不登校のほとんどがフリースクールに通わない理由は3つ以外にもあった!

people-2587055_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

先日、 全国のフリースクール一覧 を作成したんですが、そんときに「これってあかんやろ〜」っておもったことがありました。

なにがあかんかって言うと、
スクールの検索が出しにくい。これ、致命的ですよ

不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由

2017.6.22、AERA dot.のサイトに載った、「不登校新聞」編集長・石井志昂さんがつづる連載「ぶらり不登校」

そこには フリースクールに通わない背景には、3つのハードルがある ことが書かれていました。

 

石井志昂さんが書かれた記事によると、不登校はフリースクールにほぼ通っていないそうです。

どれぐらい通っていないかというと、不登校全体の97~98%が通っていない

つまり、 フリースクールに通っている不登校は、わずか2~3%程度 ということになります。

 

その理由には3つのハードルがあるとありました。

  1. フリースクールの数が足りない(学童保育が全国に2万カ所あるのに対し、フリースクールの数は全国に400団体~500団体)
  2. 経済的な理由(フリースクールは原則、公的な支援はなく、親が学費を負担する)
  3. 心理面のハードル

 

詳細、特に、3.の心理面のハードルは全文を読んでほしいとおもいます。
↓↓
不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由

 

もうひとつのハードル

不登校の子どもがフリースクールに通わない3つの理由を読み、

「しやんなあ〜。理由はそのへんやんな〜。あとまぁ、たとえフリースクールが近所にあったとしても 本人が行きたいとおもっていない のと、親が無関心 ってのもあるかな」

などとおもいながら、それにしても少ないんだなあっておもってました(わたし吉田は元フリースクール、デモクラティックスクールのスタッフをしてた)。

 

が、今回、フリースクールの一覧を作ってみて 検索しにくい ということを知りました。

フリースクールの一覧作り、最初は吉田・星山のふたりでやりはじめたのですが、すぐさまわたしはギブアップ。

というのも、検索しても出てこないんです。また、出てきたとしても、サイトが?で、欲している情報にたどりつかない(汗)。

 

検索力

星山海琳さんは、6歳(2002年)のころからウェブサイトをつくったりして遊んでいたんですね。なんせ花の不登校だから、時間はたっぷりとあります。

その後も独学でHTMLやCSSなどの知識を習得して、9歳ころには頼まれるまでになってましたが、そのとき得たもののひとつが「検索力」だったとおもいます。

なにか気になったことや、知りたい情報をつかむときの調べっぶりは、ほんとすごい。諦めることをしらないですw。

そんな海琳さんだったからフリースクール一覧は完成したとおもっています。

 

時代遅れの「とりあえずホームページ」

人に聞くより「ググる」この時代 に、検索が出しにくいって、どうよ? ってかんじです。

さらには、検索して出てきたサイトを開くも、自分が欲している情報がどこにも載っていない、または、載っているのかわからないフリースクールが結構ありました。

 

たとえば、「勉強する」フリースクールがすごく多かった のですが、じゃあ、その勉強をどのくらいの割合でするのか? とか、

フリーの部分はあるのか? とか、

どれくらい強制するのか? とか、こっちが求めている情報がとにかくわかりにくい

 

また、日々の活動は更新しているが、概要的な部分が非常にわかりづらかったり

概要のみだったり

日々のブログ等の更新が一切とまっている から、いま現在活動しているのかどうかがわからない スクールも見受けられました。

 

活動していないのならしていないで、いまはxxでしていない とか、

これくらいのペースで活動している とか、見やすいところに記載する配慮 をしてもらいたいです。

 

今回、フリースクール一覧をつくるにあたりおもったこと

特にこの時期、学校に行けなくって、藁にもすがる想いで、学校以外の場所を求めている親なり子どもはいます

そしてスマホ片手に探されています。

 

いま デバイスは9割がたスマホ です。

かたや フリースクール業界のウェブサイトは、スマホが出回るうんと前に作られたままのサイトも多く、SEO対策もされてなく、セキュリティに不安感も与えます

スマホで見たときのデザインは考えられていません。

誰もが検索力が高いわけじゃないし、わたしのようにすぐさまギブアップしちゃう人もいるとおもう。

フリースクール等を運営されている団体/方は、モバイルファーストで作りなおすなり、窓口をわかりやすくするなり、してほしいなとおもいました。

ちなみにご参考までに/欲している情報等がわかりやすくて見やすかったのは、学びの森フリースクール(京都府亀岡市)でした。

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

2 件のコメント

  • 「不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由」を書いた『不登校新聞』の石井です。指摘、補足していただいてありがとうございます。たしかにそうだなー、と。ちなみに、この記事について、別の観点での指摘もいただきました。ぜひいろんな議論が起きればなあと思っています。

    http://bokan.blog.shinobi.jp/Entry/92/
    http://bokan.blog.shinobi.jp/Entry/94/

    • 石井志昂さん

      コメントをありがとうございました。
      山下耕平さんの記事リンクもありがとうございました。
      AERA dot.のサイトより、「不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由」の記事を読ませていただいたとき、「心理面のハードル」の部分でわたしも別の意見をもちました。
      ただ今回のこの記事(フリースクール一覧)ではテーマがずれるのでそこには触れませんでしたが、あらためて、山下耕平さんの記事も合わせて発信させてください。
      いろんな意見をわたしもお聞きしたし、ひとりでも多くの方と「ちょっと考える」をしていきたいなあとおもっています。
      よろしくお願いします。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です