自分の子どもに誇りをもっています?尊重じゃないよ尊敬だよ

IMG_2576

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

いいか、わるいか、でどうして判断するのだろうか? いいか、わるいか、なんてわからないのに。子どもが選んだ判断はだれにとって頼りないのですか?

 

 

自分で選ぶことはとても重要

吉田晃子星山海琳 の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』の第6章 子どもの場所から > 3 今日はどの学校に行こうかな > 自分で選ぶことはとても重要 で、以下のことを書きました。そのことから ↓↓

 

 娘は幼稚園の年中さんの秋ころから「習い事」に興味をもちました。月曜日は体操、火曜日はプール、水曜日はピアノ、木曜日はテニス、金曜日はダンスといった具合です。

「体操をやりたい!」というので、保護者のわたしが体操クラブの窓口にいって申し込みをします。申し込み用紙には入会希望動機欄があり、「子ども本人がやってみたいといっているので」と書くと、窓口の方は「自分で選ぶということはとても重要なことですからね。本人の気持ちを尊重してあげているお母さんはとても偉いですね」と言って褒めてくれます。

およそ一年が過ぎ、「習い事全部やめる」と言うので、今度は退会申請をします。退会申し込み用紙には退会理由欄があり、入会時と同じように「子ども本人がやめるといっているので」と書きました。でもおかしなもので、説得こそあれ「本人の気持ちを尊重してあげるのはとてもいいことですよ」と言われた方は誰一人いませんでした。
引用:『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

 

本にあるように、当時、娘である海琳さんは「習い事」に興味をもち、月曜は体操、火曜はプール…… と、「習い事」にはまってたんですね。

でもって「習い事」が終わったあとは、夕暮れまでさらに友だちと遊ぶという、子ども楽園を過ごされていました。

通っていた幼稚園も、たとえば昼食時間になっても砂場でお団子作りに没頭していたら、一声だけ掛けて、「子どものしたいこと、していること」を第一に置く園だったので、もうほんと、朝から晩まで邪魔者知らず。

 

建前と利益社会

で、本に書いたこと。

わたし、ほんとに驚いたんですね。

 

「自分で選ぶということはとても重要なことですからね。本人の気持ちを尊重してあげているお母さんはとても偉いですね」と言って褒めはったこと もだけど、

退会時、「子ども本人がやめるといっているので」と言ったら(書いたら)、

 

「そんな甘やかしててどうするのですか」

「なにかちょっとイヤなことでもあったのでしょう」

「子どもはまだ小さくて自分で選ぶことも、ましてや正しい判断などできないのだから、ここは励ましてあげるのがお母さんの仕事ですよ」

etc。

 

自分で選ぶということはとても重要なこと」と言った方が、だよ。そういうふうに言う窓口がだよ。

もう、 【保存版】子どもが学校に行きたくないと言ったとき親がすべき1つのことと12のNG にある、言ってはいけない12のNG言葉のオンパレードでした。

 

で、最後に言われるんですよ、どこも。「本人の気持ちを尊重してあげてはるんでしょうが、根性なしのダメな子になりますよ

 

低能さに最大のいやみと、最高の英知をこめて言いました。「尊重してあげているんじゃありません。尊敬しているんです

 

価値観の違い

尊重は縦です。

尊敬は横です。

 

親であるわたしを批判しはることには、なんの怒りもないです。

相手が言うことは相手の価値観で、わたしの意見はわたしの価値観、世界観です。それらは単なる「違い」です。

いっしょの価値観だから価値があって、自分とは違う価値観だと価値がない、ではないんです。

価値観は一致しなくてもよいのです。

それぞれが望んだこと、したことが、価値あるのです。

 

自分と価値観が違うから?

大人が設けた基準に従わないから?

子どもに「ダメ人間レッテル」を貼られることは、やめていただきたい! と強くおもうのであります。

 

誇り

子どもたちが独創的で創意に富めば富むほど、生命力に溢れれば溢れるほど、「不尊敬」をもって扱われる恐れが強まります。
引用:『自由な学びが見えてきた―サドベリー・レクチャーズ

自由な学びが見えてきた―サドベリー・レクチャーズ

 

 

はじまって間がないから?

もう少し行ってみないとわからないから?

 

子どものこたえを判断したくはありません。

自分の子どもに誇りをもっています。

 

直感はウソをつかない

自分自身のことであるのならその選択は、どれほど迷っても(一秒たりとも迷わなくても)、自分自身で選ぶのがいいと思っています。子どもは特にです。自分の心の声に従っていてもらいたいのです。自分の体に宿る感性は自分に嘘をつきません。自分を信頼します。
引用:『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

 

<子供>の誕生

IMG_2576

 

IMG_2577

 

〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活』、海琳さんに借りて読んでいます。

今度こそ最後まで読むぞー(笑)。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です