『親子の手帖』(鳥羽和久/著)は、親が自分を知り、見るための本

image

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

2018年3月22日に発売になった『親子の手帖』(鳥羽和久/著)を読みました。

 

教育を選べないのは不自然だという考えが、わたしの中心のひとつにあります。

ただ選択するだけならいまもできるけど、どんな教育・学びを選ぶことにも、恐怖や不安、「逃げ」「甘え」といったようなレッテルがつきまとうことのない、社会的な選択の自由があるべきじゃないか、ということ。

もちろん、仕事やファッション、暮らしにだって、それぞれの価値観による優劣があって、それらを排除することはできませんが(排除する必要もないし)、とはいえ教育や学び、学校がそんな域まで辿りつけば、いくらかましなんじゃないかと、そう思っています。

著者の 鳥羽和久 さんは、福岡市で「唐人町寺子屋」(http://tojinmachiterakoya.com)という学習塾をひらかれています。

塾とおなじ建物内に、おいしいものや雑貨を販売するショップ「とらきつね」があり、先日のトークライブもこちらで行われていました。

『酵母パン 宗像堂』出版記念トークと「発酵的子育てのすすめ」in 福岡県唐人町「とらきつね」

2018.03.24

学校へ行くこと、日々(科目的な)勉強をすること、といった点でこの『親子の手帖』を形づくっている生活環境は、わたしが親しんでいる生活とは異なっています。

けれど、それとは別の、生活環境よりもその根底を流れる空気とか、土質とか、そういうものにとても親近感があって、だからこそ違和感をいだいたり、距離を置くことなく、近しい気持ちで読むことができました。

 

親は自分に自信がない

読んでいてまず思ったこと、というより知ったことのひとつは、親というものはそんなにも、親である自分自身に自信がなかったり、(意識的、あるいは無意識的に)自分を責めていたりするんだな、ということでした。

うん、でもたしかに、程度の差はあれ、それが一般的なんでしょう。

「現在の自分自身に自信がないから、それを子に投影させている」(p.21)

「例えば、子どもが重要な選択をしようとするときに、子どもだけでなく、実は自分のほうでもどう選択すればよいかわからない、自信がない、そういったときに、自分自身に迷いがあるから、子どもに「自分で選びなさい」とその選択を押し付け、その責任を子どもに負わせようとする場合がこれに当たります。」(p.76)

物事をどう捉えているかによって、現状に不安が生まれたり、生まれなかったりする。

たとえば、「子どもの育ち」「親の役割」を、どう捉えているか。

 

親の「不安」も「安心」も子どもに伝わっていく

子どもは生まれる場所を選ぶともいうけど、なんにせよ、別の親のもとへ生まれなおすことはできません(基本的に)。

そして子どもは、親や家庭、生活環境、生まれてきたときすでに周りにあるものの影響を、当然、つよく受けます。
親が選んだものに、子どもは抗えない。はじめのうちは。

 

たとえば、わたしや よっぴーデモクラティックスクール(サドベリースクール)にある教育や、それによる子育て観がいいなと思うけど、それでなければすべての子どもが健全に育たないなんていうことは、もちろんありえません。

わたしたちにとってそれが「いい」のは、それが「好き」だからで、それに対して不安や心配がないからです。

多くのひとたちから「いい」と言われる教育でも、自分が不安や心配を抱くなら、子どもにとって(親にとっても)「いい」教育とは言いがたい。

どんなふうに、どんな考えで子どもと接していたって、不安や心配があるなら、その感情は子どもにはっきりと伝わっていく。
だから、どの教育がトクだとか、どういう子育て法が効果的だとか、そういうのはほんとうに、あてにならない。

 

親が自分を知る、見る本

塾という形、あるいは保育園、学校、フリースクール、オルタナティブスクール等々、なんらかの場で多くの子どもと接することは、「多様性」みたいなことを口にするだけでは見えないものを見る機会になる。

それはたぶん、すごく重要なことです。気候も言語も文化も異なるさまざまな街町を知るように。

子どもにとっても、親、親戚などのおとな以外と接する機会が少なくなっています。そういう育ちかたが、主流になっている。
地域内でも地域外でも、大小問わずどんなものであれ、コミュニティが必要なんだなと、実感します。

 

この本は、問題を解決する方法を知るための本ではありません(と、わたしは受け取っています)。

親自身が自分を知る(見る)本であって、その足がかりになったり、知っていく・考えていく空間の灯台、あかりの灯る民家、そういう存在。

ひとは親になると、つよくなるんだろうか? よわくなるんだろうか?
もちろん、こういうことはみんな球体でできていて、どちらと一概にいえるわけではないけど、そんなことを考えています。

鳥羽和久さんと・とらきつねにて

鳥羽和久さんと・とらきつねにて

 

今日の本

親子の手帖 / 鳥羽和久

現代のたよりない親子たちが、幸せを見つけるための教科書。

『親子の手帖』で描かれているのは現代の親子のリアルな姿。
寺子屋の中心人物である著者は、内容について「すべてフィクション」と語りますが、そこには、身を粉にして一心に親と子に寄り添ってきた人にしか書けない、親子の真実が切々と綴られています。

だから、読む人が子育て中の親の場合には、この本と向き合うために少しの覚悟が必要でしょう。なぜなら親の現実をえぐる内容が続きますから。

でも、それは決して親を責めるために書かれたのではなく、子どもの幸福のために、さらに、かつて子どもだった、いま毎日を懸命に生きる親のために書かれたもので、著者の徹底した(上目線でない)横目線からは、親と子への深い愛情が感じられます。

話題は子育てにとどまらず、現代のさまざまな課題(たとえば障害者問題など)にアプローチしていますので、親ではない大人にもおすすめいたします。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です