「お母さんが好きなことをしていたら子どもは幸せ」の意味は間違われやすい

am3こんにちは。

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

お母さんが好きなことをしていたら子どもは幸せ、という。

わたしも昔、こんなふうに ↓ 言ったことがあるけれど、これって、誤解されがちな言葉だなと感じてます。

 

実のところ子どもは、「好きなこと」をしていてほしいわけじゃないんですよ。

 

好きなひとが気分よくいてくれたり、充実していたり、楽しそうにしていたら、うれしいでしょう。

眉を寄せたり、ため息をついたり、イライラされているよりは。

仕事の同僚や、コンビニの店員さんとの一瞬のやりとりでさえ、そうじゃないですか。
いつもムスッとされているよりは、愛想よくにっこり笑ってくれるほうが気持ちいい。

 

それが親を見る子どもの目線なら、他人間の何倍も大きな意味がある。

 

いつ、ひとは楽しくなる?

ひとの気分がよくなるとき、充実しているとき、楽しくなるときは、いつだろう。

少なくともいやいや仕事に向かっていたり、誰かへの恨みつらみを反芻しているときじゃない。

誰かになにかすてきなプレゼントをもらったらご機嫌になれるけど、それは自分で起こせることじゃない。

 

他人になにかをしてもらわなくても、「好きなことをしている」とき、ひとの気分は自らよくなって、充実し、なにかを楽しむことができます(笑顔でも真顔でも)。

だから、「お母さんが好きなことをしていたら子どもは幸せ」。

 

親は唯一無条件に求められる相手

誤解されがちなのは、自分が楽しければいいんでしょ、ってところです。

母親が機嫌よくいることは家庭を気持ちよくするけれど、母親にあたるひとが自分の世界で楽しくやっていれば家族みんなが幸せかというと、そうじゃない。

 

母親が、自分自身のほうで楽しみ、集中し、子どもが求めていないところまで首をつっこんで怒ったり叱ったりしなくなるのは、子どもにとっていい感じのすることです。

しかもイライラした顔ではなく、満足げな顔が見られる。

好きなひとが人生を楽しいものだと思っているなら、そんなにうれしいことってないでしょう。
大人って楽しいんだ、と思えるのもいい。

 

けれども、よほど険悪な関係性でなければ、親が親であることを業務にしてしまって、自分から離れていくことを喜ぶ子どもはいない。

自分が求めているときでさえ、自分から遠ざかり、切り離された場所で踊って、あ、目が合わないんだな、と感じるのは、とても悲しい。

 

子どもにとっての親って、無条件に求められる、唯一の相手だと思うんです。

 

母親である前にひとりの人間だ、という。
じゃ、子どもは子どもである前にひとりの人間なんだろうか。

母親に愛されることって、尽くしてもらうことなんだろうか。
そんなことは、ない。

母親であることも子どもであることも、人間であることの前や後ろに位置するようなものじゃないはずなんです。

そうじゃないと、わたしたちはずっと「与える」とか「奪う」とか、そんなやり取りしかできない。
唯一無条件な関係でいられる、一緒に暮らしているあいだ、いちばん共生したい相手と。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です