小中高には行かなかった娘が大学に行くと言ったときの母の心境を話したい

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

魅力をかんじなかった公の小学校、中学校、高校には通わず、12年間、自分のハートがキャッチしたしたいこと、知りたいこと、好きなことだけをして暮らしていた星山まりんさん。

17歳の夏、彼女が突如、大学に行こうと思い立ったときの母の心境を書いています。

わくわく♪ わくわく♪♪

娘・ 星山海琳 さんが大学に行くといいだしたとき、そのときのわたしの感想は、「わー、こりゃあ おもしろくなる」でした。

日ごろの平穏な暮しに、時おりやってくる「非日常のたのしみ」が、いまからはじまる?

 

なんていうのかな、17年、毎日かかさずみているドラマが、またひとつ次の章に移る —

今日の放送でひとつの時代が終わって、さあ、いよいよ明日からは ◯◯!!
主人公の夢はどう叶っていくのか!!!みたいな。
視聴者の興味を引きつけて、
「わあ、気になるー」
「早くみたいー」
「ああーたのしみだあ」の心境にさせるアレ

— つづきが気になるわくわく感。

 

そう、あくまで視聴者。

 

テレビドラマでもみている気分で

話は過去にさかのぼるのですが、子どもが行く幼稚園を、わたし(たち夫婦)が決めたとき、

この子の人生で、他者のわたしが本人に代わって決めるのは、これが最後だな」とおもったものです。

 

どこで産むのか、

どうやって産むのか、

3歳までどう育てたいのか、といったような、

「子どもと『話し合って』決める」がムリな事柄は、もうこの先にはないな、と。

もうすぐ4歳になろうとする子ども をみていて、
この年齢にもなると もう おとななんだな、とつくづくおもったものでした。

 

以降、子ども自身のことについては、子どもたち(娘の上に息子がいます)が選ぶもの選ぶこと、それによってもたらす過程結果も、、、言わば子どもの歩みを、テレビドラマでもみている気分で観てきました。

 

録画はできない教育番組

子どもが主人公のそのドラマは、学ぶことだらけの教育番組です。

笑ったり、泣いたり、考えさせられたり。

毎日、毎時、毎瞬、、、録画はできないので見逃せない。

 

「そうじゃないよ」

「こうすればいいのに」

そんなふうにおもうことは 時にはある。

しかしテレビの中に手をつっこんで、観ているドラマを、わたしのおもうように いじくることは不可能です。

 

どこまでも視聴者

そんなときに できることといえば、「そうじゃないよ」とか、「こうすればいいのに」とか、どうして自分は そうおもうのか? と考えること。

自分を知ればいい

他者にいらつくことはすべて、自分自身の理解に役立つのだから。

 

しあわせであるというのは、恐れなく自分を知ることなんですね。

海琳さんは自分を知っていました。

そのことがうれしかった。