子どもたちの聞き流す言葉が、実感にあふれていますように




こんにちは、AI-am(アイアム)星山海琳 です。

子どもと大人はもちろん、人と人は、まなざしや態度だけじゃなく言葉を交わして成長していきます。
だからわたしたちは発する言葉のひとつでも多くを、生きたものにしたほうがいい。生きたもの、つまり実感をともなった言葉を。



実感のはたらく言葉

庭を耕して野菜の種子を植え、ハーブや果物の苗を植えかえると、日ごとに成長していく。成ったばかりの苺がだんだんと熟して、赤く染まっていく。ミントがわさわさと増えていく。

文字の上に生きられるものはないから、言葉を生かすのは人だということになる。生かすことができるなら、生かさないことだってできる。
人と人は、まなざしや態度だけじゃなく言葉を交わして成長していくから、わたしたちは発する言葉のひとつでも多くを、生きたものにしたほうがいい。

 

生かすといっても、物理的に水をやることはできないし、食べ物を求めてもこない、やすりで研磨もできない。言葉を生かしたり生かさなかったりするのは、用いる人にとってその言葉に実感があるかどうかなのだと思う。

言葉が大事だよねと言えば多くの人が納得する。でもその「大事」に、息づくものがあるかというと、あまりない。
実感がなくても納得できるのは重要なことで、知識や理性、想像力を活用できてこそ。それでも実感のない言葉の応酬は、そうそう人を育てられない。

 

果実の青さ、何種類もの痛み

熟していない果実を「青い」という。青い果実、それはまだ青いからおいしくない、という。それは知っている。でも成ったばかりの青い苺が、見るたびに赤く染まって「いく」のを観察してはじめて、果実の「青さ」に実感をもつことができる。わさわさと増えていくミントを見てはじめて、「繁殖」は自分の言葉になる。

同じ言葉を使っているのに誰が使っているかで全然印象が違うな、ってことがあるじゃないですか。あれはどれだけその人がその言葉に実感を持っているか、知っている言葉ではなくてわかっている言葉か、というところなんでしょうね。子どもの言葉が大人にとって新鮮に、なんだか核心的に聞こえるのも、たぶん同じことで。

わたしたちはよくオノマトペで痛みを表すけれど、あんなの「わかっている」ものでなければ意味不明ですもんね。「あ、キリキリか、わかる」「スースーする感じね、わかるわかる」。実感に基づいているから、「わかる」。

「だめ」や「いい」といった端的な言葉にだって、実感と、その根拠の灯りを見ることができるものです。

 

着心地のいい服や手になじむ箸のように実感のある言葉を使う心地よさと、しみる音楽やまじめな料理のようにそれを他人から受け取る充足感に、きっと誰でも覚えがある。「そうじゃない」ものに対する「スースーする感じ」も。

子どもは多くのことを自ら発見して、学んで、身につけていくけれど、だからこそ子どもが聞き流す、ときに耳を傾ける他人の言葉のひとつでも多くが、実感にあふれていてほしいと思う。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

ABOUTこの記事をかいた人

1996年生まれ、25歳。小・中・高へ通わず、デモクラティックスクールで育ち、一切の勉強もしてきませんでした。 17歳のとき、2ヶ月半で高卒認定試験に合格し、現役で大学へ入学。