< 11/28・29 > オンライン勉強会「引き出す親・寄り添う親 - 子育てとはこどもとの関係を築くこと」アンコール開催のお知らせ




amam
こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴーまりんです。

 

2020年11月28日(土)、29日(日)の2日間、オンライン勉強会「引き出す親・寄り添う親 - 子育てとはこどもとの関係を築くこと」をアンコール開催します!

 

こどもが5歳になったとき、10歳、15歳、20歳、30歳になったとき……どんな関係でいたいですか? いつまでも、よりよい関係でいるために、今日から築こう!

 

 この勉強会は、以前9月に開催したものと同じ内容です。
内容のくわしい振り返りや、参加者さんのご感想は、こちら↓↓のレポートをご覧ください!

引き出す親・寄り添う親-子育てとはこどもとの関係を築くこと勉強会レポート

2020年10月29日


あなたがあなたとして生きられるために

こどもが生まれたとき、多くの親は「やさしい子に育ってほしい」とか「頭のいい子に育てよう」とか、「どんなふうに育てていこう?」と、あれこれ考えます。

けれど、わたしたちの思う「子育て」は、「どうやって育てよう?」と考えられるものではありません。

この人がこの人として生きられるために、どうやって関係を築いていこうか? というものです。

 

ここは安心できるところだよ、なんの恐怖もないよ

たとえば、なにかの事情で幼いこどもを引き取ることになったとしたら、まずわたしたちは、「この家は大丈夫なんだよ」「安心できるところなんだよ、信頼していいんだよ」と態度で示していくと思いませんか?

なにかあるとすぐに泣く子なら、「どうやって泣き止ませよう」と考える前に、この子のなかにある不安が取り除かれるように接してあげようとします。

 

どんな性格に育てようかという前に、ここでは思うように過ごし、口にし、やっていい、あなたはあなたとして生きていいんだよ、ここにはなんの恐怖もないんだよ、と、その子に伝わるように、伝わるまで、示していきます。

それは、わが子に対しても同じだと思うんです。

 

わが子がこの世に生まれてきたら、「ここは安心できる場所だよ、わたしがいれば安心なんだよ」「生きるっていうのは、あなたがあなたとして生きていくことなんだよ」と、言葉ではなく態度で伝えていく

そうやってこども自身が安心を得て、チューリップとして生まれてきた子はチューリップとしての自分を、ひまわりとして生まれてきた子はひまわりとしての自分を、ぐんぐんと育てていきます。

 

けれど親は、いつのまにか、「どう育てるか?」と考えるようになってしまいます。

「あなたらしく」と言う一方で、他人である自分の手で、こども本人よりもずーっと先回りをして、「育てよう」としてしまいます。

しつけをして、加工をして、チューリップをひまわりにして。

 

大切なこの人と、どんな関係でいたい?

こどもは関係のなかで育っていきます。親と子のあいだにある関係がどんなものかによって、こどもの育ちは変化します。

親にできるのは、育てたり教えたり導いたりすることではなく、こどもとわたしの関係を築いていくということ

 

生まれたときから、その子はその子で、わたしはわたし。一つずつの人権、人格をもったふたりが、縁あって親と子として、一つ屋根の下で暮らしていく。

関係は、毎日の暮らしのなかで少しずつ築いていくものです。「安心」が相手にどっぷりと届いたそのあと、信頼や尊重が生まれていく。

そうして、こどもはやがて、自分が親から受け取ったものを、他者へと差し出すようになっていきます。

 

この子とどういう関係でいたいか? と考えるとき、お互いに憎しみ合っている関係になりたいと考えるような人は、ほとんどいませんよね。

親と子の関係は、人生を通してずっと続いていくものだからこそ、よりよい関係でありたいと思う。大切な人を大切にしたいと思う。

 

この勉強会では、「こどもをどう育てるかではなく、どのように関係を築いていくのか?」について勉強します。

いまの自分はどうやって形成されてきたのか、こどもは親になにを求めているのか、親と子の間にはなにがあるのか?

「引き出す」と「寄り添う」のちがい、自分を犠牲にせずにお互いに幸せになること、自分も他者も大切にするということ……。

 

これからもずっとよりよい関係であるために、わたしたち自身をいちど見直してみませんか。

今日ここから、はじめていこう!

