17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい




ammこんにちは、

AI-amの
星山 海琳 です。

 

小・中・高校へ通わなかったわたしは、高卒認定試験を用いて18歳で志望大学に現役入学しました。

今回は、実際に算数の勉強に取りくんだときの話。



小学校が算数に6年間かける理由

ふつう、学校では、クラス全員のペースにあわせて勉強が進められていきます。

とくに小学校は、6歳や7歳の子が理解できるように、ゆっくりと進めていくからこそ、6年という長い月日が費やされる。

 

ひとはみんな生まれたときから、感じたり考えたり、自分の意思を持ったひとりの人間です。決して子どもだけが未熟な存在ではないけれど、頭による理解力には、年齢によって違いがあります。

6歳では毎日、ゆっくりでなければわからなかったことも、17歳になってはじめてやってみると、すごくあっけないものだったりします。

まして、子どもが自ら、やりたいと望んでいるわけではない学校の勉強と、自分が自分のために進んでやる勉強は、まるでちがう。

6年間の算数は20時間でおわる

たとえば算数。
わたしの場合、九九は1時間くらいでおぼえられました。

足し算・引き算はなんとなくでできる、という状態でしたが、勉強をはじめてからすぐ、四則計算もできるようになりました。これもたしか、1時間くらい。

それはわたしが特別だとかいうんではなくて、ほんと、すごく自然なことです。

 

算数はいつ必要になるか?

学校で四則計算や九九をおぼえる年齢のときは、たいてい、日常的には計算をほとんど必要としません。こう役に立つのか、と体感できる機会は少ないものです。

そういう状態で机に向かって取り組むことを求められるのは、つらい。解くことが楽しいひとでなければ、やっぱり自分の好きな遊びがしたくなります。

 

けれど17歳にもなれば、生活のなかで計算が必要になる場面は多々とあります。

わたしが勉強をはじめたときにはすでに、どうやって使うものなのか、なぜ必要なのか、「聞かされたこと」ではなく自分の身をもって知っているんですよね。

そういうひとが勉強すると、算数を滑らかに吸収することができる。それはやっぱりすごく自然なことだと、わたしは思っています。

九九は「便利」なものにすぎない

九九はたしかに、便利なものです。

ちょっと数の多い計算をするたびに指を折って数えていたわたしにとって、それはとてもよくわかりました。これはたしかに覚えておくといいな、と。

そうは思ったけれど、でも九九を知らないままで、じゅうぶん生きてくることができました。お金を稼ぐこともしてきました。

もちろん知っているに越したことはありません。でも、将来必要になるから! といって、子どもが遊びたい時間を削って、頭と心を痛めて、みんなが同じタイミングで覚えなきゃいけないってことは、ないと思うのです。

あとになって同じ苦労をすることになるのならともかく、数年後にやれば、ものの1時間で終わってしまうことなら、なおさら。

生活のなかに学びはある

好奇心から数学の知識を必要とするひとは、もちろんもっと早くに習得するでしょう。こういうひとにとっては、むしろ学校の授業は足りないくらいです。

けれど、数字の分野にまったく興味がなくても、17歳にもなれば、足したり引いたりすることの理屈は自然と理解できています。

算数以外にも言えることではありますが、生活で必要になるちょっとした計算というのは、あらたまって勉強しなくても身についていくものです。

算数の問題がりんごやみかんに例えられているように、親が子どもに時計で数を説明をするように。子ども自身が、スーパーで欲しいものと手持ちのお金を必死に比べているように。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点