思いやりとは?/ 自分の思いやりを信じないこと、疑い続けること

am3こんにちは。

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

「やさしさ」の地点はどこだろう、と思う。

「やさしくしてあげる」のは、やさしさじゃあないでしょうね。感じたものがやさしさで、渡すものは(まだ)やさしさじゃない。
やさしさは、自分のものじゃなく、相手のもの。

 

じゃ、思いやりっていうのはどうだろう。
相手のことを考え、想像し、言動にする。

「やさしさ」の視点で見ればよけいなお世話だけど、見当違いでないのなら、思いやりはあるといいよな、と思う。

 

興味のないチラシを受け取ったら

こないだ、市内の大きい道路で信号待ちをしていたら、女のひとがチラシを配っていた。

車に乗っていたわたしからはそのチラシになにが書かれてあるのかわからなかったけど、平日の朝でみんな忙しく歩いているし、受け取ろうとする人はなかなかいない。せいぜい10人に1人というところ。

 

アルバイトでやっていることなら、早く配り終えたいって気持ちが動作に出る。でも彼女は明るく笑いかけて、丁寧に腰を曲げ、一人ひとりに意識を向けてチラシを差し出す。

たぶんそれは、顔も知らない誰かの宣伝ではなく、自分(または自分たち)の仕事についてのチラシで、伝えたいことがあるんだと思う。

 

多くの人たちは差し出されたチラシを受け取らずに素通りしていく。

彼女の心境は、まあ想像するまでもないはず。うれしいわけはないし、楽しいわけもない。一枚でも受け取ってもらえればぱっと明るくなる心も、曇っていく。

そんな姿を「思いやる」なら、興味のないチラシでも受け取ってあげればいいだろう。そうだ。そうか?

そのとき彼女の疲れはきっと飛んでいくし、受け取ってもらえた喜びがある。それで、どうなるだろう?

 

チラシは誰がなんのために作った?

興味のないチラシは、カバンやポケットの中でぐしゃぐしゃになるか、手近なゴミ箱へ去っていくか。ひととき彼女の心を明るくして、けれどそのチラシで「伝えたいこと」は、もちろん届かない。

 

チラシはタダじゃない。彼女がアルバイトでないとすれば、彼女の事業からチラシの制作費が捻出されているということになる。

彼女は、届くべき人へ届けるためにお金を出してチラシを作り、撒くのであって、「思いやり」で受け取られたのち捨てられていくために、それをやるわけじゃない。たぶん。

まあもちろんビラ配りなんていうのは「数撃ちゃ当たる戦法」に違いないし、視界に入るメリットはあるはずだし、無駄になることも想定した上でベターな方法として選んでいるんだと思う。

 

でも、興味のないものを受け取るのが「思いやり」なら、興味がないから受け取らないのも「思いやり」じゃないんだろうか

お金を出して、届くべき人に届けるために作られたチラシを、興味がないから受け取らないこと。

どれが「ほんとう」の「思いやり」か、そうそうわからない。

 

思いやりは自分だけのもの

しいていえば、その正解は彼女の中にだけあるもので、ほかの誰かとぴったり共通するってことはない。
ついでに明確なのは、自分が「思いやった」言動は自分のものでしかない、てこと。

もちろんチラシを配る人だけではなくて、ビンの蓋を開けられないで奮闘している子どもや、雨の日に傘を持たないまま外出しようとする子どもに対しても、こういうことはある。

友だちを思いやるようにと、大人が子どもに教える光景もある。

 

わたしは、相手にとってなにが思いやりなのかと考えていることのほうがよほど(正解は見つからなくても)、相手の近いところへ行けるんじゃないかと思う。

もちろん、めんどくさいこと言わずにただチラシを受け取ってくれ、ビンの蓋を開けてくれ、傘や上着を持たせてくれ、という人もいるかもしれないけど。

それでも、もしもわたしたちがその「思いやり」を相手のためのものだと思い上がるなら、それは優位な立場から弱者へと振りかざす、ひどい横暴のように感じずにはいられない。

 

わたしにできることは、やさしさとはなにか、思いやりとはなにか、考えていることだと思う。
あるいは、自分の思うやさしさや思いやりはほんとうなのか、と、疑い続けること。

そうすればいくらかは謙虚でいられるだろうと、思ったりする。

 

おしらせ
よっぴーまりんの本が2019年9月、発売になります!詳細は追って公開します:)

楽しみにしててね!

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です