 

こんな方はぜひぜひ参加してね

  •  子育てが大変、むずかしいと思っているひと
  •  子育てに迷っているひと
  •  自分の時間がなくて、子育てにいらいらしているひと
  •  思春期のこどもとどう接したらいいのかわからないひと
  •  こどもがなにも話してくれない、こどもがなに考えているのかわからないひと
  •  こどもと楽しく過ごせるのはまだ小さい今のうちだけ、と思っているひと
  •  これからも今の関係がずっと続いたらいいな、と思っているひと
  •  「友だち親子」や「仲のいい親子」ではなく、一人と一人として、誰よりも信頼しあえる関係でありたいひと
  •  今日の幸せが明日も続いてほしい、十年後もよりよくなって続いていてほしい、と思っているいひと
  •  「尊重ごっこ」「信頼ごっこ」をやめたいひと
  •  自己批判ができずにいるひと
  •  こどもの可能性や才能をどうすれば引き出せるか考えているひと
  •  誰かに批判されると過剰に傷ついてしまうひと
  •  この瞬間のために、長い月日をかけて磨き続けていたいひと
  •  いまを信じていていいのかな、ってちょっと不安になっちゃうひと
  •  これからもこどもとの過程を楽しんでいく支えがほしいひと

そのほか、ご関心のある方、興味をもたれた方、一緒に勉強してくださる方、どなたでも大歓迎です!

 

これまでの参加者さんのご感想

 親という立ち位置が、グッと軽やかになりました。

 “子どもの意思を尊重する”という言葉をよく聞くし、自分も使ってきたけれど、“尊重する”をいかに上っ面でやってきたのかと気付かされた。

 例を挙げてくれるので、自分ごとに想像しながら頭に入ってきやすかったです。

 終始画面に釘付け、一言も聞き逃さずに無我夢中に勉強していました。こんな経験は初めてです。

 子育て真っ只中の今、この学びを出来たことはとても幸せです。

 子どもが幼児の時から知っておきたかったお話が沢山でした。あ、いつからでも遅い時はないんでした。笑

 本当にいい授業でした!もう、こういうことを知りたかった!!って感じ。

 息子さんとまりんさんのエピソードを聞いて、我が子のことと重なって、いっぱい涙が出てしまいました。

レポートでは、ほかにもたくさんのご感想を掲載しています! ぜひぜひご覧ください。

今後の勉強会のおしらせ

この勉強会を通して、わたしたち自身、また気づいたことや、学んだことがたくさんありました。

以前開催した「オヤトコ発信所と勉強会 Vol.1〜3 ヨコの三部作・保存版」のとき同様、そうか、◯◯のためには□□が必要で、そのためにも△△なんだ、こうやって少しずつ根っこにつながる発見をしていくんだ、と思いました。

 

わたしたち自身が、もっともっと勉強したい! そして、いっしょに勉強していこうと思ってくださるみんなと、これからも学びあっていきたい! という気持ちで、

Vol.4「引き出す親・寄り添う親 - 子育てとはこどもとの関係を築くこと」をさらに展開させていく勉強会Vol.5を、12月26日(土)・27日(日)の2日間にわたって開催します

こちらもオンラインで開催です! 詳細・お申し込みは追ってお知らせしますので、少々お待ちください。

 

詳細・お申し込みはこちら

オヤトコ発信所と勉強会 Vol.4
「引き出す親・寄り添う親 - 子育てとはこどもとの関係を築くこと」アンコール

 

日時:2020年11月28日(土)・29日(日)
各日 5:00 〜 23:59 までオンラインにて視聴可能(各回・約60分)

参加費:4,200円(2日間通し・後日の動画メッセージ付き)

 

この勉強会は、ご関心を持ってくださる方がご自分の予定にあわせてご覧いただけるよう、リアルタイム配信ではなく当日中ならいつでも動画を観ていただけるようになっています!

オンライン開催につき、課題の提出をお願いしますので送ってくださいね(内容は本編でお話します)。

後日、みなさんからいただいたご回答へのお返事として、よっぴーまりんが動画メッセージをお送りします!

 

☆ 2日間を通しての勉強会となり、どちらか1日のみのご参加はできません。
☆ キャンセルにともなうご返金はいたしかねますので、ご了承ください。
☆ 本編の動画は、9月の開催時と同じものです。

 

お申し込みは、以下、Paypal「今すぐ購入」ボタンよりお進みください。* お申し込みは11月27日(金)23:59まで

☆ 銀行振込をご希望の方は、aiam.life365@gmail.com へご連絡ください。


お支払完了後、Paypalからのメールとは別に、AI-amからご案内と確認のメールをお送りいたします(24時間以内※2)。
このメールをもちまして、ご予約完了となります。

※1 Paypalに登録されているメールアドレスへご連絡いたしますのでご注意ください。
※2 24時間が経ってもこちらからの連絡がない場合は、お手数ですが aiam.life365@gmail.com へお問い合わせください。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点