馴染むということ




am3こんにちは。

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

服がなじむ、器となじむ、人になじむ。時間をかけて浸かり、「そうなる」ことについて。



服が身体になじむということ

あこがれのファッションを模倣からはじめると、しばらくの間は本人にとっても傍目から見ても、ちょっと浮いている感じというか、がんばっている感じ、服と身体が分かれている感じがする。

それはあこがれたファッションではないのだけど、その時間をかけて、服は身体になじみ、自然体なようすを醸し出すようになる。「あの人らしいスタイル」ができあがっていく。

 

手に入れるだけ手に入れて、着ずに毎日眺めたり、ましてやクローゼットに眠らせていても、身体とくっついてはくれない。

あこがれて、がんばって、着続けるうちに、それが自分となじんでくる(わたしはふだん洋服を着るので、たとえば和装をしてみると、身体とくっつくまでにかなり時間がかかるのだろうなと想像がつく)

親切になりたい人が、親切な人になるまで

生活用品ひとつとってもそう。新しい雰囲気のマグカップや、いつもよりもちょっと高級な器。

はじめは新鮮にかがやいて、どこかお客さんのようでもあったものに、少しずつ生活の色が移る。

のせた食べものの数、洗った回数、使って、触れた時間とともに、なじんでいく。はじめよりも、ずっとかわいくて渋い光をまとう。

 

こんな人間になりたいという思いも同じなんだろうな、と思う。

いつも親切でありたい、知的でありたい、垣根のない人でありたい、……etc。なりたいと思って、いきなりそうなることはできない。

わざとらしい親切をふりまいて、なんか必死な感じになってしまうこともあるかもしれない。知性を勘違いして、他人を見下してしまう時期があるかもしれない。とっつきやすさを超えて、面倒なおせっかいを繰り広げてしまうかもしれない。

わたしたちは悩む。はたしてこれでいいのか、親切って本当にこういうことか? 理想とする優しさが、賢さが、どうすれば身につけられるんだろう?

 

悩みながら工夫しながら、失敗を反芻したり考えたり、しがみついたり手放したり、そうしているうちに気づくとなじんでいる

身につけるものではなかったのだと、やがて思う。染めものをするように、次の季節まで果実を漬けるように、ひたること。触れ続けること、ともにあり続けることで、「そうなっている」。

心ひかれたものに向かう純粋さ

そういうことが、家庭にもいえるんだろう。

やりかたならすぐに変えられても、親がそれまでとありかたを変えるのは長い時間を要することだし、

こどもを、というより他者を自分と区別して、尊重していくというのは(それになじんでこなかった人には)、なじみなおすのにも苦労する。

がんばる姿は美しいなどと言いますが、それは心ひかれたものに向かう純粋さのこと、と思う。損得やメリット・デメリット、ネガポジや善悪を超えて、自分や他者に愛をかける真摯さのこと。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点