小中高には行かなかった娘が大学に行くと言ったときの母の心境を話したい

foot-1582294_640

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

最高の不登校の見つけ方

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

魅力をかんじなかった公の小学校、中学校、高校には通わず、12年間、自分のハートがキャッチしたしたいこと、知りたいこと、好きなことだけをして暮らしていた星山まりんさんが17歳の夏、突如、大学に行こうと思い立ったときの母の心境を書いています。

foot-1582294_640

わくわく♪ わくわく♪♪

娘・ 星山海琳 さんが大学に行くといいだしたとき、そのときのわたしの感想は、「わー、こりゃあ おもしろくなる」でした。

日ごろの平穏な暮しに、時おりやってくる「非日常のたのしみ」が、いまからはじまる?

 

なんていうのかな、17年、毎日かかさずみているドラマが、またひとつ次の章に移る —

今日の放送でひとつの時代が終わって、さあ、いよいよ明日からは ◯◯!!
主人公の夢はどう叶っていくのか!!!みたいな。
視聴者の興味を引きつけて、
「わあ、気になるー」
「早くみたいー」
「ああーたのしみだあ」の心境にさせるアレ

— つづきが気になるわくわく感。

 

そう、あくまで視聴者

 

テレビドラマでもみている気分で

話は過去にさかのぼるのですが、子どもが行く幼稚園を、わたし(たち夫婦)が決めたとき、

この子の人生で、他者のわたしが本人に代わって決めるのは、これが最後だな」とおもったものです。

 

どこで産むのか、

どうやって産むのか、

3歳までどう育てたいのか、といったような、

「子どもと『話し合って』決める」がムリな事柄は、もうこの先にはないな、と。

もうすぐ4歳になろうとする子ども をみていて、
この年齢にもなると もう おとななんだな、とつくづくおもったものでした。

 

以降、子ども自身のことについては、子どもたち(娘の上に息子がいます)が選ぶもの選ぶこと、それによってもたらす過程結果も、、、言わば子どもの歩みを、テレビドラマでもみている気分で観てきました。

woman-391555_640

 

録画はできない教育番組

子どもが主人公のそのドラマは、学ぶことだらけの教育番組です。

笑ったり、泣いたり、考えさせられたり。

毎日、毎時、毎瞬、、、録画はできないので見逃せない。

 

「そうじゃないよ」

「こうすればいいのに」

そんなふうにおもうことは 時にはある。

しかしテレビの中に手をつっこんで、観ているドラマを、わたしのおもうように いじくることは不可能です。

 

どこまでも視聴者

そんなときに できることといえば、「そうじゃないよ」とか、「こうすればいいのに」とか、どうして自分は そうおもうのか

自分を知ればいい

他者に苛(いら)つくことはすべて、自分自身の理解に役立つのだから。

 

しあわせであるというのは、恐れなく自分を知ることなんですね。

海琳さんは自分を知っていました。

そのことがうれしかった。

 


 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日)  神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日)  岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木)  福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金)  佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土)  福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月)  熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火)  鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水)  大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木)  福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土)  宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土)  岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木)  鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日)  東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日)  神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝)  和歌山県岩出市《出版記念対談会》
・10月15日(土)  沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)     〃《交流会》
・10月23日(日)  奈良県奈良市《出版記念対談》
・11月5日(土)  愛知県岡崎市《出版記念対談会》
・11月6日(日)  愛知県名古屋市《出版記念対談会》

【連絡先】
講演等依頼は、お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。
勉強会やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です