「学校に行かなくちゃいけない理由」の答え




ammこんにちは、

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

子どもが不登校をするようになって、本人やその親御さんが苦しむ理由ってなんでしょう?

最も大きな理由のひとつが、「学校は行かなければならない場所」という固定観念だとわたしは思っています。



学校は「行かなければいけない」の?

わたしは小・中・高校へ通いませんでした。
小学校1年生のうちはたまーに通っていましたが、それからは、一回も学校の門をくぐっていません。

いまは現役の大学生で、ごく普通にアルバイトもします。12年間学校に通った子どもと並んだとき、ぱっと見てわかるような違いもありません。

違うのは、公の学校に通ったか通わなかったか、というだけ。わたしは、これまで自分がしてきた選択を、心からよかったと思っています。

 

「どうして学校に行かなければいけないのか?」と大人に尋ねる子ども、多いかもしれません。

あらためてよくよく考えてみると、過去の自分が行った理由や行ったほうがいいと思う理由は説明できても、誰でも納得するような「行かなければならない理由」は、あまり浮かんでこない。

なぜなら、「行かなければならない場所ではないから」だからだと、わたしは思っています。

義務教育の「義務」とは

誰でも知っている「義務教育」という言葉。でもこの「義務」が、誰に対する、どんな義務なのか? ということは普段あまり耳にしません。

「子どもが勉強をする(=学校へ行く)義務」だと思われがちですが、実際には「保護者が子どもの教育環境を用意する義務」です。

つまり、子どもに対する義務ではなくて、親に対する義務。しかも、教育を受ける義務ではなくて、子ども自身の教育を受ける権利を守る義務です。

 

教育の目的に関しても、『「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間を育てることが必要』という素晴らしい一文が文部科学省から出ています。

☆ 関連記事
>>> 「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間を育てることが必要

 

学校へ行くという行為そのものが重要なのではなくて、そんな人間に育つことが重要なんだ、ということですよね。

一条校としての小学校や中学校は、あくまでも、そのための方法の、数あるうちのひとつです。

 

選択肢はたくさんある

わたしは、みんながそれぞれ自分に合った教育を選択をするのがいちばんいいと思っています。どんな教育理念を持つ場で育つべきかは、ひとによって違う。

住む家や職業、着る服だとかごはんのメニューだとか、学校以外の生活のことに対しては選択肢をもっているのに、学校を選ぶことは、頭のなかからすっぽり抜け落ちてしまいがちです

 

公の学校のほかにも、学校(=学ぶ場所)はたくさんあります。大きなところも小さいところも、どんどん増えつづけています。

わたしが通っていたデモクラティック・スクール(サドベリースクール)もそのひとつです。

ほかにも、有名なものではシュタイナー、サマーヒル、モンテッソーリ、フレネ、etc…といったように、それぞれの教育理念に基づいた、さまざまな学校がつくられています。

日本のオルタナティブスクール一覧/不登校はもう古い!フリースクールや学校以外の選択

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

1 個のコメント

  • 日本に多い「みんな行ってるから行かなければいけない」という考えは同じ理屈で表すと「みんな人を殺してるからお前も人殺しをしなければいけない」という理屈と同等なんですよねぇ。

    みんなが人を殺してるからといって自分もやらなきゃいけないのか?それは違いますよね。
    よく自分をしっかり持てと教育しますが、これこそが矛盾なんですよねぇ。

    みんながやってるからという理由は理由にならない。
    これが分っている日本人がどれだけいるのやら・・・。