでこんな簡単な問題がわからないんだ!」と怒鳴りだす先生のようです。

 

でも家庭は学校ではありません

 

それなのにどうして、お家でも学校みたいに「そっちじゃないよ! こっちだよ!」と言ってしまうんでしょう?

親にまで言われつづけたら、子どもはどうなっちゃうんでしょう?

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのでしょうか?

 

正しく覚えなければならないという既成概念

ていうか、そもそもチューリップの花をひまわりと呼んでいたって、べつにかまわないですよね。

知ってました? チューリップって原種だけでも100種類を超えていて、品種にいたっては5000以上あるんですって。「ヨコハマ」や「サッポロ」、「ピンクレディ」に「ミッキーマウス」、「ゴリラ」ってなまえのチューリップもあります(「ひまわり」だってあってもいいのかも?)。

 

どうして「そっちじゃないよ! こっちだよ!!」と言ってしまうのか?

大人には、正しく覚えなくてはいけないという既成概念があるから です。

だから、自分はもとより他者にまで、正しいものを教えなければとおもってしまう。

 

「失敗してもいい」という大人のうそ

それはどこで植え付けられた既成概念か?

 

子ども時代です。

「何回言ったらわかるの! それはチューリップじゃないって言ってるでしょ! それはひまわりです」

「もうすぐ小学生なんだよ、みーーんなもうひらがなを書けるんだよ。さあ、練習してみましょう」

「どうしてできないの、そんな簡単なこと! 困るのはあなたでしょ」

etc……

 

こんなふうに言われつづけてきたわたしたち。しかも まちがったら怒られる んです。

そこで、まちがわないようにしようとおもって尋ねると、今度はこう言われるんです。「 前にも言ったよね?(← これ職場でもあるね)

 

おかしくないですか? 「失敗してもいいんだよ」とおとなは言うけれど、その同じ口が、「走ったらこけるよ!」と言うんです。「早く寝ないと朝起きれないよ!」とけしかけてくるんです。

日々、こんな矛盾を浴びせられて、どうして子どもがおとなを尊敬することなど期待できるでしょうか?

 

「そっちじゃないよ、こっちだよ!」と言われつづけた子どもはどうなるのか?

まったりとした午後の電車内で見かけたこと。

遠足にでも行ってきたのか、子どもたちが電車に乗ってきたんですね。

席には座ったらいけないようで、でも、ひとりの男の子が座りました。

 

その途端、

「わるーーー!!」

「ずるーーー!!」

「立っとかなあかんねんでぇーーー!」

「先生に怒られんでぇーーー!」

「先せ~い! ○○くんが座ってますー!」

 

ちなみにこの子たちは幼稚園児。幼稚園年齢にして、すでにこの在りようです。

案の定(?)、先生は注意しました。「○○君、先生の言うことを聞けない子は次の駅で降りてもらいますよ!!」

 

おいおい。
教育に銃(脅し、罰)は要りません

 

「そっちじゃないよ! こっちだよ!」と言われつづけた子どもはどうなるのか?

そりゃあ、こうなりますよね。わたしたちと同じようなおとなになりますね。

 

正解が大好きなおとなになって、今度は「そっちじゃないよ! こっちだよ!!」を連呼する側になっていく。

延々と繰り返される「支配と服従」の関係……。

 

ただ在ること(Being)

目の前にいるわが子のことを、「言うことを聞かない子」とか、「思い通りに育たない困った子」におもえるときっていうのは、親の価値観や好みに従わせようとしているとき です。

だから、しんどい。

「正解」を先に用意すると、子育てはしんどくなる (子育てに限らず、正解やゴールを先に置くと、生きることそのものが窮屈になる)。

 

子どもが学校に行かなくなって(行けなくなって)、親が悩むのも、つまりは、正解を求めるから。子どもに正常であって欲しいと望むから。だから苦しい。

エライ人や社会は、すること(Doing)を強迫しつづけるけれど、 洗脳されていたことに気づいて(⇒ 関連記事: 学びとは没頭である!堀江貴文著『すべての教育は「洗脳」である』

ただ在ること(Being)、人間の尊厳というものを照らしていきませんか?

そのことに気づいたら、学校に行くことが正常で、行かないことは正常ではない、なんて括りを外すことができます。

 

スーパーの帰り道。道ばたに咲いているチューリップを指さして、もうすぐ3歳になるAちゃんが「ああ、ひまわりー」と言ったとします。

親の仕事は子どもを愛すること

 

こんなとき、「これはひまわりじゃないよ、チューリップだよ」と教えられるんじゃなくて、

「ああ、ひまわりー」って言ったとき、「あーほんとだー。咲いてるねぇ〜。きれいだねー」って共感してもらえたら嬉しいなあとおもうのです。

 

「いつのまに「ひまわり」を覚えたんだろう? どこで覚えたんだろう? わあ〜成長してるんだなあ」と心のなかでよろこびに満ちればいいじゃないですか。

子どもの「好き」を知れたよろこびに、子どもと <いま ここ> に在れるしあわせに、感謝の気持ちを抱けばいいじゃないですか。

子どもと <いま ここ> に在れば 、子どもは、植えつけられた洗脳を必ずや解いてくれます。

人の目なんか気にしないで感じたままに暮らしていればいいのさ!GO!GO!

 

怒ってもいいんだよ、泣いてもいいんだよ

植えつけられた洗脳が解かれていくと、これまで否認していたダメな自分をも、ただそのまんま受け入れられるようになって、自分を肯定できるようになってきます。

にんげんだから、子どもと <いま ここ> に在って、イライラ・イーーーーー!! ってなったときは、ぶるぶる体操でもしながら文句言いあって、互いに泣いて、笑おう!

反省なんてしなくていい。誰にだって凸凹はあるのだから。それが自然。

 

↓↓ ぶるぶる体操

ketu

↑↑ ぶるぶる体操を外ででもできるようになったら、もうそれ、自己肯定感ばっちぐー。

 

神様はなにも禁止していない

親が自身を肯定できたら、子どももまた自分(子ども本人)を肯定しつづけます。

走ったらこけて…… 「だから言ったでしょ! ママの言うこときかないからよ!」とかとか言われるんではなく、「だいじょうぶ?」とぬくもりをくれる親

早く寝なかったから起きるのが辛い朝も…… 「さっさと寝ないからでしょ! 自業自得よ、あなたが悪い!」などと朝からヒステリックにジャッジされるのではなくて、「眠いね〜」と <いま ここ> にいてくれる親

 

「失敗してもいいんだよ」に嘘や矛盾がなければ、こころはまあるく育って、子どもは(親も!)なににも恐れず、堂々と「暮らし」をしていきます。

感情とともに、表現の自由も許されているのなら、ありのままの自分と向き合って、学びに没頭していきます。

評価のない環境は、好奇心を殺しません。

 

重要なのは、すること(Doing)ではなく、あること(Being)

幼い子どもにとっての社会とは、家庭です。家庭が、その子にとってのすべての世界。

だから、だから! 親の役割は、子どもを愛すること。

あなたは、あなたのままで、かけがえのない存在だ」ということを矛盾のないメッセージで実感させることです。

 

子どもが大きくったってだいじょうぶだよ。その子の「好き」なことをちょっと一緒にしてみよ。

一緒にアンパンマン見るとか、ゲームするとか、パンケーキ食べに行くとか、たわいもないおしゃべりするとか……。

 

なんだっていいです。重要なのは、すること(Doing)ではなく、ただ あること(Being)!! これだけお忘れなく!

親のほんのちょっとの「変化」で、子どもは、「学び」を楽しむ子どものまま、健やかに成長していきます。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点