色とりどりのマスクを見ていて– 根づいている「当たり前」や「普通」を考える




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

世のなかには、たくさんの「当たり前」や「普通」が根づいています。

根づいているからこそ、目に入りにくいんですよね。

「当たり前」や「普通」を疑うにも、そもそも根づいている「当たり前」や「普通」が目に入らなきゃ疑いようもないわけで…。

 

じゃあ、どうすれば、目に入るのか?

道ゆく人々の色とりどりのマスクを見ていて、おもったことを書いています。



色とりどりのマスクは希望の色

マスクって、すごく色とりどりになりましたね。

柄もののマスクやプリントマスク、ユニークなデザインのものもたくさんで、ほんのちょっと前まではマスク=白!だったのが、まるで遠いむかしのよう。

※※※

この記事は、マスクの着用の是非や、強迫神経症に……、不織布は、布は……、といった話とは関係のないものです。

 

コロナの影響で、ただでさえ普通の白いマスクを手に入れるのが困難なタイミングでも、小学校では白いマスクしかダメ、なんてニュースがあったりもしたけれど、

柄マスクをつけている登下校中のこどもたちを見かけるようにもなって、

道ゆく人々の、色とりどりのマスクを見ていると、すごくいいなーって思います。

 

なにがいいかって言うとね、マスク=白の既成概念が崩れていったこと!

その崩れていった「当たり前」に、希望の色が歩いている! ってかんじがするんです。

霧が明けていくように

入退院をくりかえしていた子どものころ、「看護婦(現在・看護師)さんのユニフォームって、なんでスカートなんやろ? ズボンやったらええのにな」と思っていました(そのほうが動きやすいやん、って思っていたから)

色も白! って、なにも “白衣” にこだわらなくたって、“赤衣” や “青衣”、柄ものがあったっていいやんって思っていました。

 

医療=白だったんですよね。

でもいまでは、看護師さんのウェアは動きやすいものになり、色も白以外にもあるようになりましたね。

 

歯も、そのうち「まっ白=◎」の概念が崩れたらいいのにな^^

いまも「金歯=◎」の価値観の人や、国もあったりするけれど、白や金だけじゃなくって、ピンクだっていいよね。

たとえば差し歯が、カラフルな色やグラデーションなど、ネイルのようにたくさんのデザインがあったら、「普通」がひろがる

 

「=」になっていたものが、「=」じゃなくなっていく のって、霧のようなまっしろが明けてくるんですよね。

目の位置を携帯する

世のなかには、まだまだたくさんの「当たり前」や「普通」とされる事柄や考え方が根づいています。

根づいていると、「当たり前」や「普通」って目に入りにくい んですよね。

それが何かのきっかけで、「当たり前」や「普通」が地面から離れ、いちまいの葉に乗り、宙を舞いだす。

そうして、その葉は、自分の目の位置でも舞ってくれる

おかげで、知ることができる。観ることができる。考えることができる。

 

多様性の時代といわれているけれど、「当たり前」や「普通」がたったひとつの「正解」として、国家が国民に、おとながこどもに、押しつけていることが目に入ってくる。

多様性といいながら、わたしたちが一番欠けている「自分のなかの多様性」に目を向けることも、舞う葉が教えてくれる。

目の位置を固定したままではいけない ことも。

 

色とりどりのマスクをつけた通り過ぎてゆく人々をながめていて、「これはこういうもの」っていう既成概念が、まだまだたくさんあるんだろうなって、あらためて教えてもらえました。

学校にも、昔のまま変わっていないことがたくさんあります。

もっとたくさんの人が、そこに疑問をもっていけたらいいなあっておもう。

 

ほかのものはどうなんだろう? っておもい起こすためには、目の位置を携帯して流動させる。

そういった意識が、わたしたちのなかに取り戻せていけたらいいなあっておもう。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

ABOUTこの記事をかいた人

1996年生まれ、25歳。小・中・高へ通わず、デモクラティックスクールで育ち、一切の勉強もしてきませんでした。 17歳のとき、2ヶ月半で高卒認定試験に合格し、現役で大学へ入学。