「自由」という言葉をつかうひとのなかには「不自由」がある

IMG_15

 

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

よくつかわれる「自由」という言葉への違和感、そこに感じられる不自由さについて。

「自由に生きてきたことをどう思うか」といったふうにたずねられたとき、思うこと。

「自由」という言葉に感じる、かたくるしさ

以前、こんなことをツイートしました。

たくさんの人々が、それぞれに意味をつけて「自由」という言葉をつかっている。
子どもについてや、親子関係について、生きかたについて、いろんな会話や文章に頻出する言葉です。

でも、肯定的につかわれていても、そのほとんどどれもが、妙にかたくるしく、ぐったりとしたものを引きずっているような感じがして、あまり文脈に似つかわしくないことが多いなと、ときどき思っていました。

 

自由という言葉ににじむ不自由

そもそも「自由」は仏教用語で、福沢諭吉が「liberty」の日本語訳に「自由」という単語を当てたとか聞く。

辞書に書かれてある意味や使用例がうつろっていくことが証明しているように、言葉は生活に根づきつつも、はじめに普及したものから少しずつ、微妙に、形をかえている。
そしてたぶん、そのなかのひとつに「自由」という言葉も含まれているんだと思う。

だから、語源とか、具体的な解釈とかは、いまはどうでもよくて。

 

わたしが気になるのは、自分は自由だそういうのが自由だよねあの子は自由だな、と、そんなふうに(一定の説明のためではなく)「自由」という言葉をつかうひとのなかには「不自由」があるんじゃないかな、ということです。

 

自由な人間は、無自覚

不自由を知らなければ、自由を知ることもない。

不自由(と感じる)状況に立ったことがないそのひとは自由ということになるんだけれど、これが自由だ、と自覚することもないわけです。

 

不自由さは、できないことはない(期待する結果がついてくるかどうかはともかく、とりあえず動いてみること、やってみることはできる)のに、「やらない」ではなく、「できないこと」と自分で自分を抑圧することにも似ている。

ときどき、「自由に生きてきたことをどう思うか」とか、「わたしも自由に生きようと思いました」と声をかけてもらうことがあるのですが、実は、あんまりピンとこない。

 

わたしは自由に生きてきたという自覚はなかったし、いまもないし(もっとも、不自由とも感じないけれど)、自由に生きたい・生きようとも、思ったことがありませんでした。

自由という言葉がしみついているのは、不自由なひとばかりのような気がする。

 

今日の本

自由って、なに? / オスカー・ブルニフィエ(文)・ フレデリック・レベナ(絵)

この本には、自由って、なに?を考えるための大きな問題が6つ。
いろんな考えをあれこれ組み合わせたり、ふだんは見えていないところをのぞきこんだりしながら、ほかのだれにもたどりつけない、きみだけの答えをさがしてみよう。

 

2月24日(土)、東京にてトークライブを開催します!
テーマは「母親が自律すると子どもは自立する」。
詳細はこちら → https://ai-am.net/ev18224

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です